UXデザイナーの採用について!事前に確認しておきたいことまとめ

「UXデザイナー」は、Webデザインという仕事において、近年ひとつの職業として注目されています。

ユーザーとサービスを近づけるきっかけを作るUXデザイナーは、直接話ができないWebサービス・アプリケーションにおいては重要な役割を担うでしょう。

しかし、UXデザイナーとして働く人材を採用するのなら、いくつかの準備が必要となります。

準備をせずに採用活動を行うと、なかなか満足のいく人材を確保できなかったり、UXデザイナーのメリットを活かせなかったりするでしょう。

そこでこちらでは、UXデザイナーの採用時に把握しておきたいポイントを紹介します。

基本情報に加えて、採用における考え方もチェックするので、UXデザイナーへの理解を深められるでしょう。

これからUXデザイナーの採用を検討しているのなら、以下の情報を確認してみてください。

UXデザイナーの採用に関する基本情報

UXデザイナーを採用するのなら、まずUXデザイナーを知らなければなりません。

UXデザイナーに関する基本情報を確認し、その詳細を把握してみましょう。

  • UXデザイナーとは
  • UXデザイナーの仕事内容
  • UIデザイナーとの違いは?

 

UXデザイナーとは

UXデザイナーとは、「ユーザーが商品やサービスに触れたときの体験を意識してデザインする職業」となります。

UXデザイナーの「UX」とはUser Experience(ユーザーエクスペリエンス)、つまりユーザー体験と訳されるのです。

「どのような設計がユーザーを引き込めるだろうか」「どんなデザインだとユーザーはストレスなくサービスを使えるだろうか」

たとえばそんなことを考えるのが、UXデザイナーの役割になります。

Webサービスやアプリケーションは、直接顧客となるユーザーと出会うことができません。

だからこそ事前にユーザーが体験するさまざまなケースを想定し、対応できるデザインの提案が重要となるのです。

UXデザイナーは、そういったユーザー体験を意識する専門的な職業となります。

あらゆるWebサービスにおいて、UXデザイナーの採用が業務の発展につながる可能性があるでしょう。

 

UXデザイナーの仕事内容

UXデザイナーの仕事内容は、たとえば以下のようなものが考えられます。

・提供すべきUXデザインの考案
・ユーザー体験を知るためのマーケティングリサーチ(市場や顧客)
・アクセス解析などを元にしたUXデザインの改善
・実際にユーザーエクスペリエンスを意識したWebデザインの作成

以上のようにユーザーエクスペリエンスを考慮した仕事が、UXデザイナーの主な業務になり得ます。

UXデザイナーを採用する場合には、このような仕事を任せることができるでしょう。

職場の環境や対応するサービスによっては、デザインに関する業務全般をUXデザイナーに任せることも考えられます。

採用したUXデザイナーに他業種での仕事経験があったり、デザインに関するスキルを確保していたりする場合には、より多くの業務が担当できるかもしれません。

採用時にはどのような仕事ができるのかを確認し、何を任せられるのかを明確にしておくのがポイントです。

 

UIデザイナーとの違いは?

UXデザイナーは、同じくデザイン業務を担当する「UIデザイナー」と比較されることが多いです。

ユーザー体験全体を考えるUXデザイナーとは違い、UIデザイナーは「ユーザーインターフェースの考案」が仕事になります。

サービス利用者との接点になるユーザーインタフェースを意識し、実際に使いやすいデザインやレイアウトを考案するのがUIデザイナーです。

UXデザイナーが「楽しく使える」「気持ちよくサービスを受けられる」というユーザーの体験を目的にするのに対して、UIデザイナーはユーザーが見たり触れたりする部分を直接デザインするのが特徴。

UXデザイナーはデザイン業務全体を管理する仕事、UIデザイナーは優れたUIデザインを作り出す仕事という分け方ができるでしょう。

一方で、UXデザイナーが求める良質なユーザー体験は、ユーザーインタフェースをきっかけに実現されることもあります。

そのためUIデザイナーの仕事は、UXデザイナーの業務に含まれると考えることもできるでしょう。

明確な定義の下で2つの職業を切り離すのではなく、企業ごとに柔軟な採用を行うのがUXデザイナーとUIデザイナーを活かすコツです。

UXデザイナーの採用におけるチェックリスト

UXデザイナーを採用する際には、事前に求職者のどこをチェックすべきか確認しておくことがポイントです。

優柔なUXデザイナーを見極める方法がわかっていれば、ある程度自信を持って採用活動を進めていけます。

UXデザイナーの採用における重要な要素を、以下から確認しておきましょう。

  • 業務におけるデザイン全般の知識
  • マーケティングに関する知識
  • 企画力とプレゼンテーション力も重要

 

業務におけるデザイン全般の知識

UXデザイナーの採用時には、デザインに関する知識がどれくらい備わっているかを確認するのがポイントです。

先に解説した通り、UXデザイナーの仕事には実際のデザイン業務が含まれることもあります。

そのためデザインに関する知識や技術は、多ければ多いほど良いと考えられるのです。

UXデザインの意味や考え方だけでなく、具体的なデザインの知識が豊富な人材ほど、UXデザイナーとしての活躍に期待できるでしょう。

実際にデザインに関わっていた経歴があるのか、もしくは自身の作品のポートフォリオがあるのかなど、実績を重視することも大切です。

他にもm「Photoshop」や「Illustrator」といった、デザイン業務に役立つソフトの使用経験を確認することもおすすめ。

UXデザイナーとしては未経験であっても、それ以外のデザイン系の業務経験やスキルがある場合には、積極的な採用も考えられます。

具体的に仕事に役立てられる知識の有無を確認することが、優秀なUXデザイナーを採用する際のポイントです。

 

