紹介予定派遣とは?企業側のメリット・デメリットを調査!

人材を獲得する場合には、直接雇用するか派遣社員を受け入れるかという、大きく2つの選択肢があります。

派遣社員は、期間限定で受け入れる『一般派遣』が多いのですが、後に直接雇用を視野に入れた『紹介予定派遣』も存在します。

今回は、『紹介予定派遣』について、企業側から見るメリットとデメリットを調査しました。

紹介予定派遣を利用する際に失敗しないポイントも抑えながら、おすすめの紹介予定派遣会社を含めて紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

紹介予定派遣とは?

『紹介予定派遣』とは、最初の一定期間を派遣社員として受け入れ、後に派遣労働者と受け入れ企業の希望が合えば、企業が派遣労働者を直接雇用するというスタイルの派遣です。

紹介予定派遣を受け入れると、最長で6ヶ月後に貴社と派遣労働者の直接雇用(正社員を含む)契約へ切り替えることができます。

直接雇用というのは、正社員はもちろん、契約社員や業務委託というスタイルもありますが、それは貴社と派遣労働者の話し合いにて合意のもとに再契約をします。

この時、派遣元の派遣会社との契約は終了します。

受け入れた派遣労働者が、貴社にとって長期に渡って必要な人材である場合には、『紹介予定派遣』は非常に有用なものとなります。

紹介予定派遣と普通派遣の違い

『紹介予定派遣』と『普通派遣(一般派遣)』の違いは、派遣契約が満了した後に、直接雇用をする選択肢があるか否かです。

『普通派遣(一般派遣)』では、派遣契約期間が終わると、派遣労働者は派遣元へと戻ります。しかし、『紹介予定派遣』では、派遣契約満了時に、派遣労働者が派遣元との契約を終了させ、貴社との直接雇用契約を結ぶという選択肢があるのです。

簡単にまとめると以下のようになります。

普通派遣(一般派遣):契約満了にて終了する派遣
紹介予定派遣:契約満了後、直接雇用を視野に入れた派遣

紹介予定派遣のメリット

紹介予定派遣には、普通派遣(一般派遣)にはないメリットがあります。大きなメリットとしては、「合意があれば直接雇用できる」ということです。

大きなメリットとしては、以下のようなことが挙げられます。

  • 人材を見極める期間がある
  • マッチした人材を直接雇用するチャンスがある
  • 採用コストを抑えられる

人材を見極める期間がある

紹介予定派遣を受け入れると、最初の3ヶ月から6ヶ月は普通派遣と同じ形態で就業してもうらうことになります。

直接契約を前提に受け入れた企業から見れば、比較的期間の長い検討期間が設けられるというわけです。

つまり、求めるスキルを持ち、貴社が求める理想に近い人材であるか否かを、時間をかけてしっかりと見極められるということです。

派遣労働者である期間に、スキルが求めるものとは違ったり、社内でのコミュニケーションがうまくいかないということが分かれば、直接雇用をしないという選択肢も選べます。

求める以上に優秀な人材であれば、派遣労働者の合意があれば直接契約へ結びつけることもできるのです。

これは、理想の人材を求める企業にとっては大きなメリットとなります。

マッチした人材を直接雇用するチャンスがある

派遣労働者期間の業務や評価、または社内雰囲気と合う人材かを見極めて、貴社とマッチしていると判断できれば、派遣会社との紹介予定派遣契約終了後に、直接雇用するチャンスがあります。

チャンスと表現したのは、直接雇用を行うには「派遣労働者」と「貴社」の間で「合意」がなされる必要があるからです。

紹介予定派遣を希望している派遣労働者は、もちろん直接契約を期待ています。

しかし、最大6ヶ月間働くことで、企業を見極めているのは派遣労働者も同じです。

つまり、派遣労働期間が終了することろに、貴社にとって欲しい人材であり、派遣労働者にとっても働きたい企業であれば、合意した直接雇用を結べるということです。

採用コストが抑えられる

紹介予定派遣を利用することで、採用コストを抑えることができます。

通常の採用活動では、応募者数に応じた履歴書のチェックや面接、人事や採用担当者の稼働なども応募者数に比例するため、さまざまなコストがかかります。

また、普通派遣(一般派遣)では、スムーズに即戦力の人材を獲得することはできますが、契約期間が終われば、その後再び人材採用までのコストをかけなければなりません。

しかし、紹介予定派遣ならば、派遣派遣会社を通すことで採用はスムーズに行えますし、一定の期間後に直接雇用することで、その後は自社の即戦力として獲得することができます。

