コーチングは意味ない?その効果を体感するためのポイントとは?

ビジネスや自己実現のサポートになるコーチングですが、「コーチングなんて受けても意味ない!」と感じる人は多いのではないでしょうか?

意味がないと感じたままの状態では、当然ですが時間をかけてもコーチングの成果を得ることは難しくなるでしょう。

コーチングのメリットを得るためには、「意味がないのでは?」という疑念の理由を把握して、その感情を取り払う必要があります。
そこで今回の記事では、コーチングが意味ないと感じるときにどのような理由が考えられるのか、それらにどのように対処すべきなのかをご紹介します。

現段階でコーチングを受けることに意味がないと感じる人は、改めて自分のコーチング環境を見直してみてください。

コーチングが意味ないと感じる理由

コーチングが意味ないと感じることには、必ず理由があります。

どのような理由があるのかを考えて、受け手である自分の現状と照らし合わせてみましょう。

正しいコーチングを受けられないため主体性が持てない

コーチングには受ける側の主体性が求められます。

自分から進んで学ぶ気持ちになれなければ、効果を発揮することはできないですよね。

しかし、正しいコーチングを受けられない環境では、主体性を発揮しづらいのも事実です。

下手なコーチングは具体的な目標や方法を示唆せずに、ただひたすら「主体性を持とう」と
アドバイスします。

コーチング中にいきなり「もっと主体性を持って」とアドバイスされても、具体的に何をすればいいのかわかりませんよね。

このようにコーチングを行う側が正しい方法を取ってくれないことが、主体性を持つことを妨げ、結果的に「コーチングには意味がない」と感じるきっかけになるのです。

ならコーチングの相手を変えればいいと思われるでしょうが、会社の方針で上司がコーチングを行っているケースでは、簡単に環境を変えることができません。

上司個人の感覚や独自の経験が元になっているコーチングは正しいものではないため、受けている側にとっては納得できないことが多くなり、主体性を持つことはさらに難しくなるでしょう。

このように環境のせいで正しいコーチングを実践できていない場合には、どうしても「意味がない」と感じやすくなるのです。

そもそも正しいコーチングとは?

そもそも意味を感じられるような正しいコーチングとはどのようなものなのでしょうか。

以下を参考に正しいコーチングを確認し、今現在自分が受けている内容と比較してみましょう。

  • 自分で問題や課題に気づくためのコミュニケーションスキル
  • 3つの種類が理解できている
  • ティーチングとは違っている
  • あなたのコーチは正しいコーチングを実践できているでしょうか?

自分で問題や課題に気づくためのコミュニケーションスキル

正しいコーチングとは、自分自身で問題や課題に気づくためのコミュニケーションスキルと定義されます。

正しいコーチングを受けることで、新しい発見や視点の拡大を目指せるので、ビジネスにおける自分の成長や欠点の認識を進められるのです。

コーチングは「目標達成の要因や答えは本人の中にある」というスタンスの下で行われるため、あくまで間接的に支援して気づかせることが基本となります。

基本ができていないコーチングは、偏った考えに誘導したり、ただひたすら受け手の主体性を引き出そうとしたりすることが多いです。

そういった根拠のないコーチングは「意味がない」という評価につながりやすくなります。

意味のあるコーチングを体験するためには、まず正しい知識を持った人の手によって導かれ、自分で問題や課題に気づくことが必要になるでしょう。

3つの種類が理解できている

ビジネスコーチング、パーソナルコーチング、セルフコーチングの3種類の違いが理解できていることも、正しいコーチングの条件となります。

ビジネスコーチングはその名の通り職場や企業ごとに行われるコーチングで、人材育成や研修の一環として実施されることが多いです。

パーソナルコーチングはライフコーチングとも呼ばれ、個人の目標達成や成長にスポットを当てたコーチングとなります。

セルフコーチングは自分で自分にコーチングを行う方法で、コーチングに対する理解や経験が求められる方法です。

このようにコーチングには目的に合わせた複数の方法があり、自分で選択することができるのです。

コーチングを行う側がこの種類を混同していたり、自分の目的に合わない間違った手段を取っていたりすると、意味がないと感じやすくなります。

ビジネスコーチング、パーソナルコーチング、セルフコーチングの3種類の違いを、コーチングする側が理解できているかどうかをチェックすることも大切です。

ティーチングとは違っている

ティーチングとの違いがわかっていることも、正しいコーチングに必須の要素です。

コーチングとは違い、「ティーチング」は直接相手に問題の答えや考え方を教える手段を指します。

自分で気づくのではなく、指導して導いてもらうことが目的となるので、名称が似ていても全く別のスキルとして認識されるでしょう。

ティーチングとの違いがわかっていない人からコーチングを受けると、内容がどっちつかずになってしまい、効果が弱くなります。

コーチングが意味ないと感じるときには、ティーチングのように直接的に教えることが多くなっていないか考えてみましょう。

あなたのコーチは正しいコーチングを実践できているでしょうか?

