プロジェクトマネージャーの役割とは?具体的な仕事内容や関連スキルと資格をチェック!

プロジェクトをスムーズに進める役割を持つ社員は、多くの企業にとって欠かせない存在となっています。

計画された企画に対して責任を持つ総合的な立場が確立されていないと、その後の計画進行に支障が出る可能性があるでしょう。

そこで確認しておきたいのが、「プロジェクトマネージャー」という存在とその役割についてです。

事業におけるプロジェクトマネージャーの役割を把握できれば、企画全体が進めやすくなるでしょう。

こちらではプロジェクトマネージャーの基本的な役割にスポットを当て、その仕事内容や関連するスキルなどに注目していきます。

プロジェクトマネージャーとなる立場の人がいない、もしくはどのような役割があるのかわからないという場合には参考にしてみてください。

おすすめ記事:【組織作り】企業戦略をスムーズに実行できる組織の作り方

プロジェクトマネージャーの3つの役割とは?

プロジェクトマネージャーは、各企画における重要な役割を担います。

まずはその役割を明確にして、プロジェクトマネージャーの必要性を把握していきましょう。

  • 役割①:プロジェクトを完遂させるための責任者
  • 役割②:企画の準備と調整
  • 役割③:チーム内で発生するトラブルの処理

役割①:プロジェクトを完遂させるための責任者

社内で発足したプロジェクトの完遂をサポートする総合責任者という立場が、プロジェクトマネージャーの基本的な役割となります。

企画をゴールさせるために必要なポイントを把握して共有し、状況に即した臨機応変な対応を行うこと。

それがプロジェクトマネージャーに任せられる役割です。

役割②:企画の準備と調整

プロジェクトの総合責任者という役割を持つプロジェクトマネージャーには、様々な仕事があります。

例えば、企画の準備として

・メンバーの選定
・予算の確保
・具体的なスケジュールの決定

などが主要業務として挙げられますね。

役割③:チーム内で発生するトラブルの処理

また、計画の微調整やあらゆるリスク管理など、実際に企画が走り出してからも様々な役割を担います。

例えば、チーム内で発生する各種トラブルへの対応もプロジェクトマネージャーの役割の1つです。

チーム内のトラブルはプロジェクトの遅延や停滞を引き起こし、最悪の場合中止にまで発展するかもしれませんよね。

そのため、プロジェクトを完遂するためには、人間関係のもつれや伝達ミスなどを帽子し、常に快適な職場を整備する役割も非常に重要なポジションと考えられます。

プロジェクトマネージャーの3つの仕事

プロジェクトマネージャーの役割を実行するには、企画中にいくつかの仕事を担う必要があります。

具体的な仕事内容をチェックして、プロジェクトマネージャーとして働く際の基本的なポイントを知っておきましょう。

  • 仕事①:プロジェクトのゴールを設定する
  • 仕事②:プロジェクト管理
  • 仕事③:プロジェクト全体の評価

仕事①:プロジェクトのゴールを設定する

プロジェクトのゴールの設定は、プロジェクトマネージャーの重要な仕事です。

利益や成果に関する目標を定めることで、チームとしての方向性を示しながら事業を進行させられます。

クライアントへのヒアリングやフィージビリティ(計画の実現性や実現可用性)を加味した上での提案を行い、その事業における最適なゴールを見つけ出すのがポイントです。

初期段階でゴールの設定を間違えれば、事業の全てが無駄になる可能性もあるため、プロジェクトマネージャーの重要性が再認識される仕事になるでしょう。

仕事②:プロジェクト管理

プロジェクトの進行を管理することも、プロジェクトマネージャーの仕事です。

予定通りに計画が進まない事態を防ぐためには、こまめに業務の実態の把握と軌道修正を行わなければなりません。

常に業務の問題点と改善点を即座に認識して現場に伝えることが、プロジェクトマネージャーの仕事の一環になるでしょう。

仕事③:プロジェクト全体の評価

プロジェクトの終了後、過程や成果を参考にフィードバックを行うこともプロジェクトマネージャーの仕事です。

個々の作業量は適切だったか、トラブルへの対処は迅速に行われたか、目標とする成果を達成できたかなど、あらゆる角度からプロジェクト全体を精査します。

実際に得られた結果やデータを評価して、次につなげることを意識しましょう。

同時に、自身のプロジェクトマネージャーとしての仕事ぶりを評価することも大切です。

会社から求められる役割をまっとうできたかどうかを、第三者からの評価できちんとチェックする仕組みを作っておきましょう。

プロジェクトマネージャーに求められる3つのスキル

ここまで、プロジェクトマネージャーの役割と仕事について説明をしました。

それでは次に、それらの役割と仕事を全うするために必要な「プロジェクトマネージャーのスキル」について確認していきましょう。

