人事考課の意味とは?目的から人事評価との違いまでを分かりやすく解説しました

この記事では、「人事考課って何?何の意味があるの?人事評価と何が違うの?」という疑問を解消するために、人事考課を行う意味や目的について詳しく解説していきます。

おすすめ記事:【組織作り】企業戦略をスムーズに実行できる組織の作り方

人事考課の意味とは?どんな制度なのか

人事考課とは、社員の業務遂行力、貢献度、業績、能力をある一定の基準や期間を設けて査定をし、その結果を給与や昇進などに反映させる仕組みのことを指しています。

意味が分かりにくいと思いますので、少し噛み砕いて説明していきますね。

  • 人事考課を行う意味や目的
  • 人事考課の対象となる項目
  • 人事考課と人事評価の違いとは

人事考課を行う意味や目的

人事考課の目的は、人事評価を社員の昇進や給与アップなどの査定に反映することです。

そのため人事考課は、社員にとっても非常に重要な意味を持つものと言えます。

そして、人事評価と人事考課は、厳密には意味が異なります。

詳しく解説していきますね。

人事評価の3つの項目

人事評価では、目標達成度、能力、姿勢(コンピテンシー)といった項目で評価するのが一般的です。

1.目標達成度

期の初めに立てた部署目標、個人目標の達成度合いを評価します。

営業では売り上げ額を目標としたり、マーケティングでは新規顧客獲得数を目標とするなど、具体的な数字を目標に設定しておくのが望ましいですね。

2.能力

目標達成のためにどんな能力を発揮したか、またはどんな能力を新たに身につけたり伸ばしたりしてきたか?を評価します。

例えば部署目標達成のためにマネジメント能力を発揮した経験や、新たな能力を身につけるために外部研修に参加をしたり、資格を獲得するなどといった結果が評価される項目です。

3.姿勢(コンピテンシー)

コンピテンシーとは、自社で高い業績を残している人の行動特性のことを指します。

そのため、細かい項目は企業によって異なってきます。

高い業績を残している人と同じ行動、姿勢で取り組むことができれば、より目標達成の可能性が高まるという考えから重要視されている項目です。

人事評価と人事考課の違いとは

人事評価はこのように、社員ごとの評価を周りと比較せず「絶対評価」で評価します。

企業としては、目標達成のためにどれだけ行動してくれているのか、能力を発揮または伸ばしてくれているのか、結果としてどれだけ目標を達成してくれているのかを知ることができます。

そして社員としても、人事評価は自身の成長と貢献度を適切に評価してもらうための重要な機会です。

 

しかし、絶対評価である人事評価には、社員の評価を昇進や給与アップなどの査定に反映するには不十分です。

もし社員全員が自身の立てた目標を達成していたからといって、社員全員を昇進させ給与をアップさせるということは現実的に厳しいですよね。

そこで必要になるのが、人事評価を相対的に評価し査定をする「人事考課」です。

このように、人事評価と人事考課には「絶対的評価」か「相対的評価」かといった違いが存在します。

人事評価と人事考課を明確に区別しない企業がほとんど

とは言え、この相対評価を見える化して社員に伝えることは簡単なことではありません。

「目標は達成しているけれどあの人の方が相対的に上だったから昇進した」とはなかなか言えるものではありませんよね。

そのため、例えば昇給などは絶対評価をもとに「Sランクならいくら、Aランクならいくらアップ」と決めて運用をし、昇進するかどうかは明確な基準を設けずに、見えない裏での人事考課で決めている企業も多いのではないでしょうか。

結果として、表向きには人事考課も人事評価も明確な区別せずに運用しているというのが実情だと言えます。

まとめ:人事考課の意味を理解して正しく運用しよう

上記で解説したように、人事考課は社員の昇給や昇格を決める重要なイベントです。

人事考課をする側は相対的に評価し査定を決めますが、人事考課をされる側としては「良い評価をもらったはずなのにどうして昇格しないの?」と不満を抱える結果につながることもあるでしょう。

明確な解決方法はありませんが、事前に「人事考課と人事評価の違い」を説明し、社員からの理解を得ておく方が人事考課の結果を受け入れてもらいやすくなるかもしれませんね。

その際には、ぜひ今回解説した内容を参考にしていただければと思います。