登録型派遣とは?仕組みとメリット・デメリットを解説!

さまざまな働き方が選択できる現代、派遣の種類にもいくつか存在します。派遣会社から人材を獲得する際には、派遣型の違いを意識することで適切な採用を行うことができます。

今回は、派遣人材の中でも『登録型派遣』について、その仕組みやメリット・デメリットを解説します。また失敗しないポイントを交えながら登録型派遣会社も紹介しますのでぜひ参考にしてください。

登録型派遣とは?

登録型派遣では、派遣会社は労働者との雇用関係はありません。労働者が派遣会社に「登録」をしておく状態です。

仕事がある時(派遣先が決まった時)だけ派遣会社と労働者の間に雇用関係を結び、期間が終了したら派遣会社と労働者の雇用関係は終了します。

企業が人材を獲得する際には、長期のプロジェクトを支える人材や、欠員を補うための人材、社内への新しいノウハウ獲得を狙うための、経験やスキルが豊富な人材など、目的に合った人材を獲得します。

登録型派遣の人材は、短期間の仕事に対して人材が必要な場合に活用できる派遣です。

登録型派遣とは、一言でいえば「仕事がある時だけ獲得できる」派遣社員ということなのです。

登録型派遣と常用型派遣の違い

登録型派遣と常用型派遣の大きな違いは、派遣会社と労働者の間に交わされる契約です。

常用派遣では、派遣会社と労働者との間に基本的な雇用関係が生じます。しかし、登録型派遣の場合は、派遣会社と労働者の間には登録関係しかありません。

常用型派遣の労働者は、常に派遣会社との雇用関係があり、派遣先がない時でも給与が支払われるのです。

一方、登録型派遣の場合は、基本的には労働者が派遣会社に登録しているだけですので、派遣先がない時期は給与は支払われません。派遣先が決まっている期間だけに雇用関係が生じ、それ以外の期間はただの登録者なのです。

登録型派遣に登録する労働者は、自身のライフスタイルを重視(働く時間帯や労働時間)した人材も多くいます。

また、複数の派遣会社に登録している労働者も多いのも特徴となります。登録に必要なのは住所や氏名・年齢のほかには、経歴や資格などを登録するだけです。

もちろん、派遣会社のエージェントとの面談はありますが、派遣会社がそれなりの教育をした人材ではありません。身元やスキルは派遣会社が把握しています。しかし、人柄などはほとんど把握していない場合がほとんどです。

つまり、登録型派遣の人材を獲得する場合には、労働者の人柄をしっかりと見極める必要もあるということです。

登録型派遣のメリット

派遣会社に登録をしている人材を獲得する場合、派遣会社が貴社の希望するスキルと労働者のスキルをマッチングさせて派遣します。
登録型派遣で人材を獲得するメリットには、以下のような点が挙げられます。

