派遣デザイナーを使うメリットはある?おすすめの会社を徹底調査!

製品やサービスの顔となる部分を作成する「デザイナー」は、多くの企業で重宝される職業です。
しかしそれゆえに優秀な人材を常に確保するのが難しく、ときにはデザイナーが見つからないために業務がストップしてしまうこともあるでしょう。

そこでおすすめされるのが、「派遣デザイナー」の活用です。
派遣会社を通してデザイナーを雇うようにすれば、スムーズに職場に必要な人材を集めることができます。
慢性的にデザイナー不足に困っているのなら、こちらで解説するメリットやおすすめの派遣会社をチェックして、人材の導入方法を見直してみてはいかがでしょうか。

派遣デザイナーとは?

派遣会社を通して仕事を行うデザイナーを、派遣デザイナーと呼びます。
直接雇用にはない多くのメリットがあり、特に職場に必要とされる人材とピンポイントで契約できるのが魅力です。
急遽デザイナーが職場に求められる場合や、仕事量の増加によって追加の人員が必要になったときには、即座に働ける派遣デザイナーが重宝されるでしょう。

ひとつの企業にこだわらず、フリーで働いているデザイナーはたくさんいます。
そういったデザイナーは働きやすい環境を求めて派遣会社に登録していることが多いため、仕事を与える企業側も同様の派遣サービスを利用することでスムーズなマッチングを狙うことができるでしょう。
デザイナーが担える仕事は専門性の高いものばかりなので、必要なときに雇用がしやすい派遣という手段は要チェックとなります。

派遣デザイナーの時給相場

派遣デザイナーはその職種と仕事内容によって時給が大きく変動しますが、だいたい1200〜2400円くらいが相場となっています。
専門性の高いWebデザイナーやグラフィックデザイナーは2000円前後の募集が多く、DTPデザインや広告デザインなどの仕事は1500円前後の時給が見受けられるでしょう。

もちろん時給は個人の実績やスキルによって変わるため、明確な数値を出すことが難しいです。
いずれにせよ高い専門性を持った派遣デザイナーを雇うほど、コストとなる時給は高くなるでしょう。

参考https://www.hatarako.net/kw/%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%80%80%E6%99%82%E7%B5%A6%E3%80%80%E7%9B%B8%E5%A0%B4/

派遣デザイナーを活用するメリット

派遣デザイナーを雇うことで、企業側には以下のようなメリットが得られます。

  • 即戦力の活躍に期待できる
  • 必要な戦力に合わせた確保が可能
  • 職場の環境改善にもつながる

常にデザイナーを雇えない企業ほど、これらのメリットは非常に大きなものとなるので、この機会にひとつずつ内容を確認しておきましょう。

即戦力の活躍に期待できる

派遣デザイナーのなかには、既に高いスキルや実績を有している人材がたくさんいるため、即戦力としての活躍に期待ができます。
すぐ仕事に取りかかってもらいたいときほど、派遣デザイナーを活用することがおすすめされるでしょう。

デザイナーの仕事には専門的な要素が多いため、一から育てていくには時間がかかります。
一方で派遣会社を利用すれば、特定のスキルを持った人材に簡単にアプローチできるため、時間をかけずに求めるデザイナーを確保できるのがメリットです。

必要な戦力に合わせた確保が可能

派遣会社を経由することで、所有スキルや人数をあらかじめ絞った募集が行えるので、必要な戦力に合わせてデザイナーを確保できます。
「○ヶ月だけ働いてもらいたい」という条件提示も可能なことから、事業のプロジェクトごとに派遣デザイナーを集められ、コスト削減などのメリットにつなげることができるでしょう。

通常の雇用を目的とした募集をかけるよりも、派遣会社を利用することで必要な人材をスピーディに紹介してもらえます。
契約満了後は雇い続ける義務がないため、仕事の繁忙期が過ぎた後にデザイナーを持て余すこともありません。
必要なときだけ必要な戦力を確保するという理想的なスタイルは、派遣デザイナーの利用によって叶えられるでしょう。

職場の環境改善にもつながる

外部から派遣デザイナーを招くことで、職場を取り巻いている環境改善をアドバイスしてもらうこともできます。
多くの職場を経験してきた人にしかわからない改善点が見つかれば、より事業に最適な環境を整えられるでしょう。

