アプリ開発エンジニアを採用したい企業担当者へ

アプリ開発エンジニアの採用を検討している企業担当者の中には、自分自身がアプリ開発エンジニアについて詳しくないケースもあるのではないでしょうか。

しかし採用担当者自身が、アプリ開発エンジニアについて理解せずに採用活動を行うことは、企業にとって良い結果に繋がらないことが目に見えています。

採用活動に入る前に、担当者自身がアプリ開発エンジニアとはどういった職業かを理解し、採用するべき人材かを判断出来る知識が必要になります。

そこで本記事では、アプリ開発エンジニアを採用したい企業担当者の方向けに、アプリ開発エンジニアという職業についての基本情報から、単価や年収、採用方法についてご紹介していきたいと思います。

今回ご紹介する内容を確認していただき、アプリ開発エンジニアを採用する際の参考にしてみてください。

アプリ開発エンジニア(アプリケーションエンジニア)は何ができる?

アプリ開発エンジニア(アプリケーションエンジニア)の仕事内容について、まずはご紹介していきたいと思います。

プログラマーというと、コーディングをするだけのように捉えられがちですが、実はコーディングに入る前や後でも様々な役割を担当することになります。

  • システム設計
  • プログラム開発
  • テスト・運用

システム設計

アプリ開発をするためには、顧客からの要望を具体的にどうやってアプリケーションとして実現するのかを考える必要があります。

システム設計では、実現したいアプリの機能をクライアントから聞き出すためのコミュニケーション能力とヒアリング力、実際にアプリ開発を実現するための方法を考えるシステム設計スキルの両方が必要となります。

プログラム開発

エンジニアと呼ばれる職業で一般的に思い浮かべられるのが、プログラム開発の工程です。

上述したシステム設計で決まった仕様に沿って、実際にコーディングを進める段階です。

アプリ開発エンジニアとしては、プログラミング言語の知識はもちろん、サーバー・ネットワークといった周辺知識もある程度必要となります。

テスト・運用

アプリ開発は作成してしまえば終わりというわけではありません。

作成したアプリがクライアントの要望通りに動いているのかテストすることはもちろん、実際に稼働が始まってからも、不具合対応や問い合わせ対応、機能改善などの運用業務が必要となります。

アプリ開発エンジニアには、プログラム開発だけでなく、設計から運用までシステム開発の流れを、一通り理解していることが望ましいと言えます。

アプリ開発エンジニアの種類とは?

アプリ開発エンジニアと一言で表しても、実際には大きく分けて3つのカテゴリが存在します。

それぞれのエンジニアで必要となる知識も異なるため、基本的な概要を確認しておきましょう。

  • 業務アプリ開発エンジニア
  • Webアプリ開発エンジニア
  • スマホアプリ開発エンジニア

業務アプリ開発エンジニア

主に企業からの依頼で、業務改善などのために、企業専用のアプリ開発を行うエンジニアを指します。

例としては、市役所の窓口などで職員さんが入力しているアプリなども業務アプリの1種です。

また、公共機関だけでなく、民間企業でも航空会社の予約システムなど様々な業務アプリが世の中で利用されています。

企業からの依頼が中心となるため、SIerといったアプリ開発専門の企業に所属することが多いのも業務アプリ開発エンジニアの特徴です。

Webアプリ開発エンジニア

Goolge Chromeをはじめとしたブラウザ上で動作するアプリ開発を行うのが、Webアプリ開発エンジニアです。

例としては、Amazon.comやGmailなど、パソコンやスマホ・タブレットなど、プラットフォームに依存せず利用出来るのが特徴です。

Webアプリ開発エンジニアは、Web制作会社に所属している人材はもちろん、フリーランスとして活動している人材も多くいらっしゃいます。

スマホアプリ開発エンジニア

iPhoneやAndroidといったスマートフォンで利用可能なアプリ開発を行うエンジニアを指します。

例としては、AppstoreやGooglePlayでダウンロード可能なゲームアプリをはじめ、カメラアプリなど様々な種類のアプリケーションが提供されています。

また、TwitterやFacebookをはじめとした、スマホアプリとWebアプリが同時に提供されているアプリケーションも珍しくありません。

スマホアプリ開発は近年需要が伸びてきており、アプリ開発専門企業はもちろん、フリーランスとして活動するエンジニアも増えてきています。

アプリ開発エンジニアの単価、年収

アプリ開発エンジニアの単価や収入に関しても確認していきたいと思います。

単価や収入に関しては、働く企業はもちろん、年齢や地域・スキルにより大きく異なるため、1つの参考情報としてご確認ください。

  • アプリ開発エンジニアの年収
  • アプリ開発エンジニアの単価
  • フリーランスエンジニアの単価

アプリ開発エンジニアの年収

まずアプリ開発エンジニアの平均年収ですが、転職サイトDODAでは「507万円」と公開されています。

参考:平均年収ランキング 最新版【職種別】|DODA 

転職サイトに登録しているエンジニアの平均ということで、未経験者や新卒の方の給与を考慮すると、もう少し下がると考えた方が良いでしょう。

一方で、IT企業は都心部に集中しており、単価も高くなる傾向にあるため、都心部に事務所を構えている企業の担当者様は、上記の平均年収くらいを目安として考えた方が良いかも知れません。

