ネットワークエンジニアの採用時の注意点とは?離職を避ける方法を解説

コンピューターのネットワークにまつわる仕事を行う「ネットワークエンジニア」は、自社サービスのインフラを担う重要な存在です。

企業の発展を目指す際には、今後もたくさんの採用の機会があると考えられるでしょう。
しかし、採用側がネットワークエンジニアについて理解ができていないと、良い人材を確保するのが難しくなります。

ネットワークエンジニアという職業への理解が不足していると、採用に時間がかかったり、採用後すぐに離職してしまうといった事態にもなりかねません。
そこでこちらでは、ネットワークエンジニアの採用時に注意しておきたいポイントを紹介します。

こちらでネットワークエンジニアの基本を改めて確認し、採用の準備を進めてみてください。

採用前にネットワークエンジニアの仕事を知ろう

採用する際には、まずネットワークエンジニアの仕事内容をきちんと確認することが大切です。

どのような仕事を任せられるのかを知らなければ、採用後の適切な配属が難しくなります。

ネットワークエンジニアの価値を改めて把握するためにも、そもそもの仕事内容からチェックしていきましょう。

  • ネットワークの設計
  • ネットワークの構築
  • ネットワークの運用
  • ネットワークの保守

 

ネットワークの設計

ネットワークにおけるシステムの設計を行うことは、ネットワークエンジニアの基本業務です。

クライアントの要望をヒアリングしてまとめ、それに見合った設計を行います。

ただクライアントの話を聞くだけでなく、積極的な提案を行って、より良い設計につなげていくのもネットワークエンジニアの仕事のポイントです。

 

ネットワークの構築

設計書に合わせてネットワークの構築を行うのも、ネットワークエンジニアの仕事です。

回線の設置などを行い、実際のネットワークインフラを構築します。

コストを抑えるための製品知識や、トラブルが起きた場合に迅速に対応できる技術力が求められる分野です。

 

ネットワークの運用

ネットワークエンジニアは、実際に構築したネットワークを運用していくの仕事のひとつです。

必要に応じて設定や構築の変更・増設を行い、スムーズな運用を手助けすることが求められます。

 

ネットワークの保守

トラブルへの対応を行うネットワークの保守も、ネットワークエンジニアの仕事です。

機器の交換などの対処だけでなく、トラブルが起きないための環境づくりも必要となります。

トラブルの理由を素早く突き止めるために、ネットワークに関する幅広い知識が業務のポイントです。

 

上記4つのフローこそが、ネットワークエンジニアの仕事です。

基本的には設計→構築→運用→保守の流れで仕事は進み、それぞれの段階で必要なテストや見直しなどが行われます。

ネットワークに関わる業務全般を任せられるのが、ネットワークエンジニアの特徴です。

どのようなスキルを持つネットワークエンジニアを採用すべき?

ネットワークエンジニアの仕事内容を確認したら、続いて実際にどのような人材を採用すべきかを解説します。

採用時には下記のようなスキルを参考にすると良いでしょう。

  • ネットワークに関する基礎知識
  • 高いコミュニケーション能力
  • クラウドエンジニアとしての実績・スキル

 

ネットワークに関する基礎知識

ネットワークの設計から保守までを行うネットワークエンジニアには、インターネット全般に関わる幅広い基礎知識がスキルとして求められます。

基礎知識を持っていることは、最適な設計の提案やトラブルの早急な発見につながります。

そのためネットワークエンジニアは、知識量が大きく仕事に影響する職業だといえるでしょう。

たとえば以下のような知識をスキルとして持つ人材が、優秀なネットワークエンジニアとして期待できます。

・TCP/IP
・ルーティング
・DNS
・無線LAN
・Webサーバー
・AWSやGCPなどのクラウドサービス

仕事に役立てられる知識は非常に多いため、全てをオールラウンダーだけに注目するのではなく、一定の分野に突出した人材を育成も兼ねて採用することも考えられるでしょう。

 

高いコミュニケーション能力

ネットワークエンジニアはクライアントと直接やりとりをする機会も多いので、一定のコミュニケーション能力を必要とします。

相手が具体的にどのようなシステムを望んでいて、それをどうやって実現するのかを正確に伝える。

そういったコミュニケーション技術の有無は、ネットワークエンジニアの評価につながるでしょう。

また、ネットワークエンジニアは、その業務の過程でさまざまなエンジニアたちと連携することになります。

そのためコミュニケーションスキルがないと、スムーズな仕事が難しくなる恐れがあるのです。

基本的なコミュニケーション能力に加えて、周囲を上手く使えるリーダーシップのある人材も採用の候補に上がります。

コミュニケーション能力は多くのエンジニアにとって必須スキルですが、ネットワークエンジニアの採用の際にはより注意深くその能力を確かめてみましょう。

 

クラウドエンジニアとしての実績・スキル

これからネットワークエンジニアを採用するのであれば、クラウドエンジニアとしてのスキルを持つ、もしくは改めて勉強する意欲がある人がおすすめです。

先にも少し触れたように、今後のネットワークはクラウド型に移行していく可能性があります。

そのため今後クラウド型を自社に導入することも考慮して、そのときに対応してくれる人材の採用が望ましいです。

AWSやGCPなどは何ができるのか、どういった準備や対応が必要なのかといった点は、ネットワークにおける専門的な領域になります。

現在の自社の人材で対応しきれない場合には、今後の採用枠からクラウド型のネットワークサービスに強い専門家を確保することも考えるべきでしょう。

未経験のネットワークエンジニアを採用することは考えられるか?

