採用ツールを目的別に解説!その採用ツールは本当に必要ですか?

求職者より求人数の方が圧倒的に多い現代、求人をかける方法を模索している企業は多いのではないでしょうか。

ハローワークや合同説明会が大枠の窓口となっていた以前とは異なり、様々な採用ツールの台頭により、企業は求人を出しやすく、求職者は求人を見つけやすくなりました。

しかし、情報化社会の弊害か数多くの企業が広告媒体、ホームページ、エージェントなどを利用することで、情報が交錯し、より良い人材の確保が難しい時代となっています。

埋もれない採用ツールの新規作成、もしくは改善を考えている企業があれば、是非この記事を参考にしていただきたいです。

採用ツールとは

採用ツールとは、企業が人材を確保しようとする場合に活用するツール全般のことを指します。例えば、採用活動を行うためのリクルート専用ホームページや企業案内のパンフレット、就職説明会で使われるパワーポイントなどが挙げられます。

また、企業が自社や商品の宣伝を目的として、企業名や商品名称を入れて無料配布する記念品などのノベルティグッズ、合同説明会でのブースの装飾なども広義的に採用ツールに含まれます。

なぜ、採用ツールが必要なのか

時代の変遷に伴い様々な採用ツールが登場してきました。では、なぜ、採用ツールが必要なのでしょうか。時代の変遷によって変化した「就職活動市場の変化」と「情報化社会」という二つの側面から説明していきます。

就職活動市場の変化

時代の移り変わりによって、就職活動市場も変化していきました。最近では、企業が広報活動を始めるのが3月1日以降、採用選考は6月1日以降、内定日が10月1日以降となりました。

就職活動の期間が格段に短くなりましたが、そのために、学生はより短期間で企業研究、企業選択、応募、面接などを行う必要に迫られています。また、企業もより良い人材を短期間で見つける必要があります。

以上のことを考慮した結果、より効率的な採用ツールに注目が集まるようになっています。また、少子高齢化などの影響で労働人口自体が減少しているため、企業がより優秀な人材を見つけるためには、より効率化した採用ツールが求められています。

情報化社会

メディアが新聞やテレビに限定されていた以前とは違い、PCやスマホもメディアの媒体となりました。その結果、採用ツールも様々な姿に変化しています。

スマホが主流になった現代では、PCを利用せずとも採用に進めるツールのおかげで、求職者を獲得しやすくなりました。

ホームページやSNS、動画サイトなど様々な場所で企業アピールを行えるようになったこともあり、気軽に求職者が企業の情報を求めることができるようになったのです。

目的別・採用ツールの種類と活用法

採用ツールが多様化してきた昨今ですが、それぞれのツールによってメリット・デメリットは変わってきます。ここでは、それぞれ目的に合う採用ツールを紹介していきます。

  • 採用サイト
  • SNS
  • 採用パンフレット
  • 採用ポスター
  • 会社説明会

採用サイト

現代の採用ツールの中では定番となっているのが採用サイトです。このツールでは、企業に興味を持った求職者がアクセスし、採用のステップ(「説明会参加」や「応募」)へ導く役割を持っています。

メリットとしては、企業の情報を知りたい求職者に対してより多くの情報を提供することができます。そのため、応募の前段階で、企業と求職者のマッチング機能を担ってくれます。

デメリットとしては、企業に興味のない求職者からのアクセスがほとんど見込めない点です。

SNS

SNSは新しく台頭してきた採用ツールと言えるのではないでしょうか。SNSのメリットは、企業の公式ホームページではなかなか載せられない現場の声や実際に働く人のリアルタイムな意見を聞けることです。

業務だけに限らず、社内イベントやランチタイムの一コマなど、より身近に感じられる情報があれば、求職者にとっても親しみやすいです。

また、求職者が企業に興味を持ってアクセスすることもあれば、SNS上で拡散され、企業に興味のない求職者にも企業情報が伝わるツールでもあります。

デメリットは、炎上やアカウントの乗っ取りなどのトラブルが多いという点です。SNSに投稿する際のルールをしっかり決めて、火種になりそうな情報を発信しないよう心掛ける必要があります。

