プログラマー採用をしたい企業必見!採用に失敗しないコツを徹底調査!

近年IT技術は目まぐるしい発展を遂げており、各業界でも自社ホームページはもちろん、Webサービスやアプリケーションの開発など、プログラマーを必要としている企業は多いのではないでしょうか。

プログラマーの需要が増えている現状で、優秀なプログラマーほど多くの企業が獲得したいと考えていますので採用することが難しくなります。

しかし、これまでIT技術者を自社内で抱えていた経験などもなく、どのようにプログラマーを採用するべきか悩まれている企業も多いのではないでしょうか。

プログラマーを採用する際には、応募者の実力を正確に見極めることが最も重要なポイントとなります。

本記事では、プログラマー採用の現状から優秀なプログラマーを採用する方法、プログラマーを募集する際にご利用いただけるサイトまで詳しくご紹介していきたいと思います。

ぜひ本記事で、今後企業で必要となるIT技術者の採用方法をご確認いただき、優秀なプログラマーの採用にお役立てください。

プログラマー採用の現状

プログラマー採用は、近年どの企業も力を入れているのが現状です。

今後IT技術者の深刻な不足がささやかれており、数年前からつづく売り手市場は、2019年現在も継続中です。

未経験者の採用や残業問題への対応にも積極的に取り組む企業が増えてきています。

IT業界全般でのプログラマー採用の現状について、項目別に確認していきましょう。

  • 売り手市場が継続中
  • 未経験者採用も視野に入れた企業が増加
  • ワークライフバランスが重要視される

売り手市場が継続中

転職市場全体に言えることですが、IT業界では特にプログラマー採用における売り手市場の傾向が2019年現在も継続しています。

2014年頃より売り手市場が始まっており、今後も継続していくものと推察されています。

様々な企業がITを用いたサービスの提供に力を入れていることや、プログラマーという職業柄、専門的な知識が必要になるということもあり、需要が供給を大きく上回っているのが現状です。

未経験者採用も視野に入れた企業が増加

中小企業を中心に、各企業では未経験者の採用も視野に入れたプログラマーの採用活動を行なっている動きが見られます。

経験者は多数の企業が獲得しようと動くことから、どうしても年収の高い企業や大企業に採用されるケースが多くなります。

そこで未経験者でもプログラミングの知識がある候補者を採用し、自社で育てようという動きも増えてきています。

また、企業の中にはプロジェクトに派遣することを前提で、未経験者を採用し、プロジェクトに派遣することでマージンでの利益を得ようという企業も少なからず存在します。

ワークライフバランスが重要視される

少し前までのIT業界といえば、残業の多い業界、徹夜などのプロジェクトも多いイメージがつきものでした。

しかし近年では、労働者のワークライフバランスの重要性が訴えられるようになっており、企業側もワークライフバランスの公正さをアピールすることで、優秀なプログラマーの採用を積極的に行う動きが見られます。

優秀なプログラマーの採用を成功させるコツ

優秀なプログラマーは、他社と同じような条件で募集していたのではなかなか採用することが出来ません。

優秀なプログラマーを採用するには大きく「自社にしかない魅力をアピールする」または「条件面で高待遇を提示する」の2つに分かれます。

下記でそれぞれの特徴を詳しくご紹介していきます。

  • プログラマーにとって魅力的なサービスを展開する
  • 待遇面で他社よりも優れた条件を提示する
  • 作業環境を柔軟で快適な環境にする
  • 副業を可能にする

プログラマーにとって魅力的なサービスを展開する

優秀なプログラマーが自ら特定の企業を選択する場合の多くは、その企業のサービスやプロジェクトの魅力にひかれ、自身も開発に携わりたいと考える場合です。

自社で魅力的なサービスを提供していることで、プログラマーからの応募も増加し、優秀なプログラマーを採用することも可能となるでしょう。

待遇面で他社よりも優れた条件を提示する

応募者にとって最初に確認するポイントとしては、年収やボーナス・残業の有無など待遇面となります。

数ある企業の求人情報から優秀なプログラマーの採用を行おうと思うと、平均以上の年収を提示することや、残業のない労働環境を提供することは必須の条件となってきます。

作業環境を柔軟で快適な環境にする

作業環境を柔軟で快適な環境にすることも、優秀なプログラマーを集めるためには有効な手段となります。

例えば、リモートワークを可能にすることやフレックスタイム制(労働者が始業時間や終業時間をある程度決められる制度)を用いることで、優秀なプログラマーからの応募が増える傾向にあります。