これらのプロセスでは、紹介予定派遣がもっともスムーズに優秀な人材を獲得する方法だともいえます。

紹介予定派遣のデメリット

紹介予定派遣には、もちろんデメリットもあります。仲介する派遣会社への対応や、期待とは違う結果をもたらす場合があるのです。

主なデメリットとしては、次のようなことが挙げられます。

  • 合意に至らない場合もある
  • 直接契約時には紹介料を支払う必要がある
  • 直接契約後に短期間で退職される可能性もある

合意に至らない場合もある

紹介予定派遣では、有能な人材でも合意に至らなければ直接雇用できないというデメリットもあります。

最終的に派遣労働者を直接雇用する前提での紹介予定派遣ですが、それは派遣労働者と貴社の間に合意があった場合のみです。

貴社からみて、派遣労働者のスキルやコミュニケーション能力などが理想とは違う場合には直接雇用には至りませんし、逆に派遣労働者が理想の職場ではないなどと判断し他場合にも合意には至らないでしょう。

この場合には、最大6ヶ月間の派遣期間が無駄になってしまうというデメリットがあるのです。

直接契約時には紹介料を支払う必要がある

派遣労働者との合意が成立し、直接契約への流れとなった場合、派遣労働者が契約していた派遣会社へ「紹介手数料」を支払う必要があります。

仲介業者への支払いですので、当然のコストだとも言えますが、紹介予定派遣では採用コストを抑えられるメリットの一方で、直接雇用した後に短期間で退職されるというリスクを追いながら仲介手数料を支払うというのは、コスト面でのデメリットとも言えるでしょう。

直接雇用後に短期間で退職される可能性もある

貴社と派遣労働者の間で合意が取れ、派遣会社にも紹介手数料を支払い、ようやく直接雇用ができたとしても、人材が短期間で辞めてしまう可能性があるというデメリットもあります。

例えば普通派遣(一般派遣)で派遣労働者が途中で辞めても、仲介業者である派遣会社が代わりの人材を用意してくれます。

しかし、直接雇用した人材に代わりはいません。

派遣労働者として受け入れていた期間のコストや、直接雇用に至る際の手数料などを考えると、紹介予定派遣を利用することの大きなデメリットとなってしまうのです。

紹介予定派遣会社選びで失敗しないポイント

紹介予定派遣は、仲介会社となる派遣会社から人材を紹介してもらいます。

しかし現在、大手派遣会社から専門的分野を持つ派遣会社まで、無数の派遣会社が存在しますので、どの派遣会社を選べば良いのかがわからない、迷ってしまうという声も多いのです。

