RPAフリーソフトのおすすめ3選!自社の業務を自動化することを目指そう!

自動化によって作業の効率をアップさせる「RPA」ですが、導入にコストがかかる点がネックになります。

実際に成果を挙げられるのかが不明なのに、簡単にはコストをかけられないという企業も多いでしょう。

しかし近年はRPAツールの中にもフリーソフトが増えてきているため、魅力的な機能を無料で利用できるようになっています。

こちらではそんなRPAのフリーソフトの中からおすすめを紹介し、その基本やメリット・デメリットをチェックしていきます。

RPAツールの導入に悩んでいるのなら、この機会にフリーソフトの利用から検討してみましょう。

RPAのおすすめフリーソフト

RPAのおすすめフリーソフトとしてご紹介できるのが、「UiPath Community Edition」「RPA Express」「UWSC」の3点です。

それぞれの特徴をチェックして気になるものを探してみましょう。

  • UiPath Community Edition
  • RPA Express
  • UWSC

UiPath Community Edition

「UiPath Community Edition」は比較的ポピュラーなRPAフリーソフトであり、使いやすさと機能の豊富さが特徴となっています。

ドラッグ&ドロップで簡単に操作ができるユーザーインターフェースが整っているので、初めてRPA使う場合にも安心です。

無料で使うには「非営利団体」や「小規模事業者である」といった条件を満たす必要がありますが、企業向けにも60日間の無料トライアル版が提供されています。

無料版にもオンラインでRPAの使い方を学べる「UiPathアカデミー」などが付いているので、RPAを使い始める際にも役立つツールです。

まずはUiPath Community Editionをチェックして、RPAの基本を学ぶのもおすすめです。

RPA Express

制限を気にせずにRPAの機能を使いたいときには、完全無料で利用できる「RPA Express」がおすすめです。

基本的なシステムは問題なく利用できるので、RPA Expressだけで職場にRPAを導入できます。

日本語への対応も進められているため、スムーズに利用できるツールです。

機能がさらに充実した有料のPro版にアップグレードもできるので、RPAの魅力がわかった頃に契約内容を見直すこともおすすめ。

特にRPAの使い心地や職場との相性を確かめる際には、フリーソフトのRPA Expressを使ってみましょう。

UWSC

Windowsのソフトの一種である「UWSC」も、作業の自動化に貢献してくれるRPAフリーソフトです。

マウスとキーボードの動きを記憶して自動化するという明快な仕組みが特徴で、プログラミングの知識がなくても大丈夫

簡単作業であればすぐにトレースして自動化してくれるため、スムーズにPRA環境を整備できます。

職場のパソコンが Windowsの場合には、まずは無料で使えるこちらのソフトでRPAのメリットを体感してみましょう。

RPAとは?

