アプリ開発の依頼先の考え方とは?注意点、ポイントまで解説

アプリ開発は自社メディアを広める手段のひとつですが、社内だけでは具体的な開発を進めることが難しくなります。

場合によっては中途半端な状態で頓挫したり、想定していたアプリの機能が実現できない可能性もあるでしょう。

そこで考えられるのが、プロの外注への依頼です。

アプリ開発をメインとしているプロに依頼すれば、理想とするシステムの作成を進めることができるでしょう。

こちらではアプリ開発の依頼先の種類と、考え方や注意点について解説していきます。

アプリ開発を計画しているのなら、この機会に外部へ依頼を行うための準備を進めてみましょう。

アプリ開発の依頼先は2つ

アプリ開発を依頼する場合、基本的に「アプリ開発会社」か「個人のエンジニア」のどちらかを選択することになります。

以下からそれぞれの特徴をチェックして、どのようなメリットがあるのかを知っておきましょう。

  • アプリ開発会社
  • 個人のエンジニア

アプリ開発会社

アプリ開発を専門としている企業は、最初に考えられる依頼先となります。

近年は専門的な技術力を有した企業が増えているので、完成度の高いアプリの制作が可能です。

優秀なエンジニアが集まっている専門企業に依頼を行えば、より良いアプリを作成するためのアドバイスなどを得られることもあります。

専門家の意見を参考にできる点などは、アプリ開発会社に依頼するメリットになるでしょう。

一方で、企業ごとに開発力や得意分野にばらつきがあるため、必ずしも大手を選べばいいというわけではありません。

アプリの方向性によっては、その分野に特化している中小企業やベンチャーの方が、高いコストパフォーマンスで開発できる場合もあるのです。

また、大手のアプリ開発会社の場合はある程度のコストが必要となるため、金銭的な負担がかかる可能性もあります。

アプリ開発会社を依頼先に選ぶ場合には、知名度だけを理由に委託するのではなく、自社との相性やコストをチェックした上で選択するのがコツとなります。

個人のエンジニア

フリーランスとして働いている個人のエンジニアへの依頼も、アプリ開発を外注する際の選択肢になります。

個人で活躍している優秀なエンジニアを見つけることができれば、魅力的なアプリの開発につなげられます。

個人との契約になるためコスト面も抑えることが可能で、規模の小さなアプリの計画も行いやすいです。

現在はフリーへの転身を考えるエンジニアも多く、高いスキルを持つ個人を見つけることも可能でしょう。

クラウドソーシングなど個人エンジニアを探せるサービスも豊富なので、企業ではなく個人との提携を優先するのもおすすめされます。

ただし、個人エンジニアへの依頼の場合は、こちらから開発に関する指示を積極的に行っていく必要があります。

完全にエンジニア任せにしてしまうと、アプリ開発における計画が遅延したり、想定していた内容とは違うものになったりといったリスクがあるのです。

個人のエンジニアのメリットを活かすためにも、コミュニケーションを重視した関係性を構築するのがポイントになります。

アプリ開発の依頼先の考え方

アプリ開発を依頼する場合、依頼先についてどのような考え方を持つべきかも重要になります。

アプリ開発会社と個人のエンジニアそれぞれに依頼するケースを考えて、どちらを選ぶべきか検討してみましょう。

  • アプリ開発に慣れていない場合にはアプリ開発会社がおすすめ
  • こちらがリードできる場合には個人エンジニアがおすすめ
  • アプリ開発に必要なプロセスと相場を理解することも重要

