スタートアップ企業の特徴を解説!現在要注目の企業一覧もあり!

スタートアップ企業という言葉がありますが、これらの企業の特徴を性格に知っている人は少ないと思われます。

また、「具体的にどの企業がスタートアップに該当するの?」と聞かれたら答えられない人が多いのではないでしょうか?

スタートアップ企業の特徴を知れば、たとえばこういった企業に外注する際に、どういった点に気をつければよいか、わかるようになります。

そこで本記事ではスタートアップ企業の特徴と、スタートアップ企業の一覧を紹介しますね。

各スタートアップ企業の優れている点などについても詳しく掘り下げていきます。

本記事を読むことでスタートアップ企業に関することがだいたいわかるようになりますよ。

また、システム開発などをスタートアップ企業に外注する際にも大いに参考になることでしょう。

ぜひ本記事を読んで、スタートアップ企業について知り、これらの企業とコンタクトを取ってみてくださいね。

スタートアップ企業とは?

スタートアップ企業とは一言でいうと、新たなビジネスモデルを開発する企業という意味です。

特にこれをしている会社が、という明確な定義があるわけではありませんか、新しいことにチャレンジしていたり、設立して日が浅い会社がスタートアップ企業と呼ばれることが多いです。

ちなみに、スタートアップ企業という言葉は英語の「startup」に由来し、開始や始動を意味するようですね。

また、スタートアップ企業とベンチャー企業には明確な違いというものはありません。

「会社を売却(EXIT)することをゴールとしている企業とスタートアップ、そうでない企業とベンチャーと呼ぶ」と説明している記事もありますが、一般的にそのような区分分けはされないことが多いです。

