リスケとは?意味と使い方を間違えると恥ずかしいビジネス用語

ビジネスに携わっていれば良くか悪くか一度は関わることになるであろう「リスケ」の意味について、あなたはしっかりと理解できているでしょうか?

リスケはビジネスシーンにおいて少なからず利用される言葉ですが、使い方や使う場面には十分に注意する必要がある言葉でもあります。

リスケという言葉自体が略称であるため、カジュアルに使用される機会も多いようですが、利用者はきちんと「リスケ」の意味を理解し必要な場面でのみ利用することが重要です。

そこで本記事では、ビジネスシーンに関わる方向けに「リスケ」の意味から使い方や注意点について徹底解説していきたいと思います。

リスケとは

リスケには2つの意味があります。

それぞれ説明していきますね。

  • 一般的には計画変更を意味する言葉
  • 金融業界でのリスケは別の意味として利用されている

一般的には計画変更を意味する言葉

一般的に使われる「リスケ」は、「リスケジュール」の略称です。

英語の「reschedule」という単語が元になっており、日本語に直訳すると「計画変更」を意味します。

ビジネスシーンで使用する人がほとんどではないでしょうか?

友達との予定でリスケが行われることも頻繁にあると思いますが、単語として「リスケしたい」のように使用されることはあまり多くありません。

金融業界でのリスケは別の意味として利用されている

金融業界での「リスケ」は、「返済計画の変更」として利用されます。

どちらのリスケも「計画変更」の意味合いは同じですが、若干ニュアンスが異なりますね。

それでは次に、よく使われる方であるビジネスシーンにおけるリスケの使い方について確認していきましょう。

ビジネスシーンにおけるリスケの使い方の具体例とは

リスケの使い方として、ビジネスシーンにおける具体例をご紹介していきたいと思います。

  • スケジュールの変更が必要となった場合の具体例
  • メールや口語で利用する際の使い方を確認しよう

スケジュールの変更が必要となった場合の具体例

リスケが利用されるケースとしては、言葉の意味通り「スケジュールの変更が必要になった場合」に使用されることになります。

例えば、当初の予定に間に合わない場合や、スケジュールの前倒しが必要になった場合などですね。

またビジネスシーンでは、プロジェクト単位やタスク単位で期限が設けられます。

プロジェクトが始まった段階でスケジュールが引かれ、細かく分けられたタスク毎に期限が設定されます。

もし自分が関わるタスクで期限に間に合わない場合、上司やリーダーに対して「リスケ」をお願いする必要が出てきます。

また上記とは逆に、上司やリーダーから当初の予定よりも期限を早めて欲しいといった「リスケ」の要望が来ることもあるでしょう。

メールや口語で利用する際の使い方を確認しよう

実際にリスケが必要になった場合、メールや口語で利用するためのサンプルをご紹介していきたいと思います。

・自分のスケジュールが間に合わず上司にリスケをお願いする例
〇〇のタスクに関してですが、現在のスケジュールに間に合わせることが出来ないため、リスケをお願いすることは可能でしょうか?

・上司からスケジュールを早めるリスケをお願いされる例
〇〇に関してですが、取引先からの依頼で少し納期が早くなりそうです。リスケは可能ですか?

・予定していた社内会議が延期になった場合の例
今週予定していた社内会議が〇〇日に延期となりました。各自リスケをお願いします。

上記はあくまで一例ですが、リスケはメールや口語でビジネスシーンの中でも比較的カジュアルな場面で利用するものと理解しておきましょう。

リスケの使い方 6つの注意点

リスケは元々の予定を守れずにスケジュールの延期をお願いする際に利用することが多く、気軽に利用して良いものではありません。

相手を不快にしないためにも、リスケをお願いする場合の最低限のマナーについて確認しておきましょう。

  • 1.直接のやり取りでリスケをお願いする
  • 2.あくまで相手の承認が必要であることを意識する
  • 3.メールでの確認も必ず送信しておく
  • 4.頻繁にリスケをお願いしない
  • 5.リスケを使う相手には気をつける
  • 6.リスケで決定した日程は必ず守る

1.直接のやり取りでリスケをお願いする

リスケをお願いする最初の段階では、直接対面でスケジュールの調整を依頼するか、最低でも電話でのやり取りで相手と直接交渉することがマナーと言えます。

メールやチャットツールでの依頼ももちろん可能ではありますが、特にスケジュールの延期を依頼する場合などは、相手にお願いする立場となりますので直接自分の言葉でお願いすることが望ましいと考えられています。

2.あくまで相手の承認が必要であることを意識する

リスケは自分がお願いすれば必ず承認されるものではありません。

あくまで当初の予定を変更してもらうお願いであるため、上司やリーダーの承認が必要となります。

どうしてもスケジュールが間に合わないといった場合には、なるべく早く、相手がスケジュール調整しやすいようにお願いすることも重要です。

3.メールでの確認も必ず送信しておく

リスケは直接のやり取りでお願いするべきと上述しましたが、メールでの確認も同時に送信しておくべきと言えます。

お願いする相手が忙しい場合には特にスケジュールの変更を忘れてしまい、当初の予定期日となって問題が発覚するケースも少なくありません。

両者の意識を合わせるためにも文面に残る形で「リスケが必要であること」「リスケを承諾したこと」を確認出来るように、メール送信しておくようにしましょう。

4.頻繁にリスケをお願いしない

頻繁にリスケをお願いしないことは基本中の基本となります。

ビジネスシーンに慣れていない方が特にやってしまいがちな失敗として、スケジュールを確認して承諾した後にリスケを何度もお願いするケースがあります。

スケジュールを最初に提示された段階で交渉するのは、リスケとは言わずご自身の不備ではありません。

しかし、一度承諾してしまったスケジュールをリスケするのは多くの場合、ご自身の責任になってしまいます。

スケジュールを決める最初の段階で、ご自身が完了させることが出来るスケジュールに交渉することはもちろん、もし承諾後リスケが必要な場合にはしっかりとスケジュールを吟味し頻繁にリスケをお願いしなくて良いよう計画を練ることが大事です。

5.リスケを使う相手には気をつける

リスケを使う場合、お願いする相手にも気をつける必要があります。

まず上述しましたように、取引先など企業間で「リスケ」という言葉を使うことは一般的ではありません。

また自分の立場にもよりますが、社長など重役相手に「リスケ」という言葉を使用することも失礼にあたる場合があり、あくまで「リスケ」という言葉はカジュアルに利用するもので、厳格なビジネスシーンでは避けるべき言葉であることを認識しておきましょう。

6.リスケで決定した日程は必ず守る

リスケが承認された場合には、変更後の納期が決められることになると思います。

リスケをお願いした場合、変更された納期については必ず守るようにしてください。

リスケをすることで自分以外の第三者のスケジュールにも影響を与えることは少なくないため、何度もリスケをお願いしているとスケジュールを守らない人として信頼を失ってしまいます。

「どうしても必要な場合以外はリスケをお願いしない」「一度決めたリスケ後の日程には必ず間に合わせる」これらはビジネスで信頼を勝ち取るために重要なポイントとなります。

まとめ:リスケの使い方次第で相手の信頼を失うこともあるため注意が必要

本記事では、リスケの使い方について、注意点やマナーとして知っておくべきことを交えながらご紹介してきました。

リスケは略称として使用されることから、カジュアルに捉えられがちですが、多くの人に影響を及ぼすため、使い方を間違っては信頼を失うことに繋がりかねません。

リスケの使い方をきちんと理解し、本当に必要な場合にきちんとした使い方で利用出来るよう、しっかりと言葉の意味は把握しておきましょう。