フリーソフトを選ぶ前にRPAの定義を理解することも大切です。

どういった効果があるのかをチェックして、RPAの特徴を把握しておきましょう。

  • 作業を自動化するソフトウェアロボット
  • 定型化された業務を一任できる
  • 多種多様なフリーソフトが展開中

作業を自動化するソフトウェアロボット

RPAとは「Robotic Process Automation」の略称で、人間に代わって作業を行ってくれるシステムのことを意味します。

ロボットソフトウェアがシステムに組まれた作業を実行し続けてくれるため、職場の負担を軽減することが可能です。

外部に発注するほどでもない作業を自動化したいときには、RPAの導入が検討されるでしょう。

定型化された業務を一任できる

RPAは主に、既に定型化されている業務を一任するために使われることが多いです。

たとえばフォーマットが決まっている書類の自動作成、案件管理における情報の自動入力、別途ソフトへの転記作業などに利用できます。

特別な判断や選択が必要のない業務においては、RPAの自動化が今後も進んでいくと考えられるでしょう。

多種多様なフリーソフトが展開中

以前は導入にある程度のコストを必要としていたRPAですが、近年はその普及の加速によってフリーソフトが幅広く展開されるようになりました。

そのため多くの事業者が、「まずはお試しで」という感覚でRPAを利用できるようになっています。

フリーソフトごとに性能や特徴が異なるので、無料で使える部分を比較して本格的に利用することがおすすめです。

RPAフリーソフトを使うメリット

RPAフリーソフトを使うことには以下のようなメリットがあります。

  • 効率化による生産性の向上
  • ヒューマンエラーの排除
  • コストの削減が可能

効率化による生産性の向上

作業が自動化すれば効率は高まるため、職場全体の生産性を向上させるというメリットにつながります。

よりスムーズに作業を進めることが目標なら、RPAが適切なサポートを行ってくれるでしょう。

単純作業にリソースを割いてしまうことで、その他の部分が疎かになるケースは多いです。

人間の能力が必要な部分は手作業で、それ以外の単純作業はRPAでといった分業が、メリットを大きくするでしょう。

ヒューマンエラーの排除

単純作業に付きものであるヒューマンエラーを排除できる点も、RPAのメリットです。

細かなミスで作業が中断することが多い職場ほど、RPAの貢献度が高くなります。

たとえば数字の入力作業などはぱっと見て正誤がわかりにくいので、ヒューマンエラーを起こしやすいです。

その部分をRPAの自動入力に任せてしまえば、スピーディかつ正確に作業を完了できます。

コストの削減が可能

RPAフリーソフトで自動化を実行できれば、そこに発生していた人件費を削減できます。

新たに人を雇う必要がなくなるので、単純作業をフォローする際にはまずRPAフリーソフトで自動化してみることがおすすめです。

必要性と経費によってはRPAの有料ソフトを導入することも検討されます。

コスト次第でより便利な機能を導入できる点も、RPAならではのメリットになるでしょう。

RPAフリーソフトのデメリット

メリットがある一方で、RPAフリーソフトにはデメリットも存在します。

  • 機能が制限されることが多い
  • サポートが英語のみの場合も

機能が制限されることが多い

多くの場合RPAソフトは無料版と有料版を提供しているため、フリーソフトの機能が制限されることがほとんどです。

そのRPAソフト本来の魅力を体験するためには、有料版を利用する必要があるケースも考えられます。

しかし、フリーソフトでも基本的なRPA機能が充実しているものは多いです。

簡単な作業なら、フリーソフトだけでもまかなえることは珍しくありません。

RPAソフトを使う際には実際にどのような機能が必要なのかを把握して、機能制限されている部分だけで十分かどうかを判断しましょう。

サポートが英語のみの場合も

RPAのフリーソフトは海外製のものが多いので、サポートの対応が英語のみというケースがあります。

機能にわからない部分があった場合には、英語で質問をする必要があるかもしれません。

それでも近年は日本語対応のソフトが増えてきているので、状況は変化しつつあります。

特に初めてRPAを利用する場合には、サポートが日本語対応かどうかを確認するようにしましょう。

RPAの導入は難しい?

RPAの自動化を難しく感じる職場は多いです。

実際にRPAを新規で職場に導入することは難しいのかを考えてみましょう。

  • フリーソフトの普及で簡単になりつつある
  • プログラミングのスキルがなくても利用可能
  •  

フリーソフトの普及で簡単になりつつある

RPAはフリーソフトが一般化してきている関係で、導入が簡単になりつつあります。

専門の業者などを介さなくても導入できるケースも珍しくないのです。

フリーソフトであればコストを気にする必要もなく、「とりあえず導入してみよう」気軽な利用が可能となります。

「RPAの導入は難しい」という先入観は、フリーソフトによる低コスト化の流れによって変わることでしょう。

プログラミングのスキルがなくても利用可能

近年のRPAツールはプログラミングのスキルがなくても利用できることが多いです。

単純な作業だけであれば、非IT系の職場でもRPAの魅力を存分に活かせるでしょう。

使い方を指導するためのツールがセットで提供されるソフトも多く、一から学習できる環境が整えられます。

プログラミングスキルの有無ではなく、実際にRPAを導入してどのような効果を引出したいのかを考えるのがポイントです。

まとめ:RPAフリーソフトが作業簡略化のきっかけになる!

RPAフリーソフトは、今後労働力不足に困る職場などでさらなる活躍が期待されるシステムです。

この機会にその魅力を確認して、作業の簡略化を進めてみてはいかがでしょうか。

RPAのようにロボットもひとつの労働力として計算する社会は、これからさらに広まっていきます。

今のうちに導入方法やメリットをフリーソフトから学んで、将来的に職場の作業の多くをRPAに任せることも検討してみましょう。