UX/UIのスキルもある優秀なwebデザイナーを採用するコツを解説!

webデザイナーを採用しようと思っても、上手く行かないケースも多いです。

エンジニアとは違ってwebデザイナーは数自体が少ないので、人材を確保する難易度がその分上がります。

そのため、webデザイナーを雇う場合、エンジニアの場合とは異なる戦略を立てていくことが必要です。

そこで本記事では、webデザイナーの場合のみに限定して採用するコツをまとめました。

自社で活躍してくれる優秀なwebデザイナーを雇うにはどうすべきか、基本的なことを一通り解説してあります。

加えて、webデザイナーを募集するときに利用したい転職サイトも紹介しています。

本記事を読むことで、webデザイナーの採用活動が上手くいくようになりますよ。

採用担当者の方はぜひ最後までお読みいただき、webデザイナーを自社に招き入れてみてくださいね。

webデザイナーの採用に苦戦する理由

webデザイナーの採用に苦戦する理由はいくつかあります。

その中で、主な理由は以下の2つであると考えます。

  • webデザイナーの数自体がそもそも少ない
  • UXやUIの経験を持った人材が少ない

 

なぜこの2つが障害となってくるのか、理由を解説していきましょう。

 

webデザイナーの数自体がそもそも少ない

第一の理由として、webデザイナーの数自体が需要に対して少ないというのが挙げられます。

昨今webサイト制作の需要は高まっており、デザインを作成するwebデザイナーはどこの会社も欲しています。

にも関わらず、webデザイナーは人数が少ないため、どうしても奪い合いになってしまい、結果中小企業には優秀な人が来ないというのが現状です。

なぜwebデザイナーの数が少ないのかというと、エンジニアに比べ未経験だと参入しにくい職業であるのが理由でしょう。

プログラマーの場合はプログラミング言語さえ覚えてしまえば未経験でも活躍できますが、webデザイナーの場合デザインセンスというものが必要で、これは元々持っている才能によって決まる部分が大きいです。

また、webデザイナーはデザインセンスのほかに、htmlやjavascriptのスキルが必要なのですが、中々すべての技術を備えている人材を探すのは難しいんですよね。

そういった人材がいたとしても、やはり待遇が良い大手企業に取られてしまいがち。

このように、webデザイナーの数自体がそもそも少ないため、webデザイナーの採用に苦戦してしまう会社が多くあるのです。

 

UXやUIの経験を持った人材が少ない

webデザイナーに求められるのはデザインセンス、htmlやjavascriptのスキル、「Illustrator」や「Photoshop」などが主ですが、最近ではUXやUIの経験が重要視されることが増えました。

UXとは、サイトを通じてユーザーが得られる体験、というものを指します。そのサイトを使うことでユーザーがどんな感情を抱くのか、計算してサイトを構築するクリエイターをUXデザイナーと呼びます。

UIとは、ユーザーと製品・サービスの接触面、というものを指します。ユーザーにとって使い心地の良いインターフェースを考えるのがUIデザイナーの役割と言えます。

なぜ、webデザイナーはUXやUIの経験が必要なのか。

最近ではスマホを使ってより手軽にネットサーフィンを誰もがするようになったため、ライバルとなる類似サイトもどんどん現れてきています。

そのため、一度来訪してくれたユーザーが別サイトに移ってしまうこともあります。こういった事態を防ぐため、ユーザーを惹きつけるための細かい技術が必要なのです。

しかしながら、UXやUIの技術まで保有しているwebデザイナーはそこまで多くはありません。

このように、UXやUIの経験を持った人材が少ないというのも問題となっています。

優秀なwebデザイナーを採用するには?

それでは、優秀なwebデザイナーを採用するにはどういった戦略を取ればよいのでしょうか?

ここでは大きくわけて3つの戦略を紹介していきますね。

  • リモートワークを可能にする
  • 採用したいwebデザイナー像を明確に
  • クリエイター向けの転職サイトを使う

webデザイナーを雇うときはこれらの戦略に基づいて行うことが肝心です。

それでは1つ1つの戦略について詳しくみていきましょう。

 

リモートワークを可能にする

優秀なwebデザイナーを採用する方法の1つに、リモークワークを可能にするなど、自由な働き方を推進する手があります。

わざわざ会社に出向かなくても自宅で働けるような体制を整えましょう。音声チャットでやり取りできるようにしたり、リモートで出退勤の管理をできるようにしたりするのです。