  • 短い期間だけの契約でコスト削減できる
  • 登録者が多いため人材も豊富
  • 迅速に人材を獲得できる

短い期間だけの契約でコスト削減できる

登録型派遣の人材を獲得する場合のメリットは、一定期間だけ人材が欲しい場合に、マッチするスキルの人材を決められた期間だけ獲得出来るという点です。

短期的なプロジェクトや一時的に欠員が出た場合、都度人材を直接雇用するには、時間とコストがかかります。

しかし、登録型派遣の人材ならば必要期間だけにコストかければよく、長期的なコストをカットすることができます。

登録者が多いため人材も豊富

これは派遣全般にも言えることですが、特に登録型派遣では豊富な登録者数を持っています。

これは、派遣会社への登録が非常に簡単であるためです。労働者それぞれが自分の得意とする分野、あるいは様々な業界を見てみたいという理由でも派遣会社に登録できます。

登録者が多いということは、さまざまな人材が揃っているということでもあります。

専門的なスキルを持つ人材が必要であれば、得意とする派遣会社を選ぶことで、スキルや経験値も豊富な人材を獲得できる可能性もあります。

迅速に人材を獲得出来る

登録型派遣では、先にも述べたように登録者数が多く、人材が豊富です。

比較的規模の大きな派遣会社であれば、人材が足りない時期というのはほとんどないでしょう。

貴社が望む時期、望む期間に、比較的人材を獲得しやすく、迅速に人員を補わなければならない状況にも対応できるはずです。

登録型派遣のデメリット

登録型派遣には、基本的にどのような労働者でも登録できます。また、正社員ではなく登録型派遣を選択している労働者には、それぞれの事業もあるはずです。

登録型派遣のデメリットには、そのような背景も含まれるでしょう。

  • 長期プロジェクトには向いていない
  • 登録型派遣の労働者は条件で案件を選べる
  • 登録者のライフスタイルに左右される

長期プロジェクトには向いていない

登録型派遣は、基本的には決められた短期間の人材獲得です。長期的なプロジェクトや、ノウハウを長期的に教育しなければならない職種には向いていません。

派遣期間が終われば、労働者と派遣会社との契約も切れてしまうため、プロジェクトを熟知する人材や、教育をした人材も、派遣会社が引き止めておくことすらできないのです。

あくまでも派遣期間だけにとどまる業務目的での人材として獲得する必要があります。

登録型派遣の労働者は条件で案件を選べる

登録型派遣の労働者は、あくまでも登録者であり、派遣先が決定するまでは派遣会社との雇用関係すらありません。

これは、派遣会社が登録者に対して、特定の派遣先へ出向かせるといった指揮命令ができないということです。

登録者は、労働条件や派遣先のイメージで案件を選び、自ら承諾して、期間限定で派遣会社と契約を結びます。

つまり、条件によってはなかなか人材が獲得できない企業も出てくるということです。

登録者のライフスタイルに左右される

登録型派遣の労働者は、派遣先が決まっていない場合はあくまでも登録者で、(一概には言えませんが)自身のライフスタイルを重視します。

派遣会社に指揮命令権は無く、自由に働くことができるのです。もちろん、派遣先が決定した場合には派遣会社と契約が交わされますが、期間が終われば更新するか否かは登録者の自由であり、派遣会社が登録者の意向を左右することはできません。

つまり、登録型派遣で人材を獲得する際には、一つの派遣契約期間内だけの人材であることを意識しておかなければならないということです。

登録型派遣会社選びで失敗しないポイント

登録型派遣会社には、専門分野をもつ企業も多くあります。ここでは、登録型派遣会社選びで失敗しないポイントを紹介します。

  • 人材獲得の目的を明確にしておく
  • 目的の業務に強い派遣会社を選ぶ
  • 面談時にはスキルと人柄をしっかりとチェックする

人材獲得の目的を明確にしておく

どのようなスタイルの採用でも共通することですが、人材獲得の目的を明確にしておく必要があります。

登録型派遣の人材はあくまでも期間限定で獲得する人材です。長期的な業務の担当やノウハウを習得する業務には不向きと言えるでしょう。

つまり、派遣期間だけで完結し、その後派遣労働者に頼ることなく業務がスムーズに遂行できる範囲で、派遣労働者の役割を明確にしておく必要があるということです。

目的業務に強い派遣会社を選ぶ

登録型派遣会社には、それぞれ強みがあります。事務処理サービスやIT技術、人事や営業など、強みはさまざまですので、派遣を依頼する派遣会社の強みを把握する必要があります。

派遣社員を獲得する際には、派遣労働者に任せる業務を明確にし、適した強みを持つ派遣会社を選ぶことで、望む人材を獲得する可能性が高くなります。

面談時にはスキルと人柄をしっかりとチェックする

派遣会社を選定したら、派遣前の面談が実施されることがほとんどです。

登録型派遣の場合、派遣会社が登録している労働者については把握しているのは、書類上の情報がメイン(しっかりと面談を行なっている派遣会社がほとんどです)の派遣会社もありますので、人柄などについては貴社にマッチするか否かを判断する必要があります。

派遣会社のエージェントが同席する場合には、エージェントからのフォローもありますので、派遣労働者とエージェントの双方を見極めることが大切です。

おすすめの登録型派遣会社

登録型派遣会社は、一つの強みに絞った会社から複数の業務を専門としている会社まで幅広く存在します。

ここでは、数ある派遣会社の中でも、おすすめの登録型派遣会社を紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

スタッフサービス

スタッフサービスの企業担当者ページのイメージ画像

事務処理サービス業や事務人材のサービスからスタートしたのが『スタッフサービス』です。近年、「オー人事」というコピーは誰もが聞いたことのあるフレーズだと思います。

スタッフサービスは事務職からIT職まで幅広く人材を提供していますが、やはり事務職分野が強いと言えそうです。

ITソリューションや介護・看護などの医療分野などは、グループ会社として専門性を持たせることで展開しています。

テンプスタッフ

テンプスタッフの企業担当者ページのイメージ画像

『テンプスタッフ』も、オフィスワークから研究開発などの分野まで、幅広い人材を扱っています。また、障がい者雇用も積極的に進めている派遣会社です。

OA操作や人事・総務・営業事務、金融事務や英文事務など、やはり事務職に強い印象があります。

外国語にも精通する人材もあり、海外との取引が多い企業で事務職に派遣人材が必要な場面でも頼りになる派遣会社と言えそうです。

リクルートスタッフィング

リクルートスタッフの採用担当者ページのイメージ画像

『リクルートスタッフィング』は、国内でも有名な派遣会社のひとつです。派遣会社に登録する際には、だれもが一度は登録をしているのではないでしょうか。

最短1日の派遣から可能としており、特定の曜日での利用も可能です。また、週に2日〜3日での勤務形態でも柔軟に対応しています。

リクルートスタッフィングでも、IT分野や技術者・研究者、障がい者雇用を関連会社で専門性を持たせることで、業務のほとんどの分野をカバーする体制が整っています。

まとめ:登録型派遣はすぐに人材を獲得したい場合に有用

登録型派遣は、突然の欠員や急遽人材が必要な時、すぐに人材を獲得したい場合に活用できるサービスです。

各専門分野に強い人材を揃えているのは、やはり大手と呼ばれる派遣会社ですが、会社規模が小さくても専門性を追求した派遣会社は多数あります。

企業としては、小回りのきく登録型派遣を活用することで、人材面での困りごとを解決に導きましょう。

 

▼組織作り・マネジメントに関しては下記の記事にまとめています。
次世代リーダーを生み出す強い組織作りを実現するためのノウハウ