データサイエンティストの採用は難しい!?良い人材を獲得する3つの方法

データサイエンティストを採用したいと思っても、良い人材が中々見つからなかったり、自社に定着しなかったりすることはないでしょうか?

実はデータサイエンティストの採用は多くの会社で上手くいかず悩んでいるものです。

そもそもデータサイエンスの技術を持っている人が少ないため、優秀な人材を取り合いになることが多いんですよね。

そんな中で人材を確保するためにはしっかりと対策を打ち立てる必要があります。

本記事ではデータサイエンティストを採用するコツをいくつか紹介します。

本記事を読むことで、データサイエンティストを採用し、なおかつ自社に定着させるようにする方法がわかりますよ。

ぜひ本記事を読んでデータサイエンティストの採用方法を学び、優秀な人材を確保できるようになってくださいね。

データサイエンティストとは?

データサイエンティストとは、集められたデータを統計学の知識によって分式し、それらを視覚化したり規則化したりする仕事のことです。

近年SNSなどの普及もあり、膨大なデータをネットから収集できるようになりました。

それに伴い、大量のデータをいかに有効活用するかが重要視されてきているのです。

たとえば、自社サイトの評判をSNSから収集しサイトUIの改善につなげるなど。

データをただ集めるだけでは意味がなく、しっかりと分析して自社の売上アップなどに活用しないといけません。

データの分析には統計学やコンピュータ・サイエンスなどの知識が必要になってきます。

そこで、それらの知識を保有したデータサイエンティストを雇おうと考える企業が増えてきたのです。

このように、データサイエンティストはデータを分析し売上アップにつなげる重要なポジションとなります。

データサイエンティストに必要なスキル

データサイエンティストにはいくつか必要なスキルがあります。

ここでは代表的な3つのスキルを紹介します。

  • 統計学
  • プログラミング
  • コミュニケーション能力

データサイエンティストは最低限これらのスキルを身につける必要があります。

統計学

データサイエンティストにまず必要となるのが統計学のスキルです。

統計学とは、集められたデータから応用数学の手法などを用いて規則性を見出す学問のこと。

なお、統計学はデータサイエンティストにとって基礎となる知識であり、情報工学の大学などで勉強していることが多いです。

統計学を用いてデータに規則性を見い出せば、会社にとって有益な情報が得られるかもしれません。

ただし、SNSに書かれた口コミなど不確実性が伴うデータに規則性を見出すには、ハイレベルな統計学の知識が必要です。

いずれにせよ、データサイエンティストにとって統計学の知識は基本となることが言えますね。

プログラミング

データサイエンティストの業務を行うときには、プログラミングスキルも必要になってきます。

なぜなら、データ分析のときは膨大なデータをプログラムを使って収集しないといけないからです。

データを効率よく収集するためには、アルゴリズムの知識なども必要になってくるでしょう。

また、データを分析する際にもプログラミングを扱うことが多いです。

データサイエンティストが使う言語は、pythonやRなどの機械学習と相性が良いものがほとんど。

こういった言語は計算ライブラリが豊富にあるため、データサイエンスで必要な高度な計算が得意なのです。

このように、データサイエンティストはプログラミングの知識も必要不可欠と言えます。

コミュニケーション能力

データサイエンティストにはコミュニケーション能力も必要です。

なぜなら、分析した結果をプレゼン資料などにまとめみんなに発表しないといけないから。

そのときコミュニケーション能力が不足していれば、分析結果から得られるメリットを伝えることができません。

たとえば、商品の口コミを分析した結果売上アップの方法が見つかったとしても、上司に説明して納得してもらえなかったら意味がありません。

それどころか、業務内容を重要視してもらえず、データ分析にかかる予算を削られてしまうことも。

いかに説得力ある話をしてみんなを動かすかも、データサイエンティストには求められてくるところ。

このように、データサイエンティストはコミュニケーション能力も磨く必要があるのです。

データサイエンティストの採用は難しい?その理由

データサイエンティストとは何か?について説明してきました。

ここまで読んで、さっそくデータサイエンティストを採用しようと考えた人もいるかもしれません。

しかしちょっと待ってください。

データサイエンティストの採用には、いくつか難解な壁が存在することを知っておくべきです。

データサイエンティストの採用は以下の理由などにより、難しいと言われています。

  • 必要なスキルを持っている人材が少ない
  • 優秀な人材を高待遇の会社に取られてしまう

必要なスキルを持っている人材が少ない

データサイエンティストに必要なスキルを持っている人が単純に少ないという問題があります。