ここでは、紹介予定派遣会社選びで失敗しない3つのポイントを紹介します。

  • 派遣会社の保有人材を確認する
  • 派遣会社の専門性を見極める
  • 派遣会社のエージェントの質を見極める

派遣会社の保有人材を確認する

派遣会社にも大小規模があります。大手と呼ばれる派遣会社ならば、保有している人材も豊富です。

貴社が求めるスキルや経験の分野が幅広い場合、マッチする人材を広く探さなければなりません。

つまり、多くの人材を保有する派遣会社を選択した方が良いということです。

派遣会社の専門性を見極める

ITや人事など、専門性の高い人材を持つ派遣会社も多くあります。

貴社が求める人材に、絶対に必要なスキルが専門性の高いものならば、専門性の高い、あるいは多種の専門分野を扱う派遣会社を選ぶ必要があります。

派遣会社には、必ず「強い分野」がありますので、見極めることが大切です。

派遣会社のエージェントの質を見極める

派遣会社にはエージェントと呼ばれる、いわば営業担当が存在します。

エージェントの役割は、派遣先の企業と派遣労働者のことをよく知り、お互いをマッチングさせることです。

エージェントの質は、いかに企業や人材のことを理解し、お互いにとって最適な選択肢を提供できるかが大きなポイントとなります。

エージェントについては、派遣会社へ登録する派遣労働者にとっても、その派遣会社の利用を決断するのに重要な要素です。

それは、派遣労働者を受け入れる企業側にとっても同じことが言えるのです。

エージェントが企業の特徴や社内の雰囲気を深く知ることで、ようやくその企業に合う人材を紹介できるからです。

エージェントの質の低さは、派遣後のミスマッチを生み出しますし、トラブルの元ともなるのです。

企業側から見ても、エージェントとのコミュニケーションは非常に重要なものですので、エージェントの質を見極めることも、派遣会社を選ぶ重要なポイントとなります。

おすすめの紹介予定派遣会社

紹介予定派遣を利用するならば、派遣労働者を受け入れる理由と、求めるスキルや経験値を明確にしておく必要があります。そこまでが固まったら、紹介予定派遣を扱う派遣会社を選定しましょう。

ここでは、紹介予定派遣を取り扱うおすすめの派遣会社を紹介しますので、参考にしてください。

スタッフサービス

スタッフサービスの企業担当者ページのイメージ画像

『スタッフサービス』は、1981年に事務処理サービス業として創業し、1983年に事務の人材サービス事業としてスタートした派遣会社です。

「はい、スタッフサービスです」という応答とともに従業員からの電話に応対するテレビCM「オー人事」でも有名ですね。

スタッフサービスでは、事務職やIT人材、介護や製造分野など、グループ企業としてはば広い人材を扱っています。

創業からの歴史が長いことや、さまざまな専門の人材を、グループ会社として分けることで、専門性を高めていることが特徴でもあります。

グループ会社については、以下のようにわかれています。

※ここでは、紹介予定派遣を行なっている分野だけをピックアップしています。

スタッフサービス:事務職分野
スタッフサービス:ITソリューション:IT分野
スタッフサービス:メディカル:介護・看護・医療分野
テクノ・サービス:製造分野

テンプスタッフ

マンパワーの採用担当者ページのイメージ画像

『テンプスタッフ』も、派遣会社として大手企業です。もちろん「紹介予定派遣」業務もおこなっており、その分野は多岐に渡ります

人事・総務・営業事務
金融事務
財務・経理
英文事務
秘書
貿易事務
通訳・翻訳
受付
てれマーケティング
営業・販売
IT技術者
研究開発職 など

また、特定人材として以下のような人材も扱っています。

管理職
専門職
障がい者

幅広い専門に分かれていますので、貴社が希望する人材も見つけやすくなります。

アデコ

アデコの採用担当者ページのイメージ画像

『アデコ』は、30年以上にわたり人材派遣会社を行なっており、派遣労働者側もアデコを知らない人はいないでしょう。

エージェントの質も高いという声も多く、管理部門や大手企業、外資系企業などもクライアントとしています。

なにより『紹介予定派遣』に強い派遣会社で、紹介予定派遣の案件が豊富です。

紹介予定派遣の分野も豊富です。

オフィス系
語学系
研究・開発系
製造・物流・軽作業系
ITエンジニア系
接客・販売系
営業けい
テレマーケティング系
金融系
医療系 など

企業として初めて紹介予定派遣を利用したい場合には、多くのノウハウをもつアデコは安心して任せられる派遣会社といえるでしょう。

まとめ:紹介予定派遣は×直接雇用時のミスマッチを最小限に抑える

紹介予定派遣は企業にとって、直接雇用の際のミスマッチを最小限に抑えることができる手段です。

もちろん、派遣労働者にとっても直接雇用(主に正社員)を目指す際には多く利用される派遣スタイルですので、受け入れた派遣労働者と企業に大きなミスマッチがなければ、特に企業にとっては有用な人材獲得の手段と言えるでしょう。

紹介予定派遣にはデメリットもありますが、派遣契約の最大6ヶ月間という期間でしっかりと判断することで、そのデメリットも最小限に抑えることが可能です。

『紹介予定派遣』は、人材の獲得という意味では、企業側にとってメリットの方が大きいといえるのではないでしょうか。

 

▼組織作り・マネジメントに関しては下記の記事にまとめています。
次世代リーダーを生み出す強い組織作りを実現するためのノウハウ