マルケトとは?機能の使い方から導入事例、価格、評判までを徹底解説!

世の中のデジタル化に合わせてマーケティングの形も変わり、新しいスタイルが確立され始めています。

これまで通りのやり方では、フォローしきれない点も増えることが予想されるでしょう。

そんな中でおすすめされるのが、「マルケト」のようなマーケティングオートメーションツール(MAツール)の活用です。

スムーズなマーケティング作業を実現するために利用できるMAツールは、仕事の効率化や顧客との新たなつながり方を提案してくれます。

こちらではそんな魅力を持つマルケトの基本的な概要や使い方、評判や導入事例までチェックしていきます。

この機会にマルケトの導入を検討して、マーケティングオートメーションツールのメリットを体験してみてはいかがでしょうか。

マルケトとは?

そもそもマルケトとは、どのようなサービス内容となっているのでしょうか。

まずは基本となるマルケトの特徴を把握し、そのメリットを確認してみてください。

  • 長期的な関係を作り上げるマーケティングオートメーションツール(MAツール)
  • 全世界で5,000社以上が導入している実績が特徴
  • 2018年にアドビによって買収

長期的な関係を作り上げるマーケティングオートメーションツール(MAツール)

マルケトとは、企業が行うマーケティング活動をサポートする専用サービスです。

いわゆるマーケティングオートメーションツール(MAツール)を提供する存在であり、2006年にアメリカで創業して以来多くの企業のマーケティングを手助けしています。

多くの作業を自動化し、その結果顧客と長期的な関係を作りあげられるのが特徴です。
マーケティング活動に問題や改善点を抱えている企業にとっては、マルケトの導入が解決につながるでしょう。

全世界で5,000社以上が導入している実績が特徴

マルケトは全世界で39ヵ国、5,000社を超える企業に導入されています。

その実績はひとつの魅力であり、自社で活用する理由になるでしょう。

マーケティングオートメーションツールを使ったことがない企業も、数々の実績を持つマルケトであれば安心して使い始められます。

MAツールの経験が浅い企業に対しても丁寧なサポートが実施されているので、世界で使われているマルケトの魅力を実感できるでしょう。

2018年にアドビによって買収

マルケトは2018年に、アドビによって買収されました。

Photoshop、illustratorなどで有名なアドビシステムズとの統合は、マルケトの可能性をさらに広げると期待されています。

2019年3月1日を持って、マルケトとアドビの統合は完了しました。

今後はアドビのノウハウを利用したマルケトのさらなるサービスの強化にも、注目が集まるでしょう。

マルケトの機能の使い方と期待できる効果

マーケティングオートメーションツールとしての機能を複数持つマルケトは、さまざまな使い方を考えることができます。

その主な機能の使い方を確認して、マルケト導入後のイメージと期待できる効果について考えていきましょう。

  • 統合プラットフォームを活用した顧客との強固な結びつき
  • SEO対策による検索結果での上位表示
  • 理想的なタイミングを意識したターゲティング
  • マルケトの価格は?

パーソナライズ機能を活用した顧客との強固な結びつき

マルケトのパーソナライズ機能を活用することで、顧客との強固な結びつきが生まれます。

特に個々の顧客が持つ特徴や最近の行動に合わせて自動送信が行えるメール機能や、ソーシャルメディアを使ったマーケティングをサポートする機能がポイント。

例えばどのような画面にも対応できる「レスポンシブテンプレート」を使ったメール機能で、スマホやパソコンといったそれぞれのデバイスで見やすいメールを簡単に作成できます。

最近アクティビティのない顧客をリアルタイムで判別し、自動でメールを送信する機能と合わせて利用すれば、興味を失ってしまった休眠顧客に対しても有効なマーケティングが可能です。

他にも企業が運営している各種SNSの中でどれが成果を上げているのかを分析できる機能を使って、より自社に興味のある顧客を見つけ出すこともできます。

どのソーシャルメディアと自社コンテンツの相性が良いのかが客観的にわかるので、ブランド力を高めることにつなげられるでしょう。

これらの機能を使えば業務上の手間を省略した上でアプローチを行えるため、顧客からのエンゲージメント(会社と顧客の絆)を高めながら強固な結びつきの確保に期待できます。

参考記事:ソーシャルメディアをマーケティング戦略全体の中に組み込む(マルケト)

参考記事:相手に応じた適切な対話を通じてお客様との関係を構築(マルケト)

SEO対策による検索結果での上位表示

マルケトはインターネット検索結果の上位表示を実現し、ネットを使った新規顧客の獲得につなげる機能もあります。

SEO対策に役立つ専用のダッシュボードが利用できるので、初めてでも現在の検索エンジンに合わせたキーワードの設定や分析が可能です。

例えばマルケトのダッシュボードは、自社サイトがどの程度SEOに最適化されているのかをグラフで可視化してくれます。

設定したキーワードで自社サイトが何番目に表示されているのかも、簡単にチェック可能です。

さらにマルケトが独自で測定する結果が数値で示されるので、自社サイトのスコアを上げるという明確な目的が生まれるのも特徴。

SEO対策の結果がわかりやすいため、ネットからの新規顧客の獲得という目的達成にもマルケトの機能は期待できます。

参考:SEOダッシュボードを理解する:SEOのスナップショット(マルケト)

ターゲティング精度向上による広告コストの削減

マルケトはターゲティング精度の向上による、広告コスト削減にも役立てられます。

事前に自社サービスに興味があるユーザーに絞ってマーケティングを行えれば、広告コストは大幅に下げることが可能です。

例えばマルケトの「Ad Bridge」機能を使えば、収集したデータを元に個人ユーザーへ提供するデジタル広告を自動で最適化し、より精密なターゲティングにつなげられます。

そのユーザーが本当に興味のある情報をピンポイントで提示できることから、結果として効果の薄い無駄な広告にかけるコストを削減できるでしょう。

参考:Marketoの「Ad Bridge」が可能にする3つのこと(マルケト)

マルケトの価格は?

