常用型派遣とは?登録型派遣との違いやメリット・デメリットを調査!

派遣スタッフには、3つの契約スタイルがあることはご存知ですか?

IT業界では他の業種よりもヘッドハンティングのように、現場で他社の人材を招き入れることは良くある光景ですよね。

派遣にはどのようなタイプがあるのか把握しておけば、「今来てくれている派遣スタッフを正式に雇用したい」と考えたとき、どうすればよいのか悩まずに済みます。

ここでは3つある派遣契約の中から「常用派遣」というものがどういうものか詳しく解説していきます。

誤解されやすい登録型派遣との違いも含めて、メリット・デメリット、常用派遣サービス利用時の見るべきポイントやおすすめの企業も併せて解説するので目を通してみてください。

知っておけば常用派遣のスタッフを雇う事に、メリットを感じて最適な人事を実現できるはずです。

常用型派遣とは?

常用派遣とはわかりやすい例を挙げると
「Aという会社の正社員」の人材が「B企業のとあるプロジェクトに参画するため派遣される」
というような状況にあることを指します。

労働者の視点から見ると雇用契約はあくまでもA社と結んでいますが、プロジェクトに参画している間の指示はB社で受けることになります。

一般的な派遣社員と違うのは、A社と無期限の正式な雇用契約を結んでいる為、仮にB社でのプロジェクトが終了してしまってもA社に帰属し給与も受け取れるというものなのです。

またプロジェクトに参画する際B社と労働者がなにがしかの契約を結ぶ必要はありません。(機密情報保持などの契約は行われることはあります)

企業から見ると派遣社員を採用した場合、紹介予定派遣などであれば所定の手続きをし同意が得られると正式に社員として雇用することができます。

常用派遣の場合には労働者は派遣会社と無期限の雇用契約を結んでいる為、派遣会社との話し合いも挟みながら進めていく必要がありますが、常用派遣社員の契約期間満了後正式に社員として迎えることそのものに違法性はありません。

常用型派遣と登録型派遣の違い

派遣社員を採用するにあたって企業が知っておくべき常用派遣と登録型派遣の違いをまとめます。

  • 就業時のみ雇用契約を結ぶのが登録型派遣
  • 無期限の雇用契約を結んでいるのが常用派遣
  • 企業から見るとどちらのケースも派遣会社と派遣契約を結べばよい

他にも有期的な契約を結ぶ派遣社員には「賞与がない」場合がほとんどですが、常用派遣であれば契約条件次第で賞与なども受け取れるなど労働者の待遇にも違いはあることも知っておくと良いですね。

一般的なIT関連企業でも、派遣業の許可があれば自社の社員を労働者派遣契約のもと、客先に常駐させる「常用派遣」を行うことができます

ただし、違法な二重派遣になってしまわないように、常用派遣スタッフを採用するにあたって、採用する労働者がど確実にその企業で雇用されているのかの確認はしておくと良いでしょう。

常用型派遣のメリット

常用型派遣とはどういうものなのか、一般的な派遣契約とどう異なるのか解説してきました。

ここでは常用型派遣のスタッフを採用する側、そして常用派遣で働く労働者の立場だからこそのメリットについて理解しておきましょう。

  • 無期限の雇用契約があるため突然の離職などのリスクが少ない
  • 正式雇用されており身元もある程度以上保障された人材である
  • 納得できずに派遣されることが少ない