日本でも多くのスタートアップ企業が活躍し、特にIT方面ではスタートアップ企業が発表した有名なサービスもいくつかあります。

以上のように、特にスタートアップ企業に明確な定義はありませんが、本記事ではスタートアップ企業=新たなビジネスモデルを開発する企業と考えます。

スタートアップ企業の3つの特徴

スタートアップ企業には大きくわけて3つの特徴があります。

  • イノベーションを起こすことを目的としている
  • 現在急成長中である
  • 少数精鋭メンバーで構成されている

この3つの特徴を1つずつ解説していきますね。

イノベーションを起こすことを目的としている

スタートアップ企業は何かしらのイノベーションを起こそうとしていることが多いです。

イメベーションとはそのまでの固定概念や価値を覆し、全く新しいものを生み出して社会に大きな変化をもたらすこと。

なぜイノベーションを起こそうとしているかというと、「イノベーションを起こす」ということに関しては大企業よりも有利だからです。

スタートアップ企業は社員数が少ないため意思決定が早く、時代の変化についていきやすいため、世の中の問題点を素早く察して改善点を見出すことができます。

また、大企業に比べて失うものが少ないため、大胆な施策を打ちやすいというアドバンテージもあります。

このように、スタートアップ企業はイノベーションを起こす上で有利なため、それを目標にして活動していることが多いです。

現在急成長中である

スタートアップ企業は現在急成長している、というところもポイントとなります。

会社の規模大きくなっていったり、次々と新しい事業にチャレンジしたりして、どんどん会社の知名度や売上が上がっているかどうか。

なお、売上が上がっていなかったり横ばいだったりする場合は、創業年月にもよりますが、中小企業と呼ばれる場合が多いです。

このように、現在成長中であるかもスタートアップ企業を見分けるポイントの1つですね。

少数精鋭メンバーで構成されている

スタートアップ企業は少数精鋭メンバーで構成されていることが多く、仕事を依頼する側にとってはここが1番の注目ポイントとなります。

少数精鋭とは、社員数が少ないものの一人ひとりのスキルや高い状態のことを言います。

なぜ少数精鋭になるのかというと、スタートアップはお金がないため人材を育成することが難しいからです。

そのためできるだけ即戦力となる人材を優先的に雇おうとします。

たとえば、システム開発であれば開発経験のない人は新卒社員よりも、他の会社で開発経験のある人を採用することがほとんど。

また、スタートアップ企業に入社する人は、志が高いというのも少数精鋭になる理由の1つです。

「大企業で安定した生活を送りたい」という人ではなく「スタートアップ企業でバリバリ働いてこの世に名を残したい」といった思考の人が集います。

このような理由で、スタートアップ企業は少数精鋭で開発を行っていることが多いのです。

システム開発を行っているスタートアップ企業一覧

ここではシステム開発を行っているスタートアップ企業の一覧を紹介します。

  • 株式会社創新ラボ
  • 株式会社ソースリンク
  • 株式会社アクシア
  • 株式会社アイスリーデザイン

これらの企業はスタートアップの中でもすでに実績のある企業がほとんどのため、信頼性が高くオススメです。

なおかつ、スタートアップは少数精鋭で開発費用を抑えられているため、安い価格でシステム開発を受注してくれやすいですね。

それでは1つ1つのスタートアップ企業の特徴についてみていきましょう。

株式会社創新ラボ

株式会社創新ラボは2013年に設立したスタートアップのシステム開発会社です。

ECサイト制作やwebマーケティング、UI構築、広告運用、さらに事業開発支援まで幅広くチャレンジしているのが特徴です。

「常に新しい取り組みを模索します。」と企業理念にもあるように新しいことに積極的に挑戦する、スタートアップらしい企業と言えますね。

たとえば、創新ラボは「AIによる営業支援ツールサービス」や「自動車業界C2Cマッチングサービス」といったシステムを開発した実績があります。

特に人工知能やAIといった分野はイノベーションが生まれやすく、スタートアップ企業が挑戦することが多い分野でもありますね。

このように、株式会社創新ラボはスタートアップ企業の中でも優れた特徴を持つ会社です。

株式会社ソースリンク

株式会社ソースリンクは2014年に設立したスタートアップのシステム開発で、Microsoft社のパートナー企業でもあります。

ソフトウェア開発の受託やMicrosoft社のクラウド製品の導入コンサルティングなどを行っています。

JavaやPHP、Perlなどを使ったLAMPSでのシステム開発にも対応できます。

たとえばソースリンクは、株式会社伊勢半や株式会社FAプロダクツのシステム開発に携わった実績があります。

このように、株式会社ソースリンクもオススメできるスタートアップ企業のシステム開発会社の1つです。

株式会社アクシア

株式会社アクシアは2006年に設立したスタートアップのシステム開発の1つです。

webシステムの新規開発やクラウド型サーバーへの移行などのサービスを行っています。

さらには、他社で開発した現行のシステムをアクシアで保守・運用してもらうことも可能です。

また、アクシアはシステム会社でありながら残業時間ゼロであることを表明しています。

残業をなくすことによって、業務が効率化されるほか、社員の定着率も高くなり、優秀な人材が集まりやすくなると考えています。

優秀な人材が集まった結果、社員数が少ないながらもサービスの品質を落とさず納品スケジュールを守って開発できています。

さらに、アクシアは相場よりも低価格で受注することがほとんどで、クライアントからも高く評価されています。

このような理由から、株式会社アクシアもオススメできるスタートアップ企業ですね。

株式会社アイスリーデザイン

株式会社アイスリーデザイン2006年に設立し、た渋谷区に本社を構えるスタートアップのシステム開発です。

システム開発だけでなく、UX/UIデザインやクラウド構築・サイト運用など幅広くサービスを提供しており、どれもこだわりを持って開発をしています。

アイスリーデザインは、これまで数多くの大手企業と取引した実績があるため信頼性が高く、安定してプロジェクトを進める体制が整っています。

たとえば、チケットぴあのスマホ向けサイトのバージョンアップを行ったことや、羽田市場のコーポレートサイトのリニューアルを行ったことがあります。

授業員数が26名と少ないながらも、1人1人の技術力が高く、特にユーザーにとってわかりやすいデザインを作成することが得意です。

このように、株式会社アイスリーデザインも優れた特徴を持つスタートアップ企業ですね。

スタートアップ企業の特徴と一覧 まとめ

本記事ではスタートアップ企業の特徴とスタートアップ一覧についてまとめました。

スタートアップ企業には優れた特徴を持っているものが多く、これらの企業にシステム開発を依頼することは、様々なメリットがあります。

人数が少ないからこそのスピード感があったり、開発にかかる金額を抑えることができたり、など優れている点がたくさん。

ぜひ本記事を参考にして、スタートアップ企業にシステム開発を依頼してみてくださいね。

また、スタートアップ企業はイノベーションを起こしやすい形態であるため、今後知名度を一気にアップさせる企業が現れるかもしれません。

自社サービスが評価を得た企業にシステム開発を依頼するという手もありますね。