採用パンフレット

採用パンフレットは、情報化社会以前よりずっと利用され続けている定番ツールです。

採用パンフレットのメリットは、採用サイトと違い、企業に興味のない求職者に対して配布することができるという点です。

手元に残るため、求職者の印象に残りやすい採用ツールです。デメリットは、採用サイトに比べると情報量が少なくなるという点です。

採用ポスター

採用ポスターも以前から利用されていた採用ツールの一つです。採用ポスターの目的は、求職者に興味・関心を抱いてもらうことです。

メリットは、多くの求職者が目に触れる場所に置けば、興味を引いた求職者が「説明会」や「応募」へ進んでくれるという点です。

デメリットは、活用できる場面が限定される点です。そのため、より大勢の求職者を求める場合には向きません。

会社説明会

会社説明会も以前から利用されてきた採用ツールです。

会社説明会の最大のメリットは、企業に関心のある求職者が、企業の人事担当と会話ができる点です。実際に企業で働く人と触れ合うことができるため、実際の企業の様子や雰囲気が伝わりやすいです。

デメリットは企業に関心のない求職者に対してアプローチできない点です。

必要に応じて採用管理ツールも導入する

採用管理ツールをご存じでしょうか。従来だと採用業務が採用担当に集中し、エクセルなどで進捗を把握していたものが、採用フローをひとまとめにして一元管理することができます。

採用業務をコンパクト化したい企業は必見です。

  • ①採用管理ツールとは?
  • ②採用管理ツールを導入するメリットは?
  • ③採用管理ツール3選

①採用管理ツールとは?

採用管理ツールとは、応募から採用までに渡るプロセスを、一つのシステム上で一元管理できるツールのことです。英語だとATS(Applicant Tracking System)と表記されます。

これを直訳すると、「応募者追跡システム」となります。従来、応募から採用までのプロセスをエクセルなどで管理してきた企業が多数かもしれませんが、採用管理ツールを利用すると、一つのシステム上で目で見て進捗が把握できるようになります。

②採用管理ツールを導入するメリットは?

採用管理ツールを導入すると、採用業務がコンパクト化できます。業務がコンパクト化すると、採用担当だけでなく、実際に現場で働く社員が、求める人物像の策定に主体的に関わることができるようになります。

現場で働く社員が採用に主体的に関わるようになれば、採用された人材と実際現場が求める人材のミスマッチを減らすことができます。また、応募者と気軽にやり取りができるツールもあるため、よりフレキシブルに採用業務を行えます。

③採用管理ツール3選

様々な採用ツールを用途に合わせて取捨選択することが求められる時代ですが、そんな時代だからこそ採用管理ツールは非常に便利です。ここでは、3つのおすすめ採用管理ツールをご紹介します。採用管理ツールをご検討中の方は、是非ご参考にして下さい。

HERP ATS

HERP ATSは、現場社員が採用に携わる工夫が随所に盛り込まれた採用管理ツールです。

タイムライン上で応募者についての評価や選考に関わるやりとりを行うことができるため、社員全員が採用の状況を見ながら関わることができます。

予定管理機能やリマインド機能も充実しているため、現場社員が採用に関するアクションを遂行できるサポートも整っています。

導入した際の月額費用は69,800円と少し高額ですが、見やすさ使いやすさが抜群なのでおすすめです。

ジョブカン採用管理

ジョブカン採用管理のおすすめポイントは、月額費用が比較的安いという点です。

初期費用がかからず、ベンチャー企業や中小企業など、月の採用候補者数が比較的少ない場合は、月額8,500円から利用することができます。

費用が安いからツールの機能が不十分ということはなく、見やすい機能が揃っています。

採用一括かんりくん

採用一括かんりくんは内定承諾率を上げたい企業におすすめの採用管理ツールです。

ログイン頻度や回数など内定者コミュニティへの積極性から辞退危険度を判断し、アラート表示で知らせてくれます。

そのため、どの学生をフォローしていけばいいのか一目でわかるようになっています。

今まで、内定から採用までに辞退者が多かったという企業におすすめの採用管理ツールです。

まとめ:採用管理ツールは情報化社会の中で一歩先へ行ける

多種多様な情報が交錯し、様々な媒体を使って求人に応募できるこの時代、以前よりはるかに簡単に求人へアクセスしやすくなりました。

より多くの人とより効率的に関わっていくためには、採用管理ツールがおすすめです。

従来の採用ツールを駆使したうえで、すべてを一元化して管理できる管理採用ツールがあれば、現代の中でも一歩先を行く採用選考ができるのではないでしょうか。