年収よりも作業環境を重視するプログラマーも多く、週に何日かだけでもリモートワークを可能にするなどの環境を取り入れることで、優秀なプログラマーからの応募も増え、採用することが可能となります。

副業を可能にする

近年では、副業を解禁する企業も増えてきていますが、まだまだ日本国内では数少ないのが現状です。

プログラマーなどのIT職の場合、副業が比較的容易に行えることから副業を希望する候補者が多いことも事実です。

副業を考えるプログラマーには経験豊富な方も必然的に多くなるため、優秀なプログラマーを採用出来る可能性も高くなります。

プログラマー採用の具体的な方法

プログラマー採用の方法としては、「人材紹介エージェントを利用する」「求人サイトを利用する」「自社ホームページやSNSを利用する」これら3つの方法が一般的です。

それぞれの詳細について詳しく解説していきたいと思います。

  • 人材紹介エージェントを利用する
  • 求人サイトを利用する
  • 自社ホームページやSNSを利用する

人材紹介エージェントを利用する

人材紹介エージェントは、企業とプログラマーを結びつけるためのサービスです。

エージェントと契約しておくことにより、仲介手数料は発生しますが、エージェントを利用したプログラマーに対し、優先的に企業を紹介してもらうことが可能なため、たくさんのプログラマーに企業を認知してもらうことが可能となります。

また、ある程度条件などを指定しておくことで、募集条件に合致したプログラマーを紹介してもらうことが出来るため、希望に近い条件のプログラマーを集めやすい利点があります。

求人サイトを利用する

2つ目の方法は、求人サイトを利用する方法です。

求人サイトは、無料で掲載出来るものから、有料で掲載を依頼するものまで様々です。
無料のものでは、「ハローワークインターネットサービス」などが有名です。
有料のものでは、「マイナビ転職」やIT系転職に強い「Green」などがあげられます。

各サイトの特徴は、「プログラマー採用におすすめな中途求人サイト
」の項目でご紹介していきます。

自社ホームページやSNSを利用する

自社ホームページや自社のSNSに求人情報を掲載しておくのも有効なプログラマー採用の方法です。

メリットとしては、完全無料で募集をかけることが出来る点にあります。
近年ではFacebookやTwitterなどを通しての転職活動も頻繁に行われるようになっており、十分に成果の期待出来る採用方法と言えるでしょう。

デメリットとしては、応募者側が企業の存在を知らない場合には目に留まる可能性が低い点にあります。
あくまで掲載した内容を応募者側が見つけてくれるのを待つ状態となりますので、他に紹介した方法のように広く一般に募集をかけるといった使い方は難しくなります。

プログラマー採用におすすめの人材紹介エージェント

ここからはプログラマー採用におすすめの人材紹介エージェントをご紹介していきたいと思います。

人材紹介エージェントでは、「成果報酬型」を採用するエージェントがほとんどです。
成果報酬型では紹介されたエージェントを企業が採用した際に、手数料として料金を支払う形式となります。

それぞれのエージェントで特徴や得意な業種が異なりますので、募集条件に合ったエージェントを利用するようにしっかり吟味していきましょう。

ITプロパートナーズ

ITプロパートナーズ 紹介画像 ITプロパートナーズでは、下記の3つの特徴が大きく紹介されています。
「毎月数百名の即戦力」「無料で登録ユーザーに直接スカウトが可能」「エンジニアの獲得スピードが早い」

まず、登録プログラマーが多く、即戦力の人材が豊富に在籍しているため優秀なプログラマーを採用することが可能です。

また、エージェント側からの推薦されたプログラマー以外にも人材データベースが提供されており、無料で検索およびスカウトを行うことが可能となっています。

もちろん、エージェント側でも優秀なプログラマーを推薦することで、最短で1週間後にはプロジェクトに参加するプログラマーを採用することも可能となります。

レバテックキャリア

レバテックフリーランスのイメージ画像 レバテックキャリアは、レバレジーズが運営するIT分野に特化したエージェントです。

求人数は公開されているものだけでも2,600件以上と発表されており、多くの企業が利用していることが伺えます。

プログラマーのエージェントとしては知名度が高いこともあり、多くのプログラマーが登録しています。
登録者が多いということは、条件に合う優秀なエンジニアを探すことも容易となるため、ご利用頂きやすい人材紹介エージェントと言えます。

