PMF(プロダクトマーケットフィット)とは?自社コンテンツの最適化を考えよう!

近年ビジネスの現場や事業のスタートアップの段階で、「PMF(プロダクトマーケットフィット)」という言葉を聞いたことはありませんでしょうか。

広まり始めているPMFの意味を知らないと、仕事の成果をスムーズに出すことが難しくなる可能性があります。

ときにはPMFを有効利用できないことが、事業の達成を遠ざけることもあるでしょう。

そこでこちらでは改めてPMFという言葉の意味や、事業に取り入れるためのプロセスを確認します。

この機会にPMFという新たな指標を活用して、業務の最適化を目指しましょう。

PMF(プロダクトマーケットフィット)とは?

PMFを知るには、まずその言葉の意味を確認する必要があります。

会議の場や取引先との会話でPMFが自然と使えるように、定義を把握しておきましょう。

  • 商品やサービスが正しい市場に受け入れられている状態
  • 顧客を満足させられるかどうかを事前に予想する
  • スタートアップにおいて重要なポイントになる

商品やサービスが正しい市場に受け入れられている状態

PMFを定義すると、「自社の商品やサービスが適切な市場に受け入れられている状態」を指す言葉となります。

プロダクト(製品)・マーケット(市場)・フィット(適合)というそれぞれの単語が、意味を形成しているのです。

ウェブブラウザのNetscapeシリーズを作り上げたマーク・アンドリーセンが提唱した言葉で、事業のスタートアップ時などに用いられることが多いのが特徴。

PMFが達成できていると、ユーザーニーズにぴったりと合った内容を提供できていると判断できます。

商品やサービスが正しい市場の受け入れられていることを知る際には、PMFをチェックすることが求められるでしょう。

顧客を満足させられるかどうかを事前に予想する

PMFは市場の顧客を満足させられているかどうかを、事前に予想することに使えます。

新規事業にどれくらいの注目が集まるのかが、PMFのプロセスを通すことである程度具体的にイメージできるようになるのです。

商品やサービスはどんな顧客に向いているのか、マッチする顧客は市場のどこにいるのか、顧客はどういったことを求めているのか。

そういった点を分析するPMFを導入することで、顧客を満足させられるかを予想できます。

スタートアップにおいて重要なポイントになる

PMFは新しい事業におけるスタートアップでの重要なポイントになります。

適切な市場に事業を提供できているPMFの状態を維持することは、求める結果の達成につながるのです。

スタートアップ時に明確な指標や目標がないと、事業が迷走する可能性があります。

もちろん、スタートアップだけでなくユーザーの新規開拓や方向性の転換時にもPMFは参考にすることが可能です。

ひとつの道標としてPMFを用いることが、スタートアップを含めたあらゆる事業において重要になり得ます。

PMFを達成するためのプロセス

PMFを達成して事業を成功に導くためには、以下のようなプロセスがポイントになります。

どのような行動がPMFのカギとなるのかを、確認しておきましょう。

  • 市場のニーズを確認する
  • 顧客となるユーザーに解決策を示す
  • コストバランスの検証

市場のニーズを確認する

市場のニーズを確認することが、PMFの達成においては何よりも大切です。

どういった商品・サービスが求められているのかがわかれば、自社のコンテンツとどの程度マッチしているのかが判断できます。

発足段階であれば、市場ニーズに合わせて改善を行っていくこともできるでしょう。

市場のニーズの確認には、メインユーザーへのヒアリングなどが有効です。

直接的にユーザーの声を聞き、反応を伺うことができれば、市場ニーズはより明確になります。

表面的ではなく潜在的なニーズを探ることにもなるので、PMFの達成を進める新しいアイデアの発見につなげられることも。

PMFを達成する市場ニーズを理解することが、最初のプロセスになるでしょう。

顧客となるユーザーに解決策を示す

顧客となるユーザーに対して具体的な解決策を示すことも、PMFを進めるプロセスに関わります。

自社が提供する商品・サービスが、ユーザーの悩みや問題を解決することをアピールできれば、その需要を広く認識してもらうことが可能です。

それは市場にさらにマッチした状態を促し、商品やサービスの安定した供給につながるでしょう。

ユーザーの悩みや問題を定義し、それに対してどんなアプローチが行えるのかをシミュレートするのがコツ。

