社内研修の内容・種類・目的とは?【新入社員向け】

人事担当者にとって頭の痛い問題なのが、新入社員がなかなか戦力にならない、というケースです。

「学生気分がなかなか抜けなくて上司に頼りきり」といったケースも珍しくありませんよね。

そこで当記事では、新入社員を急成長させるための社内研修の内容や種類、そして目的について徹底解説します。

この記事を読めば、新入社員の育て方がわかり、業務が円滑に進むようになります。

ぜひじっくり読んでみてください。

おすすめ記事:【組織作り】企業戦略をスムーズに実行できる組織の作り方

新入社員向け社内研修の目的とは?

新入社員向けの社内研修は「社会人としての自覚を持たせるため」、さらには「早期離職の防止」にも役立ちます。

こちらではなぜ新入社員向けの社内研修が重要であるのかを徹底解説します。

何も考えずに新入社員を研修しても意味がありません。

人事側も目的を持ち、新人にも目的を意識させることが重要です。

  • 新人を早期戦力化させる
  • 企業・事業への理解を深めてもらう
  • 社会人としてのスキルを習得させる

新人を早期戦力化させる

業務を円滑に進めるためには、一日も早く新人に戦力になってもらう必要があります。

つまり、配属先の現場で役立つ実践的な教育をするのも社内研修の目的なのです。

社会人未経験の新人側からすると会社の仕事はわからないことだらけです。

新入社員がわからないことを理解し、その上で教育することが極めて重要。

社内研修の内容に「学生と社会人との違い」を明確に伝える場面を含めましょう。

社会人としての自覚をもたせることも早期の戦力化に大きく関わってきます。

企業・事業への理解を深めてもらう

企業理念
事業目的

社内研修では、新入社員に以上の2つを徹底的に理解してもらうことが重要です。

言葉ではわかっていても、しっかりと中身まで理解していないケースも珍しくありません。

まずは

会社の一員として何をしたら良いのか
自分の役割は何なのか
どのような目標を設定したら良いのか

以上を考えさせましょう。

一つ一つを明確に理解できることで労働意欲も高まり、早期離職が防げる可能性も出てきます。

社会人としてのスキルを取得させる

社会人として身につけておくべきマナーや基本行動などを身につけてもらう目的でも社内研修は実施されます。

社会人として働くということは、社内の先輩だけではなく顧客や取引先など社外の様々な人とも接する機会が出てきます。

「社員の印象=会社の印象」となることを覚えてもらい、社会人としての常識ある振る舞いをしてもらわなければなりません。

社会人スキルを習得させることで、新人にも自信が生まれやすくなります。

仕事が楽しくなるなどの良い効果も現れ、仕事への意欲を向上させるのにも役立ちます。

新人向け社内研修の内容とは?

新人向けの社内研修の内容についてお伝えします。

何も考えずに流れて研修を行っていませんか?