  • スキル①:計画力
  • スキル②:決断力
  • スキル③:全体を見渡せる広い視野

スキル①:計画力

プロジェクトマネージャーに求められるスキルの1つが、計画力です。

計画を立てるためには、納期の設定やロードマップの作成など様々な仕事をこなさなければなりません。

プロジェクトを実現するまでの工程を描く計画力は、プロジェクトマネージャーに欠かせないスキルになります。

また、ただ計画を立てるだけでなく、その有用性を周囲に理解させる能力も計画力には含まれます。

プレゼンのための準備も合わせて行い、クライアントやメンバーを納得させた上でプロジェクトを実行できるようにしましょう。

スキル②:決断力

どんなに詳細な計画を立てても、時にはやってみなければわからないこと、実際にやってみて市場のフィードバックを確認しなければならないものが少なからず出てくるもの。

その時に必要なのが、決断をする力です。

そして、プロジェクトにまつわるあらゆる事柄を判断するのは、プロジェクトマネージャーの役割となります。
プロジェクトマネージャーは意識して業務中の決定権を行使し、メンバーに負担がかからないようにサポートするのがポイント。

企画の方向性や納期の変更といった重要なものだけでなく、日常業務におけるささいな決定なども積極的に担っていくことが大切です。

決定を先延ばしにすると、プロジェクトの遅延や問題発生につながる可能性が出てきます。

現場の混乱の元になるので、立場を理解して決定するタイミングを見誤らないようにしましょう。

スキル③:全体を見渡せる広い視野

プロジェクトマネージャーは企画の管理者として機能するために、業務全体を見渡せる広い視野を身につけることも必要です。

視野を広げるには、普段からメンバーとコミュニケーションを取り、業務の進捗をこまめに確認することが肝心になります。

全体を把握できていれば、トラブルによる二次被害を防いだり、メンバー同士のコミュニケーション不足を補ったりすることが可能です。

プロジェクトを円滑に進めるのに役立つスキルになるので、プロジェクトマネージャーの役割を担う際には自分が見るべき対象を広げることを意識してみてください。

プロジェクトマネージャーに向いている人の3つの特徴

では、上記のような役割・仕事・スキルを求められるプロジェクトマネージャーには、一体どのような人が適任なのでしょうか?

プロジェクトの成否を決めると言っても過言ではないプロジェクトマネージャー。

ぜひ適した人に任せたいですよね。

そこで次に、プロジェクトマネージャーに向いている人の3つの特徴について確認をしていきましょう。

  • 特徴①:マルチタスクが得意な人
  • 特徴②:積極的なコミュニケーションが取れる人
  • 特徴③:企業の利益を考えられる人

特徴①:マルチタスクが得意な人

複数の作業を並行できるマルチタスクが得意な人ほど、プロジェクトマネージャーに向いている傾向があります。

同時に仕事を進めたり、隙間時間を有効に利用したりすることが得意だと思うのなら、プロジェクトマネージャーの役割を務めることも可能でしょう。

プロジェクトマネージャーはどうしても、ひとつのことに集中するより周囲のサポートを含めてさまざまな作業に手を付けることが多くなります。

プロジェクトマネージャーになる際には普段からマルチタスクを実践して、その手法に慣れておくことがおすすめです。

特徴②:積極的なコミュニケーションが取れる人

プロジェクトマネージャーの業務には積極的なコミュニケーションが欠かせません。

そのため、コミュニケーションが得意な人ほど向いています。

適切なチームコミュニケーションに加え、時には外部の人との適切な連携が求められることもあるでしょう。

注意したいのは、誰とでも仲良くなれるコミュニケーションが必要なのではなく、仕事を円滑に進めるための意思疎通が取れることが重要だということです。

周りの意見をしっかりと聞き入れ、その上で自分の考えを発信できる人が望ましいでしょう。

特徴③:企業の利益を考えられる人

企業への利益を最大限に考えられる人ほど、プロジェクトマネージャーに向いています。

いわゆる部分最適ではなく、全体最適の思考を持てている人のことを指します。

何も考えずにコスト削減だけを意識する、仕事のスピードのみを重視する、メンバーのモチベーション管理を重視してやるべきことができていない、など偏った考えで行動してしまう人は注意が必要です。
常に企業の利益の最大化を考え、あらゆる視点で物事を判断できる人材を選びましょう。

プロジェクトマネージャー(PM)とプロジェクトリーダー(PL)の役割の違い

プロジェクトマネージャーに近い立場としてよく挙げられるのが、プロジェクトリーダー(PL)です。

果たしてどんな違いがあるのかわからない方も多いのではないでしょうか?