なぜリモートワークを可能にするのが良いのかというと、webデザイナーという仕事は自宅でも十分行うことが可能だからです。

たとえば、HTMLでサイトを設計する作業は別に会社でなくても、自宅で行って完成物をネットを通じて共有すれば良いだけです。

実際、webデザイナーという仕事はフリーランスで行っている人が非常に多いです。

また、webデザイナーのようにクリエイティブな仕事をする人は、自由な働き方を求めている人が多い傾向にあります。

たとえば、求人サイトから「リモートワーク可」の求人のみを絞り込んで探すなどしています。

このような理由があるため、リモートワークを可能にするのはwebデザイナーを採用する上でプラスに働くことが多いです。

 

採用したいwebデザイナー像を明確に

次に、採用したいwebデザイナー像を明確にしておくのが重要です。

前述したとおり、webデザイナーになるには様々なスキルが必要になります。

しかしながら、すべてを完璧にこなせる人材を確保するのは現実的ではありません。

たとえば、htmlも完璧でデザインセンスも秀でていて、コミュニケーション能力も抜群、なんていうwebデザイナーはごく限られています。

そのため、採用したいwebデザイナー像を明確にし、「うちの会社はこういった技術のある人を求めている」というのをしっかり募集要項に掲載しましょう。

そうすることで、自社にマッチングするwebデザイナーを採用することができるようになりますよ。

 

クリエイター向けの転職サイトを使う

次にオススメしたいのがクリエイター向けの転職サイトを使うことです。

なぜなら、普通の転職サイトですと営業職やエンジニア向けの職種は豊富にあるものの、クリエイター向けの職種の募集があまりなく、それに比例してwebデザイナーの使用率も低いからです。

たとえば、リクナビやマイナビなどの大手転職サイトよりも、webデザイナー向けに特化した転職サイトの方が良いと言えます。

このように、どんな転職サイトを利用するかも重要になってきますよ。

webデザイナーを採用するのにオススメの転職サイト

webデザイナーを採用するにあたってオススメの転職サイトをご紹介します。

  • マイナビクリエイター
  • MOREWORKS

 

マイナビクリエイター

マイナビクリエイターはwebデザイナーなどのクリエイター職を採用するのにオススメのサイトです。

なぜならここは、「MATCH BOX」という転職者が登録したポートフォリオを閲覧することができるからです。

ポートフォリオを確認すれば、履歴書ではわからないその人の細かい技術部分が見えてくることもあります。

たとえば、その人がデザインを作るときにどんなところに気を遣っているのかや、その人の癖のようなものがわかるかもしれません。

このような理由で、マイナビクリエイターはwebデザイナーを採用するなら使っておきたいです。

 

MOREWORKS

MOREWORKSはweb制作事業に特化した転職サイトであり、webデザイナーの採用にももちろん向いています。

MOREWORKSのメリットは、正社員だけでなく派遣やアルバイトなどの求人も取り扱っている点です。

もし、正社員ではなく派遣としてwebデザイナーを雇いたい場合は、MOREWORKSで募集をかけてみるのもありだと思います。

webデザイナーは派遣社員でも優秀な技術を有している人が多くいます。

このような理由で、MOREWORKSもwebデザイナーを雇うのに向いている転職サイトと言えます。

採用が難しい場合は、フリーランスのwebデザイナーと契約する

もし、どうしても採用ができない場合は、フリーランスのwebデザイナーと契約することも考えましょう。

フリーランスのデザイナーを雇うことにもメリットが色々あります。

具体的には、以下のようなメリットがあります。

  • 手軽に採用することが可能
  • 短期間のみ仕事をしてもらうこともできる
  • フリーランスで働くデザイナーは技術が優れていることが多い

このようなメリットがあるため、フリーランスのwebデザイナーと契約する手も考えてみましょう。

まとめ:採用するコツをおさえて自社にマッチするwebデザイナーを採用できるようにしよう!

本記事ではwebデザイナーを採用するコツについて解説しました。

あらためてどんなコツがあったのかおさらいしましょう。

  • リモートワークを可能にする
  • 採用したいwebデザイナー像を明確に
  • クリエイター向けの転職サイトを使う

このようなことに気をつけて採用を行えば、優秀なwebデザイナーを採用できますよ。

本記事を読んだ採用担当者の方は、ここの内容を参考にしつつ、ぜひ採用活動を行ってみてくださいね。

また、どうしても採用が難しい場合は、フリーランスのwebデザイナーと契約することも考えましょう。

webサイト制作をする上で、デザインの良し悪しというのはサイトの来訪者数などに大きく関わることもあります。

優秀なwebデザイナーを確保することの重要性は今後も高まってくるでしょう。