アプリ開発エンジニアの単価

単価に関しては、所属する企業がアプリ開発を依頼するクライアントから直接取引しているのか、または仲介企業を挟んで仕事を請け負っているのかにより大きく異なります。

クライアント企業と直接取引する場合で、大手クライアントから依頼される場合の目安が、月単価「100万円」となります。

ここから仲介企業を挟むのか、企業としての取り分を何%程度に設定するのかにより、アプリ開発エンジニアの単価が決まってきます。

フリーランスエンジニアの単価

参考情報として、フリーランスエンジニアの単価についてもご紹介しておこうと思います。

フリーランスエンジニアについても、企業に所属するアプリ開発エンジニアと基本的な考え方は変わりません。

下請け企業に支払われる金額がそのまま、フリーランスエンジニアに支払われると考えて問題ないでしょう。

目安としては、開発工程のみを担当するアプリ開発エンジニアで「45万円~60万円程度」、設計や運用も含めたアプリ開発の工程全般を担当出来るエンジニアとなると「最低50万円~7,80万円」程度といった感覚で採用することになるかと思います。

アプリ開発エンジニアが使う言語とは?

アプリ開発エンジニアが使うプログラミング言語に関しても、制作するアプリの種類により異なります。

採用活動を行う際には、企業のプロジェクトで使用するプログラミング言語の経験があるのかを確認することは、必須事項と言えます。

  • 業務アプリ開発エンジニアが使う言語
  • Webアプリ開発エンジニアが使う言語
  • スマホアプリ開発エンジニアが使う言語

業務アプリ開発エンジニアが使う言語

業務アプリ開発エンジニアが使う言語は主に「Java」「C#」といった言語が利用されます。

プラットフォームに依存せず利用出来るような業務アプリ開発の場合、「Java」の需要が圧倒的に高くなります。

反対にWindowsのみで利用するアプリ開発では、Microsoftが提供する「C#」の需要が高くなります。

Webアプリ開発エンジニアが使う言語

Webアプリ開発エンジニアは主に「フロントエンド」と「サーバーサイド」と呼ばれる2種類のプログラミング言語を使用します。

「フロントエンド」言語では、「HTML」「CSS」「Javascript」といった言語が利用されます。

「サーバーサイド」言語では、「PHP」「Ruby」「Java」といった言語の需要が高くなっています。

スマホアプリ開発エンジニアが使う言語

スマホアプリ開発エンジニアが使う言語は「iPhoneアプリ開発」と「Androidアプリ開発」ではっきりと分かれます。

「iPhoneアプリ開発」では、「Swift」または「Objective-C」が利用可能です。

2020年現在では、Apple社自身が「Swift」をメイン言語として推奨していることもあり、「Swift」を扱えるエンジニアの需要が高くなっています。

「Androidアプリ開発」では、「Java」または「Kotlin」がメインで利用されています。

「Java」については業務アプリ開発やWebアプリ開発にも使用される汎用的なプログラミング言語ですが、「Kotlin」についてはAndroid開発に特化したプログラミング言語と言えます。

アプリ開発エンジニアを採用するには?

最後に、アプリ開発エンジニアを採用する手法についてもご紹介していきたいと思います。

基本的には、アプリ開発エンジニアだからといって他の職種と採用方法が大きく変わる訳ではありません。

  • 転職サイトを活用する
  • エージェントを活用する
  • 横の繋がりを活用する

転職サイトを活用する

転職サイトは、アプリ開発エンジニアを採用する一般的な手法の1つです。

基本的に、広告料などを支払い、転職サイトに必要情報さえ登録すれば、後はエンジニアからの応募を待つだけで良いので比較的採用に掛かる労力が少なくて済みます。

一方でデメリットとしては、あくまで応募者からのアクションを待つことになるため、応募してきた人材の中から条件にあったエンジニアを探すことになります。

条件の設定次第では、採用までに時間がかかってしまうことも少なくありません。

エージェントを活用する

エンジニアを採用する際には、ITエンジニアを多く抱えるエージェントを活用する方法も一般的です。

採用する際に、エージェントへの仲介料が必要となりますが、希望の条件さえ伝えれば、登録されているエージェントから条件にマッチするアプリ開発エンジニアを紹介してもらえるため、ある程度フィルタリングされた状態で面談を実施することが可能となります。

エージェントに登録されているエンジニアは、実務経験が数年以上のエンジニアがほとんどで、一定以上のスキルを持ったエンジニアを採用するには効率的な手法と言えます。

横の繋がりを活用する

企業で既に働いている従業員の紹介や、以前参画してもらったことのあるエンジニアに声を掛ける方法も、有効な採用方法の1つです。

特に優秀なエンジニアほど、転職サイトやエージェントなどを利用せずとも、様々な企業から声が掛かるため、転職市場に出てきません。

企業として、優秀なアプリ開発エンジニアを採用するためには、横の繋がりを活用して、転職市場に出てこないエンジニアを常に探しておくことも重要です。

まとめ:アプリ開発エンジニアを採用する前に目的を明確化しよう

本記事では、アプリ開発エンジニアに関する基本的な情報から、採用活動に必要な情報までご紹介してきました。

企業の担当者としては、アプリ開発エンジニアを採用する目的を明確化しておくことが必須です。

一時的なプロジェクトの場合、社員として採用するよりもフリーランスを採用した方がコストパフォーマンスが高いなど、状況によって取るべき採用方法は異なります。

まずは、自身の企業でアプリ開発エンジニアを採用する目的を明確化し、より適切な人材を採用出来るように、採用担当者としての知識をしっかりと身につけておきましょう。