同じメンバーでの仕事はやりやすい一方で、いつの間にか無駄な部分や非効率な業務が生まれてしまう原因にもなります。
定期的に派遣デザイナーを職場に取り入れて、事業の効率化を図り、常に最適な状態へのアップデートを進めてみましょう。

派遣デザイナーを活用するデメリット

派遣デザイナーを雇用することには、メリットと同時にデメリットもあります。
事前にデメリットを把握して対策を取ることが、よりスムーズな業務につながっていくでしょう。

  • 基本的には契約満了までの期間限定
  • 一から人間関係を構築する必要がある
  • 求めるデザインを提供してくれないことも

特に上記のようなデメリットは、企業にとって悩ましい点になりがちなので、事前に確認を進めておきましょう。

基本的には契約満了までの期間限定

基本的に派遣デザイナーは、契約満了期間を過ぎれば会社を離れていくため、ずっと職場にいてもらうことができません。
契約更新につなげられなければ、また改めて派遣デザイナーを探す必要が出てくるでしょう。

必要であれば派遣デザイナーや派遣会社と交渉して、契約更新を打診することも視野に入ります。
早めに話を進めて、お互いの希望を確認することが、有能なデザイナーを職場に残すきっかけになるでしょう。

一から人間関係を構築する必要がある

派遣デザイナーとして職場に来た人とは基本的に初対面となるため、一から人間関係を構築し直す必要があります。
そのためときには職場全体に精神的な負担を与え、業務に支障をきたす可能性もあるのです。

すべての人と良好なコミュニケーションが取れるとは限らないため、ときには派遣されたデザイナーと上手く仕事ができないこともあります。
そういったときにフォローができるように対応方法を複数備えておくことが、派遣デザイナーを利用するときのコツになるでしょう。

求めるデザインを提供してくれないことも

デザイナーの仕事には基本的な知識や技術の他に、独自のセンスというものが関わってくるため、求めるデザインをなかなか提供してくれないこともあります。
はっきりと事業に必要なデザインのビジョンがある場合には、派遣会社と事前にじっくり話し合うことが推奨されるでしょう。

妥協した形で契約すると、どうしても派遣デザイナーとの間に感覚の齟齬が出てくる可能性があります。
こちらの希望を伝えて、それに合わせた仕事を行ってもらうように、しっかりとコミュニケーションを取っていくことが必要です。

派遣デザイナーの種類

デザイナーという仕事には以下のようにたくさんの種類があり、それぞれ担当する業務内容が違ってきます。

  • グラフィックデザイナー
  • Webデザイナー
  • CGデザイナー
  • ファッションデザイナー
  • ゲームデザイナー
  • UI/UXデザイナー
  • DTPデザイナー
  • エディトリアルデザイナー
  • インテリアデザイナー
  • プロダクトデザイナー
  • イラストレーター

それぞれの特徴を確認して、雇用対象となるデザイナーをあらかじめしぼっておきましょう。

グラフィックデザイナー

印刷物に使うデザインを作成する仕事で、主にポスターや広告を担当することが多いです。
コピーライターなどと一緒に働くこともあり、デザイナーのなかでも特にチームでの稼働が想定される職種となっています。

Webデザイナー

Webサイトのデザインを担当し、見た目や機能を整えるのがWebデザイナーの仕事です。
ユーザーの使いやすさを意識しながらデザインができる人材を確保することで、美しくかつ使いやすいWebサイトの作成に期待できます。

CGデザイナー

コンピューターグラフィックスを用いて立体的なデータを作成する仕事で、主にゲームやアニメ、建築や機械設計などで重宝されるデザイナーです。
正確にモデリングを行える人材の有無が仕事の進捗に関連することも多いため、派遣を使った早急な確保が求められるでしょう。

ファッションデザイナー

衣服やバッグなどのファッションアイテムを取り扱う専門家であり、デザインのコンセプトから現物の完成まで関わる仕事になります。
市場を分析する能力やマーケティングに関するスキルが業務に関連してくるので、ある程度実績を持つ人材が求められるでしょう。

ゲームデザイナー

テレビゲームやソーシャルゲームの世界観・システムをデザインし、ひとつの作品を生み出すのがゲームデザイナーの仕事です。
ゲーム内のキャラクターなどをデザインすることもあるため、センスのあるデザイン案を提示してくれる人材が重視されるでしょう。

