採用コンサルティングとは?導入するメリットはある?

面接を行ってもなかなか良い人材に出会えない、採用の費用対効果を上げていきたい、そんな悩みを抱えていませんか?

社内の採用担当者だけではなかなか解決に至らないケースも多いと思います。

特に新卒採用に関しては情報量が勝負を左右するとも言われており、専門的な情報を収集する必須です。

今回は、そのような採用の悩みを解決する手段の1つなる、採用コンサルタントについてご紹介します。

採用コンサルティングとは?

採用コンサルティングとは、採用に関してのノウハウや最新の情報を用いて、企業の採用業務をサポートしていくサービスのことです。

募集、選考、採用、入社までの一連の業務や、研修などに関する業務について、専門的なノウハウや最新の情報の提供など、様々なサービスが含まれます。

また自社の問題点を指摘してくれる第三者の客観的な視点を持つことで、自社の中長期目標の設定や人材の配置などを想定しながら適切な採用計画を立てることができるようになります。

採用コンサルティングって何をしてくれるの?

では実際に採用コンサルティングというサービスでは、具体的にどのような内容の採用業務をサポートしてくれるのか、解説していきましょう。

  • 採用業務の具体的な計画
  • 母集団の形成と確保
  • 応募者の選考
  • 面接官の教育
  • 内定者のフォロー
  • 早期離職者の防止対策

採用業務の具体的な計画

採用業務の具体的な計画を立てるために、採用コンサルティングの担当者が企業の担当者にヒアリングをして、採用予定人数や選考基準、選考手法、プロセスなどを具体的に決定していきます。

ヒアリング内容を元に、ターゲットとなる学生の就職活動の時期などを踏まえて年間スケジュールを作成します。

母集団の形成と確保

自社に興味のある母集団を形成するために、集客力のある採用サイトや自社のパンフレットの作成、会社説明会やセミナーの開催などの実務を、採用コンサルティングの会社が代行する場合もあります。

母集団の数を増やすだけではなく、採用可能なターゲットの質の向上も重要な仕事の1つです。

応募者の選考

採用コンサルティング会社では、応募者の選考に関しても代行することが多く、クライアント企業と応募者のすり合わせをしたり、会社説明会やセミナーなどの準備と運営のサポートをしたりします。

面接官の教育

企業の採用担当者向けに、面接官としての教育を行います。自社の魅力を伝え、内定辞退にならないようにするための面接の方法などをトレーニングしていきます。

また、面接官同士の意思疎通を図るためのすり合わせやノウハウなども伝授していきます。

内定者のフォロー

内定者の辞退に悩む企業に対し、内定者の企業理解を促進するためのインターシップ制度の導入や、内定者同士の懇親会などの実施サポートを行います。

早期離職者の防止対策

既存社員と新卒者の交流やOJT研修、働きやすさを追求した人事制度や福利厚生の充実を図っていきます。

採用コンサルティングを導入するメリットはある?

採用コンサルティングの注目はますます増加の傾向にあります。

採用コンサルティングを導入する際のメリットや、どのような企業の場合におすすめなのかを解説していきます。

  • 採用担当者の負担の軽減
  • 中立的なアドバイスの享受
  • 変動がめまぐるしい採用市場への対応

採用担当者の負担の軽減

採用業務の部分をアウトソーシングできることにより、本来の業務に集中できるようになります。

特に中小企業の採用担当者は、自身のメイン業務との兼業で採用業務を担う担当者もいます。

採用コンサルティングに全てお任せすることにより、負担の軽減に繋がるでしょう。

中立的なアドバイスの享受

採用に関し、第三者の中立的なアドバイスをもらうことができます。

採用コンサルティング会社は、さまざまな企業の採用業務に携わっているため、その豊富な経験値と蓄積されたノウハウを得られることは1つの大きなメリットです。

また、自社では気付けないような問題点をあぶり出し提案をしてくれますので、積極的に活用していきましょう。

変動がめまぐるしい採用市場への対応

採用コンサルティング会社は、採用に関してはプロ集団であり、さまざまな世の中の動きや最新のトレンドの情報を持ち合わせています。

それらの情報を駆使しながら効果的な採用方法をアドバイスしてくれるため、これまでの採用活動の問題点などに気付くこともできるかもしれません。

採用コンサルティングを導入する際の注意点とは?

次に、採用コンサルティングを導入する際の注意点についてお伝えします。

  • タイミングを図る
  • 過去の実績

タイミングを図る

採用コンサルティングを導入するタイミングによっては、採用業務全体に支障が起きることも考えられます。

タイミングとしては、初めの年間計画を立てる段階がベストでしょう。

過去の実績

実績のある採用コンサルティングに頼みましょう。

また、採用に関してはプロであったとしても、業界ならではの特徴などもあります。

各業界の特徴を把握している会社や、自社の同業他社において採用実績がある会社が理想的です。

採用コンサルティング会社5選

最後に、さまざまなタイプの採用コンサルティング会社をご紹介します。

会社の詳細や特徴を交えながら、解説していきます。

  • ネオキャリア
  • 船井総合研究所
  • カケハシスカイソリューションズ
  • ジーズコンサルティング
  • トライアンフ

ネオキャリア

ネオキャリアは、クライアントの要望に応じて柔軟に対応することができる企画開発が可能な会社です。

また就職エージェントからの送客も可能で、新卒、中途採用にも対応しています。

業界でも10年以上の歴史を誇り、クライアントに対するきめ細かなサービスには定評があります。

船井総合研究所

株式会社船井総合研究所は大手コンサルティング会社で、500名以上のコンサルタントが在籍しています。

100以上の業種に特化した専門のコンサルタントがサービスを提供しており、内定者の研修が充実しています。

カケハシスカイソリューションズ

最初の採用から入社までの年間を通してのサポートが可能で、各クライアントのオーダーメイドに対応することができます。

就職活動支援サイト「就キャス」を運営しており、企業と応募者とのミスマッチの防止に勤めています。

ジーズコンサルティング

採用に関するツールを豊富に用意しており、採用活動を行いながら同時にスピーディに改善も進めていくのが特徴の会社です。

就活予備校PRE-BIZを運営しており、学生のリアルな就活活動から最新の情報を提供できるのが強みです。

トライアンフ

自社で実験したソリューションを提供しており、オーダーメイド感覚のソリューションで問題を解決していきます。

クライアントの企業に入り込んで採用業務の支援を行うことで高いリピート率を誇っている会社です。

まとめ:採用コンサルティングは採用のプロ集団

新卒採用や中途採用においても、優秀な人材を確保するためには自社の限られたノウハウでは上手くいかない場合もあるでしょう。

そのような採用で行き詰った場合は、採用のプロ集団である採用コンサルティング会社にアウトソーシングするのも1つの選択です。

そうすることで企業の採用担当者の負担が軽減されますし、第三者に入ってもらうことで問題点に気付くこともあります。

また採用の市場は、情報量が成功を左右するとも言われており、めまぐるしく変わる採用市場の最新情報やノウハウなども豊富に蓄積されています。

それらを有効的に利用することで優秀な人材を確保できるようなるかもしれません。

是非、採用でお悩みなら採用コンサルティングに一度お任せしてみましょう。