あなたのコーチは上記で紹介したような、正しいコーチングができているでしょうか?

もしできていないと感じる場合、そのコーチングには意味がない可能性が高いです。

早めに新しい環境に変えるなどの対策が求められるでしょう。

しかし、直接会社の上司からコーチングを受けている場合などは、なかなかコーチングの
環境を変えることは難しいですよね。

そんなときは次項を参考に対処法を実践することがおすすめです。

上司からのコーチングを断れないときの対処法

上司が直接自分にコーチングを行う環境の場合には、以下のような対処法を試してみましょう。

  • 上司と一緒にコーチングの方法を学ぶ機会を作る
  • 専門家を雇うことを提案する

上司と一緒にコーチングの方法を学ぶ機会を作る

上司がコーチングについて間違った知識や手法を実践していることがわかるなら、一緒にコーチングを学ぶ機会を持つことを提案してみましょう。

ただ上司に反論したり間違いを指摘したりするだけでは、関係性を壊す可能性もあります。

あくまで「より良いコーチングを体験したい。だから上司の協力が必要」といったスタンスを取ることがポイントです。

一緒にコーチングを学ぶことができれば、職場に独自のコーチングシステムを確立することもできます。

それは将来的に自社内でコーチングを継続するきっかけになるので、会社にメリットを与えることができるでしょう。

専門家を雇うことを提案する

外部からコーチングのプロを雇って、専門的な指導を受けることを提案するのもひとつの解決手段です。

上司のコーチングも有益だが、専門家の意見も聞いてみたいと進言することで、コーチングの環境を変えることができるかもしれません。

実際に専門家のコーチングを受けることで、上司も環境改善を本気で考えることもあるでしょう。

どのようなコーチングサービスがあるのかを確認して、気になったものを上司に紹介してみることもおすすめです。

正しいコーチングを受けることができている場合のメリットとは?

では実際に正しいコーチングを受けられていた場合には、どのようなメリットがあるのでしょうか。

以下を参考にコーチングのメリットを再認識してみましょう。

  • 自分の目標や問題に気付ける
  • 学習のモチベーション向上
  • 自分にない考え方を身に付けられる

自分の目標や問題に気付ける

まだ気付けていない自分の目標や問題を発見できることが、コーチングを行う大きなメリットです。

主観だけでは気付けない点を見つけるきっかけになり、間違っている考えや目標を修正する機会にもなります。

本当に自分が意識している目標設定が正しいのかを確かめるために、コーチングは有効に利用できるでしょう。

目標や問題がまだ決まらない人も、コーチングを行うことで自分に必要な課題を見つけ出すことができます。

学習のモチベーション向上

コーチングによって他者と積極的に触れ合う経験は、学習モチベーションの向上にもつながります。

誰かと話をすると自分の現状を把握しやすくなるので、今すべきことが明確化されます。

それはモチベーションアップを促し、継続した学習のきっかけになるというメリットを作るでしょう。

自分で問題に気づくことがコーチングの基本であるため、「手応え」を感じやすいです。

その手応えは自己評価を高めることになり、結果的にさらなる学習のモチベーション向上につなげられるでしょう。

自分にない考え方を身に付けられる

コーチングを行うことは、これまで自分になかった考え方を身に付けるきっかけにもなります。

他者の考え方を参考にして自分の幅を広げられることが、コーチングを行うひとつのメリットになるでしょう。

考え方が凝り固まると、新しいことにチャレンジしたり目標達成のための効率的な行動をしたりといったことが難しくなります。

柔軟な考え方を身に付けたい人にとっては、コーチングを実施することがメリットになるでしょう。

まとめ:コーチングの効果は自分次第!意味ないと思ったときは現状を見直そう!

正しいコーチングを受けることができれば、上記のようなさまざまなメリットを獲得できます。

意味のある行為となるので、正しいコーチングに対しては主体性を持って取り組むようにしましょう。

主体性を持たなければ、どれだけ時間をかけてもコーチングは意味のないものになります。

成長の機会を逃さないように、この機会に正しいコーチングのチェックと主体性を持つことの重要性を理解しておきましょう。