UI/UXデザイナー

Webサービスやアプリケーションをユーザーが使いやすい形に設計するUIデザイナーと、より良いユーザー体験を実現するためのデザインを作成するUXデザイナーも、派遣デザイナーとして契約することができます。
UIとUXの両方を担うデザイナーも多いので、能力のある人には関連する仕事をまとめて任せられるでしょう。

DTPデザイナー

書籍などの印刷物に使うデザインを作成し、入稿データの仕上げを行うのがDTPデザイナーの仕事です。
印刷することで映えるデザインを考える必要があるため、Web関連の業務とはまた違ったセンスが求められるでしょう。

エディトリアルデザイナー

書籍など文章が多い媒体のデザインを作成するのが、エディトリアルデザイナーの特徴です。
ただインパクトのあるデザインを目指すのではなく、書籍という形を活かした内容に仕上げられる人材が、仕事において役立つ存在になるでしょう。

インテリアデザイナー

家具などの配置や形状、色合いなど調節して理想的な室内を作り上げるのが、インテリアデザイナーの仕事になります。
空間を彩る職業になるので、独自のセンスや感覚が求められることが多くなるでしょう。

プロダクトデザイナー

生活用品や家電など、さまざまなアイテムをデザインする仕事であり、新製品の開発には大きな役割が与えられるでしょう。
生産や流通におけるポイントまで把握した人材が、特に優秀なプロダクトデザイナーとして活躍する傾向にあります。

イラストレーター

掲載する媒体に合わせたイラストを作成し、視覚的な要素によって製品を支える仕事です。
アニメ調や劇画風などイラストレーターごとに得意なスタイルがあるため、こちらが想定するイラストに合わせて依頼する相手を決めるのが基本となります。

デザイナー派遣でおすすめの会社一覧

今では多くの派遣会社が存在していますが、デザイナー派遣を行っている会社のなかでも特におすすめなのが以下の3つとなります。
この機会にそれぞれの特徴を把握して、登録を進めてみてはいかがでしょうか。

ITプロパートナーズ

ITプロパートナーズ 紹介画像 即戦力で活躍できる人材を豊富に抱えている「ITプロパートナーズ」なら、欲しい能力を持ったデザイナーを即座に派遣してくれます。
申請した後すぐにエージェントが人材の選定を行ってくれるので、最短1週間でデザイナーを確保できるのが魅力です。

サイトに登録しているユーザーに対して、無料で直接のスカウトを行えるのもITプロパートナーズの特徴。
条件の調整などはエージェントが行ってくれるので、まずは気になる人材をピックアップしてみましょう。

レバテッククリエイター

レバテックフリーランスのイメージ画像 高い専門性を有したコーディネーターによるサポート体制が魅力である「レバテッククリエイター」は、優秀なフリーランスや派遣社員のデザイナーを見つけるのに打ってつけのサービスです。
最低でも1回以上のカウンセリングを全登録ユーザーに行っているため、求める人物像にぴったりの人材を紹介してくれるでしょう。

クライアントのことはもちろん、労働者であるデザイナーもしっかりとフォローしているので、モチベーションの高い人材を派遣してくれます。
スキルとやる気を併せ持った人材は職場に良い影響を与えてくれるため、積極的に採用につなげていきましょう。

ユウクリ

ユウクリ イメージ
デザイナーやクリエイターの派遣を専門とした「ユウクリ」でも、仕事に役立つ人材を多数見つけることができます。
派遣の期間や時間は柔軟に対応してくれるので、数日だけのスポット派遣も受け付けてくれるのが特徴です。

業務委託契約となるアウトソーシングサービスも併用できるため、職場の求めるスタイルで人材を確保することができるでしょう。

まとめ:派遣デザイナーは事業の要となる!

派遣デザイナーを上手に活用することで、事業の進み具合や最終的な完成度にプラスの要素を与えられます。
ときには事業全体の要にもなってくれるので、この機会に派遣デザイナーを導入することを検討してみることがおすすめです。

派遣サービスを利用すれば、現在の職場環境のまま簡単に派遣デザイナーを確保することができます。
積極的に外部サービスへ登録して、必要なときに派遣デザイナーに依頼できる環境を整えておきましょう。