先程解説したように、データサイエンティストになるにはプログラミングスキルや統計学の知識が必要です。

ですが、プログラミングができる人材すら不足していますから、両方こなせる人材はかなり限られるのですね。

また、大学でそれらをまんべんに学んでいたとしても、実務経験が少なくて即戦力として働けるには至らない人も多いです。

データ分析は注目を集めているとはいえ、まだまだつい最近の話。実務で活発に理由している会社は限られるため、実務経験を積むことができません。

このような理由で、優秀なデータサイエンティストを雇うのは難しいのです。

優秀な人材を高待遇の会社に取られてしまう

2つ目の理由として、優秀な人材を高待遇の会社に取られてしまうというものがあります。

大企業などは直接オファーを出すなどして、優秀なデータサイエンティストを確保しようとします。

その結果、他の会社には中々人が来てくれないということがあるのです。

また、データサイエンティストを雇ったとしても、もっと高待遇な会社があればそっちに転職してしまうこともあります。

このような状況であるため、優秀なデータサイエンティストを雇うのはやはり難しいです。

データサイエンティストを採用するコツ

優秀な人材を雇うのは難しいということを解説しました。

では、できるだけデータサイエンティストをうまく採用するにはどうしたら良いでしょうか?

ここでは、データサイエンティストを採用するコツを3つ挙げます。

  • 採用目的をしっかり考える
  • 転職エージェントを活用する
  • 会社に人材を定着させるべく工夫を

これらを念頭に入れつつ採用活動を行っていくと、優秀な人材を確保できるかもしれません。

採用目的をしっかり考える

まず、データサイエンティストを採用する前に、採用目的を整理しましょう。

収集したデータを分析した上でいかに活用していきたいか、を明確にしておくことは大事です。

ただ流行にのっとってデータサイエンティストを採用するようなことはあまり良くありません。

なぜなら、データサイエンティストは「やりがいがない」と感じた場合転職してしまう恐れがあるからです。

たとえば、せっかく商品の使用状況のデータ分析を行っても、その後商品を改善する話が何も出てこなかったら、やりがいを感じることはできませんよね。

このように、データサイエンティストを採用するときには、「そもそもデータサイエンティストってなんで採用するの?」を明確にすることが重要です。

転職エージェントを活用する

データサイエンティストを採用するときに転職エージェントを活用するのは有効です。

というのも、エージェント経由で転職しようとするデータサイエンティストの数は多いからです。

なぜ多いかというと、通常の求人サイトでは高待遇のデータサイエンティストの求人が中々見つからないからです。

転職エージェントを活用することで、優秀な人材を確保できる可能性が上がりますよ。

ただし、エージェントを使う場合手数料を支払わないといけないので、採用活動にかかる費用が増加します。

ですが、それに見合う成果を出せることもありますので、転職エージェントの利用は一度検討してみましょう。

会社に人材を定着させるべく工夫を

採用後に会社に人材を定着させる方法を考えることも大事です。

なぜなら仮に優秀なデータサイエンティストを採用できたとしても、もっと高待遇かつ自分を活かせる会社があった場合、そっちに転職してしまうことがあるから。

優秀なデータサイエンティストは引く手あまたであり、大手企業も採用しようと狙っているため、中々1つの会社にいてもらうことが難しいです。

また、フリーランスとして活動することも可能な職種のため、ある程度実務経験を積んだ後に独立してしまうかもしれません。

会社に人材を定着させるには、たとえば以下のようなことが必要になってきます。

  • リモートワークを導入し働きやすさを向上
  • 社内のルールを曖昧化させない
  • 人事評価の透明性を高める

特に人事評価の透明性を高めることは重要で、「データサイエンティストの評価基準は何か。何をもってその人の働きぶりを評価するか」は事前に固めておく必要があります。

このように、データサイエンティストを採用するなら人材を定着させる工夫も重要です。

データサイエンティスト採用 まとめ

本記事ではデータサイエンティストの採用方法のコツについて解説しました。

データを分析し売上向上を目指す仕事は今後ますます重要なポジションとなることが予想されます。

しかし、データサイエンティストを採用するのは難しく、特に優秀な人材は中々確保ができません。

あらためて、データサイエンティストを採用するコツをおさらいしましょう。

  • 採用目的をしっかり考える
  • 転職エージェントを活用する
  • 会社に人材を定着させるべく工夫を

これらのことを意識して採用活動を行ってみてくださいね。

本記事がデータサイエンティストを採用するきっかけとなって頂けたら幸いです。