UIデザイナーの採用時に考えておきたいことは?基本情報やチェックしたいスキルのまとめ

サービスにおけるユーザーとの接点を生み出す「UIデザイナー」の重要性は、近年ますます高く評価されるようになってきています。

優秀なUIデザイナーを採用できているかどうかで、Webサービスでの集客やユーザー満足度は変わってくるでしょう。

つまり逆に考えれば、実力のあるUIデザイナーを採用できなければ、それらのメリットを獲得するのが難しくなる可能性があるのです。

さらにUIデザイナーの重要性は広く認知されているため、計画的な採用を考えなければ他社との採用レースに後れを取ることもあるでしょう。

そこでこの記事では、UIデザイナーの採用を考える際に意識したいポイントを紹介していきます。

UIデザイナーの仕事内容やスキルといった基本的な内容にも触れていきますので、将来的に少しでも採用のビジョンがあるならチェックしてみてください。

UIデザイナーの採用における基本

まずはUIデザイナーの採用時に、企業側が把握しておきたい点を確認します。

UIデザイナーとはどんな職業なのか、どういった仕事を任せられるのかといった基本をチェックしてみましょう。

  • UIデザイナーとは
  • UIデザイナーに任せられる仕事

 

UIデザイナーとは

UIデザイナーとは、「User Interface(ユーザーインターフェース)」に関する部分をデザインする職業のことを指します。

ユーザーインタフェースとは、簡単に言うと「Webサービスなどで利用者が直接触れる・体験する部分」となります。

たとえばアプリケーションにおけるユーザーからのアクション(コメントやいいねなど)を使いやすく配置したり、Webページの構成を意識してコンテンツの見やすさを計算することなどが考えられるでしょう。

ユーザーインターフェースの専門家とも言える職業であり、UIデザイナーの有無によってWebサービスの使い勝手が大きく変わることもあるのです。

Web関連の仕事においては、UIデザイナーに頼れるケースは多くなるでしょう。

 

UIデザイナーに任せられる仕事

UIデザイナーに任せられる仕事については、たとえば以下のようなものが考えられます。

・ユーザーのことを意識したWebレイアウトの考案
・サービスのビジュアルデザインの作成
・ターゲットユーザーの年齢層やタイプを考慮したデザイン(文字サイズやカラーリングなど)

以上のように、Webサービスにおいてユーザーインターフェースに関わるあらゆるデザインの仕事を担うのがUIデザイナーです。

職場によってはデザイン全般の業務を担当したり、プロジェクトに深く関わってリードする役割を任せることも考えられます。

UIデザイナーのスキルによっては、グラフィックデザインなどの専門技術を仕事に含めることも可能かもしれません。

採用した人材のポテンシャル次第で、Webサービス・アプリケーションにおける「デザイン」と呼ばれる領域を、幅広く任せることも考えられるでしょう。

プロジェクトごとに業務内容をすり合わせていくことが、UIデザイナーの能力を活かすポイントになります。

UIデザイナーの採用時に見るべきスキル

続いては実際にUIデザイナーを採用する際に、求職者のどこを見るべきかを考えます。

UIデザイナーにはいわゆる「センス」というものも必要になるため、つい採用側もその見えない感覚を尊重してしまいがちです。

しかし、センスという個性は、しっかりとした知識と経験あってこそのものになります。

ただセンスだけを重視するのではなく、それを裏打ちする確かな実績もチェックすべきでしょう。

以下からはUIデザイナーの採用時に、特に意識したいスキルを確認します。

  • 「Illustrator」「Photoshop」を使えるか
  • ポートフォリオを持っているかどうか
  • 「ユーザー目線」の認識について

 

「Illustrator」「Photoshop」を使えるか

UIデザイナーは、仕事の際に「Illustrator」と「Photoshop」を使う機会が非常に多くなります。

そのため「Illustrator」と「Photoshop」が使えるかどうかは、採用時に確認が必要です。

使える場合もどの程度の技術・知識があるのかを把握し、採用後の仕事をイメージできるようにしておきましょう。

それに伴って、関連資格である「Illustratorクリエイター能力認定試験」と「Photoshopクリエイター能力認定試験」の有無も確認するのがポイントです。

それは単純な能力の確認に留まらず、「UIデザイナーとして採用されるために多くの努力を行っている人材」といった評価にもつながります。

仕事への熱意や意欲を図るひとつの指標になるので、UIデザイナーの採用時には優先してチェックしましょう。

また、「Adobe XD」や「Sketch」といった作成ツールを使えるかも、合わせて確認するのがおすすめ。

UIデザインを作成する仕事において、「最初からソフトウェアに慣れている」という利点は大きいです。

採用時には過去の職種だけでなく、具体的な利用ソフトも聞いてみてください。

 

ポートフォリオを持っているかどうか

UIデザイナーの仕事に関わるポートフォリオを持っているかどうかも、採用におけるチェックポイントです。

過去の作品を確認できる場合には、なるべく採用前に提出してもらうといいでしょう。

ポートフォリオは技術力の確認だけでなく、そのUIデザイナーが持っているセンスを知ることにもなります。

どれだけ高い技術力のある作品でも、「何となくこのデザインは好きになれない」と思ってしまうことはあります。

そういった波長が合わないデザインを作成するデザイナーとの仕事は、上手くいかないことが多いです。

ポートフォリオの確認は、そんなセンスの波長を事前に確認する意味でも、重要なものとなるでしょう。

 