マルケトの価格は使い方などによって異なるため、基本的には直接問い合わせることが必要になります。

マルケトの公式サイトにはアプローチするための電話番号とメールアドレス等が公開されているので、簡単に問い合わせることが可能です。

その他にもサービスの概要をまとめた資料の無料ダウンロードなども行えるため、まずは公式サイトをチェックしてみましょう。

マルケトを導入した企業の事例

マルケトは海外だけではなく、日本国内でも多くの企業に導入されています。

いくつか事例をチェックして、その魅力を具体的に知ってみましょう。

  • 日立製作所
  • LINE Pay
  • コクヨ

日立製作所

製造業として国内で有数の規模を持つ日立製作所は、マルケトの導入を行って業務の最適化を進めています。

サイト来訪者に合わせて表示内容を変更したことによるクリック率の上昇、メールに対する反応を元にしたスコアリングとそれに合わせたセミナーの案内、顧客情報共有の実現などが効果として得られたとのこと。

デジタルの要素を存分に活用するシステムとして、マルケトは有力なサポートになったと考えられるでしょう。

LINE Pay

キャッシュレス決済としてその魅力が広まっているLINE Payも、マルケトの導入を行っています。

マーケティング初心者ばかりだった職場のナーチャリング(育成)を効率的に進め、サービスの展開に必要な仕組みの構築に成功したそうです。

自主開催しているイベントやセミナーもマルケトによって管理しやすくなったため、年間200回ほど開催できるようになったとのこと。

サービスへの加盟申し込みも前年実績から大きく飛躍していることから、マルケトの効果が体感できている事例となっています。

コクヨ

1905年に創業した老舗であるコクヨも、近年のマーケティングの変化を受けてマルケトの導入を実施しました。

作業効率の上昇による集客率の向上、マルケトのプラットフォームを共通言語とした意識の統一など、さまざまなメリットを職場に取り入れています。

マーケティングの効率化を実現したその成果は、マルケト導入の際には参考になるでしょう。

マルケトはセミナーも実施中!

マルケトは独自サービスの利用を推進するために、セミナーも実施しています。

これからマルケトを導入する予定があるのなら、まずはセミナーやトレーニングサービスからチェックしてみるのもおすすめです。

  • 有益な情報を獲得できるセミナーを開催
  • 使い方に慣れるためのトレーニングも

有益な情報を獲得できるセミナーを開催

マルケトはその機能の使い方や魅力を解説するセミナーを複数回開催していて、企業への直接的なアピールを実施しています。

会場を使った大規模なものばかりではなく、Webセミナーも開催されているので、時間がなくても参加しやすいのがポイント。

過去のセミナーも公式サイトで確認できるため、どのような実績があるのか確認してみましょう。

参考:セミナー(マルケト)

使い方に慣れるためのトレーニングも

マルケトは機能のセットアップや基本的な使い方を解説する、有償トレーニングも行っています。

初めてマーケティングオートメーションツールを使う場合は、このトレーニングで基礎的な要素を把握することもおすすめです。

参考:トレーニング(マルケト)

マルケトの評判は?

多くの企業で利用されているマルケトですが、実際の評判はどのようなものになっているのでしょうか。

以下ではマルケトの評判を一例として紹介しますので、参考にしてみてください。

  • やりたいことが全部できる!
  • 会社内のオペレーション機能の改善にもつながる
  • 他ツールとの連携も魅力

やりたいことが全部できる!

マルケトは多機能プラットフォームとなっているので、マーケティングの担当者からは「やりたいことが全部できる!」といった高評価を得ています。

作業の自動化とスコア設定などによって、マーケティングの道筋が見えやすくなったといった声が聞かれます。

マーケティングを全体的に改善したいケースなどは、マルケトの導入がおすすめされるでしょう。

会社内のオペレーション機能の改善にもつながる

マルケトは組織内の情報共有や進捗の確認などにも使えるため、オペレーション機能全般の改善にもつなげられると評判です。

社内の連携から効果的なマーケティングを進めることも可能なので、マルケトの導入は企業の基礎となるマーケティング地盤を作成する機会になるでしょう。

他ツールとの連携も魅力

他分野のツールと連携しやすい点も、マルケトの評価を高める要因になっています。

必要に応じて外部のツールを導入できることから、高いカスタマイズ性を実現しているのです。

現状は海外のツールとの連携が主なため、今後は日本国内のサービスとつながることも期待されるでしょう。

まとめ:マルケトを使ってマーケティングの最適化を目指そう!

マーケティングオートメーションツールを導入することは、企業のマーケティングを変えるきっかけになります。
この機会にマルケトの魅力をチェックして、導入を進めることを検討してみましょう。

マルケトはマーケティングを最適化し、今の状態では実現できない領域に導いてくれるツールです。

自社にとってどのようなメリットがあるのかを、こちらを参考に確認してみてください。