ネットワークエンジニアを派遣・業務委託で採用するには?メリット・デメリットを解説

今回は、ネットワークエンジニアを派遣・業務委託で採用する際のメリット・デメリットについて解説します。

なぜネットワークエンジニアを派遣・業務委託で採用するのか?

  • 現代ではネットワーク整備はもちろん、ITサービスのコンテンツ開発にもネットワークエンジニアの存在が不可欠
  • ネットワーク技術は非常に高いスキルが要求される分野であり、多少の経験値やスキルだけでは対応できない
  • 優秀なネットワークエンジニアの人材を、自社で獲得することは非常に難しい
  • 初級レベルのネットワークエンジニアから育てることもできますが、環境やコストがネックとなる

上記の理由から、経験豊富でスキルがあり即戦力となるネットワークエンジニアを派遣・業務委託で採用する企業が増えています。

ネットワークエンジニアを派遣で採用するメリット

派遣ネットワークエンジニアを活用するメリットには、以下のようなものが挙げられます。

  • 経験豊富な即戦力をスムーズに獲得できる
  • プロジェクトの途中からでも人員を増やせる
  • 自社の正社員のレベルを引き上げる

経験豊富な即戦力をスムーズに獲得できる

最初から経験値の高いネットワークエンジニアを正社員で募集をしても、思い通りの期間までに人材を揃えることは至難の技です。

IT業界自体が人材不足という現状や、スキルの高いネットワークエンジニア自体を運良く獲得できるとは限りません。

しかし、派遣会社を通して人材を受け入れることで、即戦力のネットワークエンジニアをスムーズに獲得することが可能です。

高度な技術をもつ即戦力となるエンジニアが必要な分野では、派遣ネットワークエンジニアを活用することが最大の魅力となるでしょう。

プロジェクトの途中からでも人員をふやせる

通常、プロジェクト全体を見てもネットワークエンジニアの人員は少数であることがほとんどです。

プロジェクトの途中で万が一ネットワークエンジニア に欠員が出た場合には、自社だけでは対応が難しい場合があります。

そこで活用できるのが、派遣ネットワークエンジニアです。経験やスキルも豊富ですので、途中で参加するプロジェクトでも、しっかりとした仕様書、あるいは方針さえあれば、派遣ネットワークエンジニアが欠員の穴を技術とスキルで埋めてくれます。

臨機応変に対応できるのも、派遣エンジニアの魅力ですね。

自社の正社員のレベルを引き上げる

自社内だけで育てたネットワークエンジニアは、どうしてもその他の企業の業務を見る機会がありません。

自社内だけでの知識や環境に偏ってしまうのです。これは仕方のないことです。

しかし、派遣ネットワークエンジニアを迎え入れると話は変わります。あらゆる現場で活躍してきた派遣ネットワークエンジニアの経験値やスキルは非常に高いことが予想できるのです。

派遣ネットワークエンジニアの力に引っ張られる形で、自社のエンジニアのスキルが大幅に引き上げられることも期待できますね。

このメリットは、今後の企業成長にとって大きな資産となるでしょう。

派遣ネットワークエンジニアを活用するデメリット

派遣ネットワークエンジニアを活用することは、もちろんメリットだけではありません。

たとえば、契約内容以外の作業を任せられないことも含め、以下のようなデメリットが挙げられます。

  • 契約内容以外の作業に対応できない
  • 契約に期限がある
  • 長期運用が必要なシステムには配置できない

契約内容以外の作業に対応できない

派遣ネットワークエンジニアは、あくまでネットワークスキルと経験値を提供するために派遣されます。

派遣ネットワークエンジニアを獲得する場合には、エンジニアが所属する派遣会社と貴社が契約し、契約内容にはその業務範囲も含まれているのです。

例えば、派遣ネットワークエンジニアに契約範疇を超えたプログラムの改修などは、ちょっとした作業でも任せることはできません。

もちろん、業務の過程でどうしても必要なものに関しては、臨機応変に対応するのが通例ですが、自社に指揮命令権があるとはいえ、基本的には契約内容に沿った業務のみしか担当させてはいけません。

また、残業についても対応できません。万が一残業の発生が予期できる場合には、あらかじめ契約内容に含めなければならないのです。

正社員への対応とは、一線を引いた対応が求められます。

契約に期限がある

派遣期間には限りがあるため、どんなに深くシステムに関わっていても、契約が終われば派遣ネットワークエンジニアを手放さなくてはなりません。

どうしても必要な場合には契約の延長や、再契約をする必要がありますが、エンジニア自体が次の現場が決まっているなどの事情がある時には、他のエンジニアと交代する場合もあるのです。

派遣ネットワークエンジニアは、システムの根幹を握るエンジニアでもありますので、システム稼働後の保守やメンテナンスなど、必要な手順や仕様書などは、自社のエンジニアに余すことなく引き継ぐことを忘れないようにしましょう。

長期渡り運用していくITサービスの場合には、一般派遣ではなく紹介予定派遣という形で受け入れるのもひとつの手段です。

長期運用が必要なシステムには配属できない

前述にも共通するデメリットですが、長期運用を想定したITシステム開発に派遣ネットワークエンジニアを活用すると、その後の運用・保守・メンテナンスにはエンジニアが関われない可能性が高いのです。

ネットワークは常に稼働し、システム以上に安定させなければなりません。ネットワークに障害が出てしまえば、どんなに優秀なアプリケーションでも何もできないからです。

プロジェクトの種類や運用後のスケジュールをしっかりと把握し、派遣ネットワークエンジニアが関わる部分と、その後自社のエンジニアが引き継ぐタイミングなどを、綿密に計画しておく必要があるということですね。

まとめ:派遣ネットワークエンジニアは自社のレベルを高める人材

派遣ネットワークエンジニアを活用するシーンには、人材不足の他にも経験やレベルの問題をクリアしたいというニーズもあります。

派遣ネットワークエンジニアはさまざまな現場を経験することで広い視野を持っており、そのスキルは頼りになるものです。

社内のエンジニアだけでは実現できなかったアイディアや、第三者からみた脆弱性などにも気づけるでしょう。

そのような現場では、自然とメンバーのスキルも引き上げられ、そのスキルはのちに自社の資産となることが予想されます。

もちろん、人材不足を補うという場面でも、自社のレベルを高めるといった付加価値を期待して、派遣ネットワークエンジニアを活用することができます。