「ユーザー目線」の認識について

UIデザイナーの主な仕事は、ユーザーインターフェースを意識したデザインの作成です。

つまりは「ユーザー目線」を尊重することになりますが、この認識にズレがないか確認することも採用時には必要となります。

ユーザー目線に立ってものを考えるということは基本ではありますが、その正解はサービスの形式や求める反応によって異なります。

そのため採用側とUIデザイナー側にユーザー目線に対する認識の違いがあると、仕事をスムーズに進めることが難しくなるかもしれません。

企業側にユーザー目線における明確なビジョンがあるのならば、採用前にそのことを伝え、理解してくれるかを確認する必要があります。

後から仕事の中で話し合うことになると、余計な時間がかかったり、最悪の場合職場に馴染めないきっかけを作ったりといった事態にもなりかねません。

UIデザイナーを採用するのならば、ユーザー目線という考え方について社内で一度確認し、明確な認識で統一してみるといいでしょう。

優秀なUIデザイナーを採用するメリット

UIデザイナーの仕事は、近年のWebアプリケーションの発展に伴って注目され始めました。

そのため、優秀なUIデザイナーを採用することに、どのようなメリットがあるのか不明瞭なこともあるでしょう。

以下ではUIデザイナーを採用し、自社で確保することのメリットを紹介します。

  • デザインに統一感を持たせることができる
  • 自社にデザインに関するノウハウを増やしていくことができる

 

デザインに統一感を持たせることができる

UIデザイナーを採用することで、自社のサービス内に統一したデザイン感を作ることができます。

複数のサービスを展開する予定があったり、今後長くサービスを広げていくことを考えるのなら、UIデザイナーを採用することにメリットがあるでしょう。

他にも決まったUIデザイナーがいれば、UIデザインにおける方向性を確認したり、これまでの自社サービスの内容を説明したりといった作業を省略することもできます。

外注でUIデザイナーをその都度採用する方法とは違って、自社の状況を常に把握しておいてもらえる点が、会社に直接採用を行うメリットになるのです。

デザインに統一感を持たせられるメリットと合わせて、UIデザイナーの採用時に確認しておきましょう。

 

自社にデザインに関するノウハウを増やしていくことができる

UIデザイナーを採用することで、自社にインターフェースやその他デザインに関するノウハウを増やしていくことができます。

ノウハウの蓄積は、将来的に会社の財産となり、より良いUIデザインの実現につながるでしょう。

デザインのノウハウが会社内に広まっていれば、プロジェクトを同時に進めるなどの効率化を図ることも可能です。

新たに入社した人材にスキルとして教え込むこともできるので、社内における全体的なデザインのレベルを高められるでしょう。

自社にデザインに関するノウハウを増やせる点も、UIデザイナーを採用するメリットになります。

UIデザイナーの採用に見る今後の需要は?

UIデザイナーの採用の際には、その職業が今後どの程度の需要を見込むのかを考えることも重要です。

UIデザイナーの需要をチェックし、今採用を計画することの重要性を把握しましょう。

  • 今後さらに需要が高まる可能性
  • 若い世代を育成することも考えられる

 

今後さらに需要が高まる可能性

UIデザイナーは、近年アプリやWebサービスの拡大によってその重要性が認知され始めた仕事です。

専門職として確立されて時間が経っているわけではないので、まだ全ての会社の採用枠に定着しているとは言えないかもしれません。

しかし、ユーザーインタフェースを意識したデザインの重要性は広まりつつあるので、今後さらにUIデザイナーの需要が高まることが考えられます。

そのためUIデザイナーのスキルが必要であるなら、今後の需要の高まりを考慮して早めに具体的な採用計画を立てることがおすすめされるでしょう。

 

若い世代を育成することも考えられる

UIデザイナーを採用する一方で、自社の若い世代の社員をUIデザイナーとして育成することも考えられます。

ユーザー目線を理解し、Webデザインのセンスに独特なものがある人材は、知識と技術を身に着けることで優秀なUIデザイナーになる可能性もあるでしょう。

将来を見据えて、社内でスキルの獲得をバックアップしたり、必要なソフトを提供したりといったことも検討されます。

もちろん育成中の人材は即戦力として期待はできないので、その分をカバーするデザイナーを採用は重要です。

UIデザイナーの採用時には、新人の育成を任せることも業務に組み入れて、話を進めることも考えられるでしょう。

まとめ:UIデザイナーの採用時にはまず基本を確認する

UIデザイナーという職業は、今大きな注目を集めつつあります。

採用を考えるのであれば、まずはその基本と重要性を確認し、必要な準備を進めるようにしましょう。

優秀なUIデザイナーを採用することは、自社のサービス・製品と利用者をより近づけることにつながります。

この機会にユーザーインタフェースそのものについても見直しを図り、ユーザーとのより良い関係を築けるように考えていきましょう。