新人の育成を成功させるためには、目的を明確に持ち、その目的を達成するために何をしたら良いのかを考えるべきです。

こちらでは特に重要な社内研修の内容を3つ紹介します。

  • ビジネスマナー研修
  • IT研修
  • 対人力研修

ビジネスマナー研修

新人のビジネスマインドを作り上げるために行われる研修です。

最も基本的な研修であり、最重要な研修と言っても過言ではありません。

社会人としての自覚をもたせることが目的で実施され、講師を正しく切り替えさせるようにし、気持ちを引き締めさせます。

ビジネスマナー研修では、挨拶や敬語の使い方、さらには言葉遣いなどといった基本的なことが取り扱われます。

「報連相」についても徹底的に教えこまなければなりません。

ビジネス文書やビジネスメールの作成方法もこちらの研修で教育してください。

IT研修

ITを駆使しての情報発信やプロモーション、マーケティングなどの行い方を教える研修です。

多くの会社でデジタル化が進み、IT研修が必須になっています。
ビジネス環境は大きく変化しており、その最たるものがITといって過言ではありません。

RPA(ホワイトカラーの業務を自動化するシステム)を取り入れていたり、テレワークを導入していたりする企業も増えています。

IT研修では、ネットを駆使した情報の取集や精査法法などを学びます。

会社で業務に使っているビジネスソフトの操作方法も教えましょう。

対人力研修

話す力や伝える力。読み取る力やコミュニケーション能力を高めるために実施される研修です。

職場に実際に配属されて働き始めると、多くの人と関わりを持つようになります。

様々な思考を持った人々と協力していかなければなりません。

相手の気持を正しく読み取ったり、自分の意見を正確に伝えられたりする能力を高めるために行われる研修なのです。

新人向け社内研修を確実に成功させる方法3つ

新人向けの社内研修は何度もできるものではないため、確実に成功させなければなりません。

こちらでは新人向け社内研修を確実に成功させるために必要なポイントを3つに絞って徹底解説します。

過去に新入社員の教育に失敗した経験がある人事担当者は必見です。

  • 適切な研修形態を選ぶ
  • 現場と連携する
  • 研修会社の利用も検討する

適切な研修形態を選ぶ

新入社員研修にも複数の形態があるため、状況に合わせて適切なものを選ぶ必要があります。

たとえば、より多くのことを伝えなければならない時には「座学」がおすすめです。

講師の話を聞くスタイルの研修であり、研修内容の触りを全体に伝えるのにも役立ちます。

また、「グループワーク」という研修形態もあります。

新人をいくつかのグループに分けて課題を与え、チームで取り組ませるものです。

役割分担や協力を覚えさせるための研修形態です。

ほかにも「ロールプレイ」など様々なものがあり、状況によって研修形態を変えることも新人向け社内研修には必要ですよ。

現場と連携する

新人の配属された職場と連携し、より効率的な研修を実施する必要があります。

いま新入社員にはどのような課題があるのかを明確にし、その課題を改善するために研修は実施されなければなりません。

現場(新人の配属先)と課題および計画を共有することから始めましょう。

連携に失敗すると、人材育成が非効率となり離職などの様々なリスクにさられれることにもなります。

研修会社の利用も計画する

社内研修にこだわるのではなく、状況に合わせて研修会社の利用も検討しましょう。

社内研修だけにとらわれる必要はありません。

新人の成長は会社の財産となります。

10年先や20年先にも大きな影響を及ぼす可能性があるからです。

自社に人材育成のノウハウがない場合には、新人研修のスペシャリストにお願いしたほうが効率的です。

一部を委託することも可能ですし、すべてをお願いすることも可能です。

もしも外部に委託するのであれば、実績があり信頼できるところにお願いしましょう。

新入社員だけじゃない!社内研修の種類とは?

社内研修は新入社員だけのものではありません。

中堅社員や管理職を対象にしたものも実施されます。

こちらでは新入社員向け以外の社内研修の種類についてお伝えします。

新入社員向け研修しか実施していない、といった会社の人事部は必見です。

  • 中堅社員研修
  • 管理職研修
  • 職種別研修

中堅社員研修

中堅社員としての役割を教育するための研修です。

中堅社員となると、後輩社員も多くなり指導する場面も出てきます。

後輩社員への適切な指導法を学ばせることは、会社が大きく成長するためには必要不可欠なものです。

上司と後輩社員に板挟みになって嫌になって離職してしまうこともあるのが中堅社員。

中堅社員の離職率を下げるためにも研修は必須です。

管理職研修

主に職場でのリーダーシップのとり方を学ぶための研修です。

管理職は高いマネジメント能力が求められるとともに、自身の業務もあるので結局はすべての仕事が中途半端になることも珍しくありません。

そこで管理職の仕事を効率的に行ってもらうための研修が実施されるわけです。

管理職研修では、業務管理の方法や就業管理の方法、職場でのコミュニケーションの考え方などを学びます。

職種別研修

会社のポジションごとにも研修が行われます。

職務能力を鍛えるため、それぞれの職位ごとに実施されるのです。

営業社員に関しては営業研修、エンジニアに関しては技術者向け研修。事務職や経理職に関してはバックオフィス向け研修が実施されます。

細分化された研修を行うことで、より特化した能力を身に着けてもらうのが職種別研修の目的です。

社員一人一人のスキルを向上させるために、社外から講師を招くケースも珍しくありません。

社内研修の流れ

社内で実施される研修の流れについて3つに分けて解説します。

より効果的な研修を行うためには、一つ一つのステップが極めて重要です。

流れの内容を理解し、効率的な研修を実施しましょう。

  • 研修目的の決定
  • 研修プログラムを決定し実施
  • 研修後の確認

研修目的の決定

なぜ研修を実施するのかを決めます。

新人社員を鍛えたいのでしょうか?
社員のモチベーションを高めたいのでしょうか?
コミュニケーション能力を高めたいのでしょうか?
営業成績を上げたいのでしょうか?

研修の実施を考えているということは、会社の課題がすでに見えているはずです。

その課題をクリアするための研修ですよね。

まずは研修の目的を明確にして、達成するためにはどういった内容にすればよいかを考えましょう。

研修プログラムを決定し実施

会社の課題から導き出された研修プログラムを決定し、実際に行います。

自社で行う研修なのか、それとも外部から講師を招くような研修にするのかを決めるのです。

会社に蓄積されているノウハウで十分に対応できるような研修内容であれば、わざわざ外部に委託する必要はありません。

外部委託はコストも掛かるので避けたいと持っている企業も多いでしょう。

一方で社内では対応しきれない、というケースは迷いなく外部に委託すべきです。

研修後の確認

研修は行って終わりではなく、効果を測定する必要もあります。

社内研修に参加したメンバーの成果を検証して評価します。

研修後の検証をしなければ、研修が正しかったのか、それともダメだったのかがわかりません。

今後の社内研修の内容を決めるためにも、研修後の効果測定は必ず実施しましょう。

注目して欲しいのは、研修で教えたことが「実務に活かされているのか」という部分です。

実務に活かされないことを研修で教えたとしても何の意味もありません。

社内研修 まとめ

会社を急成長させるための新人向け中心に社内研修についてお伝えしました。

まずは研修の目的を明らかにし、その上で内容を策定していくことが大事です。

なぜ研修が必要なのかを明確にすることで、より効果的な研修ができるからです。

また、社内研修は新人向けのものだけではありません。

中堅社員向けや管理職社員向けのものもあります。

会社としての成長を願うのであれば、定期的な研修の実施を検討しましょう。

今回の記事で、新入社員向け社内研修の内容・種類・目的がわかったはずです。

新人向け研修の時期が来たらぜひ参考にしてくださいね。