アプリ開発に慣れていない場合にはアプリ開発会社がおすすめ

アプリ開発に関する進め方のノウハウがない、実際の開発工程にまだ慣れていない、そういった場合にはアプリ開発会社への依頼が適切だと考えられます。

企業側が積極的に話を進めてくれるので、ディレクションに時間をかける必要がなく、スピーディかつ効率的に開発を進行できるでしょう。

こちらが不明な点や不足している点を補足してくれることは、アプリ開発に慣れていないときほど大きなメリットになるのです。

アプリ開発のスムーズな進行には、優秀なプログラミング技術だけでなく、緻密な要件定義や設計も必要になってきます。

そういった開発に欠かせない初期プロセスもサポートしてくれるので、アプリ開発会社への依頼を行うことで開発環境に求められる基礎を学ぶこともできるでしょう。

将来的に自社でアプリ開発を進めるきっかけになるので、アプリ開発会社から学ぶ内容にメリットが考えられます。

初めてアプリ開発に携わる場合や、もしくはアプリ開発を自社で賄う計画があるのなら、プロのアプリ開発会社に依頼して計画をリードしてもらうのがおすすめです。

こちらがリードできる場合には個人エンジニアがおすすめ

ある程度こちらでアプリ開発に関する実績があり、ディレクションを行う余裕があるのなら、個人エンジニアを依頼先に選ぶことで計画を進めやすくなります。

アプリ開発会社への依頼と違い、個人エンジニアの場合は直接こちらの意向や計画の変更を伝えられるので、意思疎通がしやすいです。

臨機応変に計画を進行できるため、自社に明確な目標設定やプロセスが完成している場合には個人エンジニアとの契約が勧められます。

開発するアプリの規模や性質によっては、企業ではなく個人エンジニアで十分に賄える可能性も高くなります。

一般的にアプリ開発は作業人数×期間によって費用が決定されるため、プロジェクトに参加する人数を絞り込めればそれだけコストが抑えられるのです。

こちらでプロジェクトを管理するSEを提供し、プログラミングだけを担当するエンジニアだけを雇う。

そういった必要な部分だけを外注で補いたいときにも、個人エンジニアがぴったりです。

自社でアプリ開発をリードできるかどうかを考えて、可能な場合には個人エンジニアに優先して依頼をするといいでしょう。

アプリ開発に必要なプロセスと相場を理解することも重要

アプリ開発会社と個人エンジニアのどちらに依頼する場合でも、開発に必要なプロセスと依頼相場への理解は必要不可欠となります。

アプリ開発のプロジェクトは、以下の流れにそって進行します。

要件定義

設計

プログラミング

システムテスト

運用テスト

リリース申請

納品

この流れを理解していないと、想定していた以上の時間がかかったり、実際にリリースするタイミングを見誤ったりする可能性が出てきます。

基本となるこの流れを理解した上で依頼を行うことが、スムーズなアプリ開発につながるのです。

また、アプリ開発の相場を理解しておくことも重要です。

一般的にアプリ開発の平均相場は、250万円〜とされています。
具体的な金額は依頼先の企業や個人によって異なるだけでなく、アプリ開発の進捗状況によって追加予算が発生することなどでも変動します。

そのため平均相場を参考に、不測の事態に備えて余分な予算を組んでおくことも重要です。

予算が底をついてリリースできなかった、プロセスを理解しなかったせいで予定していた機能を組み込めなかったという結果が、アプリ開発においてもっとも避けるべきものです。

依頼先を決定する際にはプロセスと相場の2点を事前に確認し、最低限の準備をしておいてください。

相場参考:https://imitsu.jp/cost/app-developer/

アプリ開発を依頼する際の注意点・ポイント

アプリ開発を依頼する際には、失敗を避けるための注意点やポイントを理解しておく必要があります。

特に重要となる以下の3点を確認し、アプリ開発を順調に進められるように備えましょう。

  • 依頼先の実績を確認する
  • 長期的に関係を持つことを前提に考える
  • 複数の依頼先に見積もりを行う

依頼先の実績を確認する

依頼するアプリ開発会社や個人エンジニアを選ぶ基準として、「これまでの実績」を確認することがポイントです。

これまで開発したアプリの種類やジャンルを確認し、自社が求める内容にマッチしているかどうかを事前に確認しましょう。

納品までのスピードやコストに対してのリターンを明確に実績として提示してくれる依頼先ほど、安心してアプリ開発を任せることができます。

逆に公開できる実績が少なく、納期やコストの利点ばかりをアピールする依頼先は、信頼できるかどうか慎重に精査する必要があるでしょう。

依頼先のホームページやポートフォリオから、これまでの実績を確認することは必ず行うようにしてください。

長期的に関係を持つことを前提に考える

アプリ開発が終了した後も、バグの修正やOSに合わせたバージョンアップなどの保守作業は必要となるため、依頼先とは長期的に関係を結ぶことが前提となります。

そのため将来的に長くサポートをしてくれる相手に依頼するのがポイントです。

需要に合わせて新機能の追加なども考えられるので、そこまで任せられる依頼先を見つけるのが理想になります。

また、アプリの保守にはランニングコストが発生するため、開発費用とは別に考えておかなければなりません。

アプリ開発後も長期的に依頼先と関係を持つ必要があることは、注意点として覚えておきましょう。

複数の依頼先に見積もりを行う

アプリ開発を依頼するのなら、なるべく複数の依頼先に見積もりを行ってもらうのがポイントになります。

比較サービスなどを使えば、アプリ開発の見積もり比較は簡単に行えます。

複数の見積もり内容を比較した上で、納得のいく依頼先を選ぶようにしましょう。

仮に「アプリ開発会社に依頼をする」と決めた場合にも、個人エンジニアにも見積もりを依頼するのがポイントです。

こちらが想定している以上のメリットを提示できる依頼先が見つかる可能性があるので、こちらで依頼先の幅を狭めることのないように注意しましょう。

まとめ:アプリ開発の依頼先を選ぶ際にはまず準備を!

アプリ開発を依頼する際には、依頼先となるアプリ開発会社と個人エンジニアについて知り、それぞれに依頼する際の考え方を理解しておくことが必要です。

自社アプリの開発に最適な依頼先を見つけられるように、こちらを参考に依頼を行うための準備を進めてみてください。