無期限の雇用契約があるため突然の離職などのリスクが少ない

有期的な雇用契約になる登録型派遣などでは、就労できないときは当然給与が保障されず生活が安定しません。

そのため、常に正社員として雇用してくれる先を探していたりする人材も少なくないのです。

「良い人材だ」と思って喜んでいたのに1か月せずに退職の為引き上げることになってしまった、
などということになる可能性が低いのはメリットになるでしょう。

正式雇用されており身元もある程度以上保障された人材である

常用派遣では正式に雇用された人材を派遣してもらうことになるため、最初から身元のはっきりした人材を採用することができるメリットがあります。

情報漏洩・機密漏洩などのリスク軽減にもつながるため、重要なポイントです。

身元だけでなく、一般的な派遣スタッフよりも専門性が求められることも多いため、選考基準が厳しく設定されている点も企業としては利点ですね。

納得できずに派遣されることが少ない

労働者からみると待機中の給与も補償されるため、ある程度希望の職場を選択する余裕も持てるというのも常用派遣のメリットです。

納得できないけどとりあえず行くしかない!と派遣されるよりも、モチベーションも発揮しやすいということになります。
(雇用契約を結んでいる企業による部分もある、という点は考慮が必要です)

常用型派遣のデメリット

常用型派遣のスタッフを採用する、ということに特段のデメリットはありません。

ただ、労働者視点でのデメリットを知っておくことで、ともに業務に当たる人材のことを理解することにつながります。

ここでは労働者側からみた常用型派遣のデメリットを紹介します。

  • 同じ現場にいたくても契約満了すれば終了になってしまう
  • 選考時の基準が一般的な派遣より厳しい
  • 長期間の休みは社員同様とりずらい

同じ現場にいたくても契約満了すれば終了になってしまう

雇用契約を結んでいる企業と、派遣先の間の契約がすべてになってしまうため、自由が利かない点もあるのが常用型派遣。

もっとこの現場にいたいと思っても契約期間満了とともに退出することになってしまう、というのはデメリットといえるでしょう。

そのためこのタイミングで派遣先に正式雇用を希望する人材も多いのです。

選考時の基準が一般的な派遣より厳しい

これは派遣先となる企業にとっては嬉しい限り、ともいえるデメリットです。

専門的なスキルを求められることが多いの常用型派遣なので、ある程度以上のスキルを持った人材を派遣してもらえる、ということになります。

長期間の休みは社員同様とりずらい

正社員、もしくはそれに近い雇用契約となっている為、有給や福利厚生があるのも常用派遣のメリットです。

ただ、自由に生活したい。
まとまった休みをとって海外に行きたい。

そう思ったときに長い休みを取りずらい、というのは派遣社員と考えるとデメリットともいえます。

常用型派遣会社選びで失敗しないポイント

常用型派遣について理解したところで、次はどんな派遣会社に依頼するか、チェックしておきたいポイントについて解説しておきます。

派遣会社選びを誤ってしまうと
「せっかく業務になじんでくれたかな、と思ったところでやめてしまった」
「依頼内容に合わない人材を派遣されてしまった」
「思わぬトラブルに巻き込まれてしまった」

ということになりかねません。

どんな人材を派遣してもらうか、ということと合わせてどんな派遣会社なのかもしっかりチェックしましょう。

  • 依頼予定の業務をこなせる人材がいるかどうか
  • エンジニアの在籍数は多いか
  • 二重派遣などタブーに抵触していないか

依頼予定の業務をこなせる人材がいるかどうか

派遣会社にもいろいろなものがあります。

幅広く色々な業種に対してスタッフを派遣しているところもあれば、IT関連に特化してスキルの高い人材が多く在籍している派遣企業もあるのです。

依頼する内容が高度、もしくは専門性の高いスキルが求められるのであれば、初心者ではなくある程度の経験者が必要になりますから、相応の人材がいるかどうか、ということが重要。

