女性採用を推進するためのポイントを解説!

女性の採用を増やしたい、女性が活躍できる職場にしたい、と思っても何から手を付ければいいのがが分からないと頭を抱えていませんか。

女性の採用を増やすには、女性のおかれている立場を理解することが重要になります。

少子高齢化が進んだ現代では、優秀な人材の確保はどこの企業も取り組んでいかなければいけない課題の1つです。

競合他社に優秀な人材を刈り取られる前に、いち早く女性の採用を促進し、長く勤めてもらう環境作りをしていきましょう。

そこで今回は、女性採用を推進するためのいくつかのポイントを解説していきます。

なぜ女性採用が重要視されてきたのか?

女性を雇用しようという企業はますます増え続けている現代社会ですが、なぜここまで女性採用が重要視されるようになったのでしょうか。

その理由として、日本における「ダイバーシティ」の浸透が考えられます。

「ダイバーシティ」とは、人種や性別、年齢、宗教など個人の多様性を認めあうことで、それらを積極的に活かしていこうという考え方のことです。

以前の日本社会は、一家の大黒柱は男性であるという固定概念からなかなか抜け出せていませんでした。

しかし現代の日本では少子高齢化が進み、働き盛りの男性だけに特化していては、深刻な人材不足に対応できなくなりました。

このような社会的背景があり、企業も女性の採用に本格的に取り組むようになってきたのです。

女性採用を推進するメリット

それでは企業が女性を積極的に採用していくメリットについて解説していきます。

  • 企業のイメージアップ
  • 優秀な人材の確保

企業のイメージアップ

メリットの1つ目は、女性を多く採用することでその企業のイメージアップに繋がる点です。

男性、女性を問わず能力がある人は長くキャリアを積み上げることができるという企業の評判は、その企業のブランディングになります。

例えば、「女性採用を積極的に行っている企業」として転職エージェントのようなサイトで特集されたりすると、幅広い方の目に届くようになり、これまで以上に優秀な人材が集まりやすくなるでしょう。

企業のイメージをアップするということは、知名度を上げることにも直結しますので、優秀な人材が自然と集まってくる環境になる可能性が高くなります。

優秀な人材の確保

メリットの3つ目は、男性、女性という枠組みに囚われずに優秀な人材を確保できる点です。

今まで男性限定にしていた部分を女性にも広げることにより、当然ですが対象者が増えます。

タクシー運転手の仕事は以前は男性だけでしたが、今では女性のタクシー運転手の方もいらっしゃいます。

女性客にとっては、女性のドライバーというだけで安心感を覚えますよね。

優秀な人材であるのであれば、男女問わずに採用していきましょう。

女性採用を推進する際の課題

最後に、女性の採用を推進する際の課題についてお伝えします。

  • 職場の雰囲気は最重要
  • 女性同士のコミュニケーションの場を提供
  • 長く働ける環境の整備

職場の雰囲気は最重要

女性は仕事の内容以上に、職場の雰囲気をかなり重要視していることが分かっています。

どんなやりがいのある仕事に就いたとしても、働く環境が整っていないとストレスに感じることもあるでしょう。

パワハラやセクハラをする上司がいた場合は最悪ですよね。

したがって、風通しの良い職場環境を整えるようにするべきです。

女性同士のコミュニケーションの場を提供

女性はさまざまなライフステージを歩んでいくことが多いため、同じ環境や境遇にいる人たちとの情報交換を重視しています。

出産、育児などを経験することで、その立場にいる人にしか分からない悩みもあるでしょう。

同じようなライフステージにいる女性たちの集まりを定期的に開催することにより、日頃の子育ての悩みを共有することができますので、気持ち的に楽になることもあるかもしれません。

女性同士のコミュニケーションを図れる場所を提供し、女性が働きやすい環境を整えることも企業の務めです。

長く働ける環境の整備

実は女性は長く働きたいと思っており、出産をしても継続して働きたいと思うママも意外と多いのが現実です。

生活費を稼ぐため、子育てしながらも社会と繋がっていたい、など理由もさまざまです。

しかし現状は、子育てした後の復職のイメージができないことが多く、余儀なく退職の道を選択する女性が多いのです。

早急に女性が長く働くことができる環境作りに企業全体で取り組むべきでしょう。

そうすることで、将来的に企業の中心的な存在になる女性を育成することが可能になります。

女性採用を推進するためのポイントを解説

それでは最後に、優秀な女性採用を推進するためのポイントを解説していきます。

  • 福利厚生の充実
  • 勤務形態の多様化
  • 女性の管理職への積極的な登用

福利厚生の充実

まず最初に挙げられるのは、福利厚生の充実になります。

妊娠、出産時というライフステージを迎える女性にとっては、産休・育休の取得は必須になってくるからです。

例えば産休や育休が終わり復職する際に、企業が受け入れ体制が整っていないと安心して休暇を取得することが難しいでしょう。

勤務形態の多様化

また家庭と仕事の両立をしているワーキングママにとって、急な事態でも対応できるように、勤務形態の多様化も必至です。

予想しない不測の事態でも出来る限り仕事に穴をあけたくないと思うママも多いからです。

例えば、自宅で子どもの面倒を見ながらパソコンで仕事ができる環境があれば、周囲に大きな迷惑をかけずに仕事をすることも可能になります。

そのようなさまざまな勤務形態を整えていくことで、人材の流出を抑えることにも繋がっていくでしょう。

女性の管理職への積極的な登用

日本の女性の管理職の登用は世界基準と大きな隔たりがあるのが現実です。

日本は以前より男性が大黒柱として家族を支える役割を担っているという考え方が浸透していたためです。

例えば、男性や女性などの性別に関係なく、ダイバーシティの考え方を用いることで、優秀な人材を確保でき、企業の損失の機会を摘むことにも直結します。

女性の管理職を増やすことは、世界の流れでもあり、優秀な人材確保にも有効的です。

まとめ:女性採用は早急に対応すべき課題

女性の採用は企業が取り組む課題の1つであることは間違いありません。

少子高齢化による深刻な人材不足を少しでも緩和するために、各企業も積極的に取り組みましょう。

いち早く女性の採用に対しての課題を全社で取り組み、女性が活躍できる土壌を整えることで、優秀な人材を確保できることができるはずです。