マイナビエージェント×IT

マイナビエージェント企業担当者ページのイメージ画像

マイナビエージェント×ITは、転職エージェントとして有名なマイナビのIT分野に特化したサービスを提供しているエージェントです。

非公開求人が多くを占めますが、公開・非公開求人を合わせると5,500件以上にも及ぶ案件が登録されている大手エージェントです。

企業側からも応募者側からもマイナビという運営が背景にあることで、安心してご利用いただけるため、登録者も非常に多く、企業側からの評判も良い傾向にあります。

転職サポートのためのキャリアサポートが在籍しているため、企業側から見た場合にも求める人材を紹介してもらいやすくなり、非常に人気のサービスとなっています。

プログラマー採用におすすめな中途求人サイト

プログラマー採用では、人材紹介エージェント利用する以外に。中途求人サイトを利用することも一般的な方法です。

プログラマーの中には、エージェントを介さず直接求人サイトから応募をする候補者もたくさんいます。

また、企業側から見た場合には、エージェントに依頼するよりも遥かに安い金額で採用活動を行えるため、費用面でのコストパフォーマンスは高いと言えるでしょう。

ハローワークインターネットサービス

ハローワークの企業担当者ページのイメージ画像 ハローワークインターネットサービスは、厚生労働省が提供するサービスで日本人には最も有名な転職サイトと言っても過言ではないのではないでしょうか。

ハローワークインターネットサービスの特徴として、求人掲載の費用が「0円」である点があげられます。
他の求人サイトでは、掲載期間などを基準に費用が設定されており、プログラマーの採用可否に関わらず支払いの義務が生じます。

一方、ハローワークインターネットサービスでは極端に言うと求人広告を掲載し続けても費用がかからないため、どの企業もぜひ利用したいお得なサービスの1つと言えます。

マイナビ転職

マイナビ転職の企業担当者ページのイメージ画像

マイナビ転職も知名度抜群の転職サイトの1つです。

マイナビ転職の求人は、掲載期間により支払う料金が設定される方式を採用しており、4週間の掲載で「20万円」から掲載することが可能です。

また、長期掲載で料金が割引される、チケットシステムも採用しているため、複数回の掲載を予定している企業ではチケットシステムを利用するとお得になります。

マイナビ転職の特徴として、エンジニア求人サーチというシステムが用いられており、エンジニアの求人情報だけに特化した転職サイトが運営されています。

エンジニア求人サーチは企業側にとっても大きなメリットがあり、IT企業以外の業界による求人情報に埋もれることなく、プログラマーが企業を見つけることが可能となるため、非常に有効なサービスとなっています。

Green

Green採用検討企業ページ

Greenは近年注目を集めているIT/Web系求人に特化した中途求人サイトの1つです。

Greenでは、中途求人サイトとしてはめずらしい成果報酬型を採用しております。
成功報酬は勤務地により異なりますが、掲載期間や掲載求人数、求職者へのアプローチが無制限で可能となるため、ランニングコストを低く抑えることが可能です。

また同様に成果報酬型を採用している人材紹介エージェントよりも、低い料金で提供されていますのでうまく利用するとコストパフォーマンスの非常に高いサービスとなります。

知名度はハローワークやマイナビ転職に比べると劣りますが、IT業界やベンチャー企業を中心に人気の中途求人サイトです。

まとめ:プログラマーの採用は方法を知ることが大切

本記事では、プログラマー採用についての様々な情報をご紹介してきました。

プログラマーの採用を行う上で、採用方法を知るのは最も大切なこととなります。
今回ご紹介した内容を中心に、企業の募集条件に最も適したサービスをご利用頂くことで、コストパフォーマンスに優れた採用活動を行うことが可能となります。

採用活動にかかる費用は、決して安いものではありませんのでしっかりと吟味した上で各企業に適した採用方法を見つけていただければ幸いです。