ということを考えていくと、依頼内容に合わせて派遣企業もしっかりと見極めが必要になることも理解していただけるでしょう。

エンジニアの在籍数は多いか

エンジニアとしてある程度のスキルを保有している人材が欲しい、となった時にチェックすべき項目は「在籍している人材にエンジニアがどれだけいるのか」です。

エンジニアが少ない=該当スキルを保有している人材がスムーズに見つからないということにもつながります。

「より優れた人材がいるかもしれない」可能性も低いという事にもなるので、しっかりチェックしておきましょう。

二重派遣などタブーに抵触していないか

この点をしっかり確認しておかないと、知らずにタブーを犯してしまうことにもつながります。

派遣されようとしている人材の籍がどこに所属しているのか、という点はしっかり明確にしておきましょう。

おすすめの常用型派遣会社

最後に色々な視点から厳選したおすすめの常用型派遣を行っている派遣企業を紹介します。

それぞれにおすすめとする+@の理由も掲載するので参考にして下さい。

スタッフサービス(ミラエール)

スタッフサービスの企業担当者ページのイメージ画像

優れた人材が必要!というときに力になってくれるであろう常用型派遣会社がスタッフサービスが運営する「ミラエール」です。

なぜかというと「適職診断」も行い、しっかり面談で採用された人材が在席している企業だから。

この適職診断の中では、IT関連のスキルを細かく図るような内容ではありませんが、ヒアリングを行い、一般常識もチェックしつつ「感情や職務指向性などを測る性格検査」も含まれています。

どれだけ優れていても、他の人材とうまく協調していくことができない人事では困りますよね。

重要な局面をサポートしてくれる人材を派遣して欲しい、という時にはぜひ検討してみることをおススメします。

M-Shine(エムシャイン):マンパワーグループ

マンパワーの採用担当者ページのイメージ画像

「M-SHINE」は総合人材サービスのマンパワーグループが運営している無期雇用型派遣サービスです。

ここでは採用された人材に対して、基本的なビジネスマナーの研修とPCスキルの習得を義務付けしています。

気軽に登録するような派遣企業ではない、という点は採用側には大きなメリットとなるでしょう。

無料講座としてスタッフにプログラミング講座なども開講しているということもあり、派遣するスタッフの育成にも力を入れています。

もちろん採用時にはスキルチェックもしっかり行われているので、依頼に適した人材を派遣する地盤も整っています。

ファンタブル:funtable(テンプスタッフ)

テンプスタッフの企業担当者ページのイメージ画像

派遣会社として広く知られるテンプスタッフが行っているファンタブルというサービスは、就業先の企業で直接雇用を目指す人材のサポートを行っています。

「派遣で来てもらってお互いに良ければ正式雇用を前向きに検討して欲しい」というときに助けとなってくれるのです。

企業にとって最良のビジネスパートナーになる、就労者にとっても良いパートナーとなりアドバイザーとなる、ということをモットーにしている企業。

IT系のエンジニアも多く登録するテンプスタッフが母体となったサービスなので、希望するスキルを持つ人材もスムーズに見つかりやすいのもおすすめポイントです。

まとめ:常用型派遣は安定して優れた人材を派遣してもらえる可能性が高い

常用型派遣について詳しく解説してきました。

  • 常用型派遣は安定した生活が送れる仕組みが人気の派遣サービス
  • 常用型派遣は人材採用の際にもしっかりスキルや人物をチェックしている

上記の点を考えても、「派遣で優れた人材を採用するなら、常用型派遣は有効」ということがお分かりになったでしょう。

安定した生活を送れるということは「それに見合ったスキルを保有し、安定した人物である」ということにもなります。

派遣してもらった人材ではスキル不足だった、他のスタッフとの協力ができなかった、なんていうことになってしまっては本末転倒。

そのようなリスクを回避するためにも、常用型派遣のスタッフを派遣してもらうことおすすめできます。

「優れた人物がいたら正式に雇用したい」という場合でも、安定を望む人材が多いという点はメリットになりますね。

  • 希望する人材がいる派遣企業かどうか
  • IT系エンジニアの在籍数は多いのか

ということと合わせて、おすすめした派遣企業のおすすめポイントも加味しながら、最適な派遣偉業を見つけましょう。

 

▼組織作り・マネジメントに関しては下記の記事にまとめています。
次世代リーダーを生み出す強い組織作りを実現するためのノウハウ