そこで次に、プロジェクトリーダーとプロジェクトマネージャーの役割の違いについて確認していきましょう。

  • プロジェクトリーダーとは?
  • 現場でリーダーシップを取るのがプロジェクトリーダーの役割
  • どちらが偉いといったことはない

プロジェクトリーダーとは?

プロジェクトリーダーとは、プロジェクトマネージャーの補佐的な役割を担うポジションです。

企画を成功させるために尽力したり、チームを管理したりといった基本姿勢は同じですが、より現場に近い位置で行動することが増えます。

プロジェクトマネージャーと協力して企画を動かしていく立場として、プロジェクトリーダーもまた多くの企業で重宝されるでしょう。

現場でリーダーシップを取るのがプロジェクトリーダーの役割

主に仕事現場でリーダーシップを取ることが、プロジェクトリーダーの役割です。

プロジェクトマネージャーが全体を管理しやすくなるように、特定の領域の情報やメンバーの状況をまとめて伝達するのが仕事になります。

問題が発生した場合に即座に対応したり、より良いアイデアが見つかった際にはプロジェクトマネージャーと話し合ったりすることも重要な業務です。
現場を中心にプロジェクトマネージャーのサポートになるように動くのが、プロジェクトリーダーの役目になるでしょう。

どちらが偉いといったことはない

一般的にはプロジェクトリーダーが特定の領域を管理し、プロジェクトマネージャーはその企画全体を管理します。

そのためプロジェクトリーダーよりも、プロジェクトマネージャーの方が立場が上と考えられることが多いです。

しかし、リーダーシップとマネジメントでは求められる役割もスキルも大きく異なります。

上下関係ではなく、それぞれがそれぞれの役割を果たすために協力しあえる状況こそが理想的です。

プロジェクトマネージャーに資格は必要?

プロジェクトマネージャーに就く際に気になるのが、資格の必要性です。

資格がないとプロジェクトマネージャーになれないのか?

資格を持つことでメリットがあるのか?

そんな疑問を持つ場合には、以下を参考にしてみてください。

  • 資格は必須ではないがあると就職に有利&年収アップにつながる!
  • 1.プロジェクトマネージャ試験
  • 2.基本情報技術者試験

資格は必須ではないがあると就職に有利&年収アップにつながる!

特定の資格がなくてもプロジェクトマネージャーになることは可能ですが、所有することで就職に有利になったり、年収アップにつながったりするケースはあります。

今後のことを考える際には、プロジェクトマネージャーに関係する資格を取得することも検討されるでしょう。

特におすすめされるのが、「プロジェクトマネージャ試験」と「基本情報技術者試験」です。

プロジェクトマネージャーとしての力量を客観的に示す必要があるときは、各資格の取得を目指して学習を進めてみましょう。

1.プロジェクトマネージャ試験

情報処理技術者試験の試験区分のひとつとして実施されている「プロジェクトマネージャ試験」は、その名前の通りプロジェクトマネージャーの能力を示す資格です。

取得のためには組織戦略やシステム全般における基本的なポイントの把握、実行可能なプロジェクトの計画、チーム全体を統一してのマネジメント、あらゆる変化への適応と管理などが求められます。

試験は4つの区分で分けられ、それぞれ多肢選択式、記述式、論述式による出題形式が実施されます。

参考:https://www.jitec.ipa.go.jp/1_11seido/pm.html

2.基本情報技術者試験

ITエンジニアが取得を目指す「基本情報技術者試験」も、プロジェクトマネージャーになるときに注目される資格です。

資格の取得はシステム開発などの技術的な面だけでなく、情報技術に基づいた計画を立案する力の証明にもなります。

情報技術に関する予測や評価をする能力が求められるので、基本情報技術者試験の学習を進めることでプロジェクトマネージャーに役立つスキルの獲得も目指せるでしょう。

試験は午前と午後の2部構成となり、多肢選択式による解答方法が採用されています。

参考:https://www.jitec.ipa.go.jp/1_11seido/fe.html

まとめ:プロジェクトマネージャーの役割をまっとうするための準備をしよう!

プロジェクトマネージャーの役割は企業における柱であり、企画を成功させる要でもあります。
その重要性を改めて把握して、理想的なプロジェクトマネージャーになれるように準備を進めていきましょう。

プロジェクトマネージャーに求められるスキルや役立つ資格を知ることで、その立場に対する理解を深めることができます。

自分自身がプロジェクトマネージャーとなる場合はもちろん、プロジェクトマネージャーと一緒に仕事をする人も、この機会に基本的な概要をチェックしておくことがおすすめです。