ネットワークエンジニアの採用において、「未経験の人材は採用すべきか」という点は疑問です。

未経験の状態で採用をすることには、いくつかのデメリットがあります。

そういったデメリットを考慮した上でも、未経験で採用するだけの意味があるのでしょうか。

以下からは、ネットワークエンジニアを未経験で採用するかについて考えていきます。

  • ネットワークエンジニアは未経験可の求人も多い
  • 研修サービスを上手に利用する
  • 資格の有無は重要?

 

ネットワークエンジニアは未経験可の求人も多い

ネットワークエンジニアの求人情報を見てみると、「エンジニアとし手の実務経験が必要」とする企業が多い一方で、「ネットワークエンジニアとしては未経験可」とする求人も見られます。

そのことからネットワークエンジニアの採用において、未経験までも対象とすることは十分に考えられることがわかるでしょう。

その背景には、ネットワークエンジニアのスキルをある程度独学できる環境が整ってきたことが挙げられます。

書籍やインターネットサービスを活用することで、未経験のままでもネットワークエンジニアとしてのスキルを高めることはできるのです。

特にエンジニアとしての基礎能力を持つ人であれば、十分な能力を身に付けることも可能でしょう。

そういった独学を行った人材を基本的な対象として、幅広く未経験の人までも採用することは検討されます。

 

研修サービスを上手に利用する

未経験の人材をネットワークエンジニアとして採用する場合には、その後の研修スケジュールを事前に考えておく必要があります。

確かに、独学で勉強する事も可能ですが、個人のポテンシャルに依存してしまう事は避けられません。

そのため、自社の社員で指導するのか、あるいは外部に委託をするのかも含めて検討することが必要となります。

ネットワークエンジニアの採用における資格の重要性

ネットワークエンジニアとして資格を持っているかどうかは採用するにあたって大きな判断基準でしょう。

実際にどのような資格があるのか、またそれらは採用基準として重要な役割を担うのかについて確認していきましょう。

  • ネットワークエンジニアにはどんな資格があるのか
  • 資格の有無は採用において重要なのか

 

ネットワークエンジニアにはどんな資格があるのか

ネットワークエンジニアに関する資格には、たとえば以下のようなものがあります。

・ITパスポート
・ネットワークスペシャリスト試験
・CCNA
・CCNP
・LPIC

このようにネットワークエンジニア関連の資格には、多くの種類があります。

採用時にはどのような資格があるのかを把握した上で、選考に望むのがポイントです。

 

資格の有無は重要?

ネットワークエンジニアとして働く際に、必須とされる資格はありません。

そのため「〇〇の資格を持っているのなら即採用!」といった、考え方をすることはナンセンスです。

しかしながら、上記のような資格の有無は、採用時にその成果を評価することも考えられます。

資格の知識が必ずしも業務に役立つばかりではありませんが、資格取得のために学んだという実績と意欲は評価の対象になり得るでしょう。

モチベーションの高い人を採用する際の指標として、資格の有無を考慮することも検討してみましょう。

採用したネットワークエンジニアの離職を避けるには

ネットワークエンジニアの採用の際には、同時に離職を避けるための対策も考えることが必要です。

簡単に離職をされてしまえば、それまでにかかった採用のための労力が無駄になります。

ネットワークエンジニアの離職理由を想像しつつ、そのために自社ができることを考えてみましょう。

  • 急な業務に対するケアは必要
  • 責任を押し付けないことが大切

 

差し込み業務に対するケアは必要

主にネットワークエンジニアの保守業務において、急な出社等の対応をさせた際にはそれに対するケアを行うのがポイントです。

ネットワーク上のトラブルなどによって、急遽対応と再発防止を依頼する機会は、ネットワークエンジニアの業務内容上どうしても多くなります。

しかし、それを「当たり前」だと雇用側が思ってしまうと、エンジニアの不満を増長して早期退職につながる恐れがあるでしょう。

賃金や休日の再設定などを行って、ネットワークエンジニアの業務に対するケアを行うことは重要なポイントです。

 

責任を押し付けないことが大切

ネットワークエンジニアの役割を明確にして、個人に責任を押し付けない環境づくりも離職を避けることにつながります。

ネットワークエンジニアの仕事には多くの責任がつきまとうため、全てを任せるとプレッシャーが重くなってしまいます。

それは職場におけるストレスの発生につながり、最終的には離職という結果を導いてしまうことも考えられるのです。

職場におけるネットワークエンジニアの役割を明確にして責任を分散し、個人を守れる環境を目指しましょう。

ネットワークエンジニアの採用のためには事前準備が重要

ネットワークエンジニアを採用する場合には、この記事で解説したポイントをしっかり把握して準備を進めておくことが重要です。

自社に必要なネットワークエンジニアを確保し、離職を避けるための対策を取れるように、まずは適切な準備から始めてみましょう。

©︎2020 Hajimari inc.