マーケティングに関する知識

UXデザイナーの採用時には、マーケティングの知識を持っているかどうかも重要な基準になります。

UXデザイナーの目標となるユーザー体験の向上は、マーケティング知識に基づいて進められることが多いです。

市場調査の手順やサービスのブランディングの方法などを知っている人材ほど、UXデザイナーの仕事を効率良くこなすことができるでしょう。

加えてSEOやWebサイトのアクセス解析の見方などの知識もあれば、よりターゲットとなるユーザーに合わせた対応に期待できます。

デザインの知識だけでなく、実際の業務に関わるマーケティングやWeb関連の知識も、UXデザイナーの採用時には要チェックです。

 

企画力とプレゼンテーション力も重要

企画力とプレゼンテーション力を持つ人材かどうかをチェックすることも、UXデザイナーの採用におけるポイントです。

UXデザイナーは、サービスのユーザー体験に関する計画を進めるために、周囲と連携することが必要になることもあります。

そういったときに周囲を納得させられる形に企画をまとめ、プレゼンで求心力を得られる人材は評価されるでしょう。

自己で考え、それを周囲に正しく伝えるスキルを持った人材ほど、UXデザイナーとして採用を検討できます。

そしてUXデザイナーに限りませんが、やはりコミュニケーション能力にも長けた人ほど、採用後の活躍に期待可能です。

周囲と壁を作らずに協力しあっていく姿勢があってこそ、UXデザイナーの仕事はスムーズに進行していきます。

企画力とプレゼンテーション力、そしてコミュニケーション能力をチェックして、UXデザイナーに向いている理想的な人材の採用を目指しましょう。

UXデザイナーを採用するメリット

UXデザイナーを採用することは、企業に多くのメリットをもたらします。

特に大きなメリットになり得るポイントを、下記から確認しましょう。

  • デザインの「間違い」を正せる
  • ユーザー体験という考え方の獲得

 

デザインの「間違い」を正せる

UXデザイナーの採用は、自社サービスのデザインから「間違い」を正すきっかけになります。

UXデザイナーの専門知識があれば、定番のミスや間違ったデザインを見つけ出し、即座に改善に進むことにも期待できます。

・情報が多すぎて重要なポイントが隠れている
・広告の表示位置がユーザーの邪魔になっている
・通信量が大きすぎてスムーズにページを開けない

そういったデザインにおける間違いを見つけて解決できるのが、UXデザイナーを採用するひとつのメリットになるでしょう。

ユーザー体験に対して効果の出るデザインを作り出すには時間がかかりますが、間違いを正すのは短時間で可能なこともあります。

自社のWebサービスに対してすぐ効果を出したいのなら、UXデザイナーの採用がきっかけになるかもしれません。

 

ユーザー体験という考え方の獲得

ユーザー体験という考え方を社内に獲得できる点も、UXデザイナーを採用するメリットです。

ユーザー体験という言葉や感覚について、きちんと把握していない企業は少なくありません。

そのためUXデザイナーのような専門的な人材を確保して、その考えを社内に根付かせることには大きな意味があるのです。

UXデザイナーの知識や技術は、結果的に社内におけるユーザー体験の認識を変えることにもなるかもしれません。

UXデザイナーを採用することで、自社にユーザー体験に関するスキルのノウハウを蓄積していくこともできます。

それは将来的に、社員全体でユーザー体験を考えていくきっかけにもなるでしょう。

今後採用される新入社員にも、そういったノウハウを受け継いでいくことは可能です。

ユーザー体験を意識した体制づくりにつながる点は、UXデザイナーを採用する理由になります。

UXデザイナーの採用時には企業としての方向性を確認する

UXデザイナーの採用時には、企業としてもユーザー体験に関する方向性を明確にする必要があります。

UXデザイナーが活躍できる環境を作るためにも、以下の要素を確認しておきましょう。

 

UXデザイナー任せにすることを防ぐ

ユーザー体験に関する方向性を明確にすることは、UXデザイナーに業務を任せっきりにしてしまうことを防ぎます。

ユーザー体験業務の全てがUXデザイナー任せになると、個人の負担が重くなることに加えて、仕事の中で認識の「ズレ」が生じることもあるでしょう。

それはユーザー体験業務の進行を妨げ、UXデザイナーとの信頼関係を壊すきっけにもなってしまいます。

きちんと企業としてユーザー体験のことを考え、その考えに見合った人材を採用する必要があるでしょう。

特に既存社員の中にデザインに関する業務を担える人がいない場合には、採用したUXデザイナーに多くの仕事を任せることになります。

そういった場合には決して任せきりにせず、企業としてユーザー体験の意見を持って協力する体制を整えましょう。

まとめ:UXデザイナーの採用活動は情報収集から始まる

UXデザイナーの採用活動は、情報収集の段階から始まっていると言えます。

どのような体制を持って望むべきなのか、どんな準備をすべきなのか。

そういったポイントをこの機会に把握して、スムーズなUXデザイナーの採用につなげていきましょう。