「この商品・サービスを使うことでユーザーのこんな悩みが解決できる」と明言できるかどうかが、PMFの達成を決めるのです。

商品やサービスを実際に市場にリリースする前に、顧客となるユーザーに具体的な解決策を示せるか考えてみましょう。

コストバランスの検証

PMFを達成するためには、長期的なプランを見越したコストバランスの検証も必要です。

無駄な機能を省き、その分のコストをユーザーのニーズに合わせた部分に回すことができれば、よりフィットした商品・サービス展開が行えます。

また、ユーザーがどの程度のコストを支払ってくれるのかを見込んでおくことも。PMFにおいては重要な指標です。

コストを参考にできれば、商品やサービスのコンセプトを見直すことができるでしょう。

PMFの達成プロセスを考える際には、コストバランスを検証する機会を作ることがコツになります。

PMFをマーケティングに活用する際のコツ

PMFの理論は、さまざまなマーケティングに活用することが可能です。

スタートアップ時はもちろん、新規事業の展開時には以下のコツをチェックしておきましょう。

  • 市場のリサーチは継続する
  • 顧客のロイヤリティをチェックする
  • PSF(プロブレムソリューションフィット)を理解する

市場のリサーチは継続する

PMFを有効活用するには、市場のリサーチを継続して行っていくことがコツです。

商品やサービスを提示する市場は、常に変化する可能性を持っています。

これまで最適だったことが、明日もまた同じように扱えるとは限らないのです。

PMFの状況を達成し続けるためにも、常に市場のリサーチを行って最適なプロダクトをキープしましょう。

定期的にリサーチすることは、自社コンテンツがマッチしている新しい市場を見つけることにもつながります。

PMFにおける新しいニーズの開拓のためにも、市場のリサーチは継続していきましょう。

顧客のロイヤリティをチェックする

顧客からの信頼や愛着などを高めるロイヤリティをチェックすることも、PMFをマーケティングに活用する際のポイントです。

顧客のロイヤリティを把握し、それを高めるための方法を考えることができれば、ユーザーの満足度を充実させられます。

より市場にフィットした商品・サービスの開発ができるので、顧客ロイヤリティには目を向けるべきでしょう。

顧客ロイヤリティのチェックには、NPS(ネットプロモータースコア)などを利用して客観的に測定することが大切です。

ロイヤリティを測定できるNPSを採用することで、目に見えない顧客の感情を数値化できます。

顧客の具体的なイメージを持つことにつながるため、PMFを導入する際にはロイヤリティチェックの方法も社内に確立しておきましょう。

PSF(プロブレムソリューションフィット)を理解する

PMFを活用するには、PSF(プロブレムソリューションフィット)を理解することも重要です。

PSFとはプロブレム(問題)・ソリューション(解決)・フィット(適合)という言葉を直訳して、「問題解決に最適な方法」と定義されます。

実際にユーザーのニーズに応える際には、このPSFを理解して具体的な解決手段を考えることがポイントです。

PMFを軸に市場にフィットした状態を継続しつつ、PSFで最適な解決方法を見つけることは、相互にメリットを与える結果につながります。

PMFの導入が検討されるときには、同時にPSFを理解することにも努めましょう。

PMFを達成した事例

PMFを達成した企業の事例を見ることで、どのようなメリットがあるのかがわかってきます。

実際にPMFを達成した事例を確認して、導入時の参考にしてみましょう。

  • CloudSign

CloudSign

契約手続きをWeb上で完結させるサービス「CloudSign」は、PMFを実現したことで事業拡大のスピードを高めました。

まずはサービスを提供する市場を分析して、「弁護士の仕事には大量の紙や、押印や郵送といった手間がかかること」を問題として取り上げます。

その問題の解決策として、「Web上で契約の手間が完了する」というサービスを提示しました。

その結果、問題の内容と解決策がぴったりとマッチし、PMFを最適な状態にできたのです。

CloudSignはリリースまでに100社以上にヒアリングを重ね、ターゲットの選定を行いました。

市場が求めるニーズを事前に確認したことが、PMF達成につながったと考えられます。

PMFを導入する際には、このCloudSignの事例は参考にできるでしょう。

参考:https://seleck.cc/959

まとめ:PMFの活用が事業のスタートアップを助ける!最適なマーケティングを目指そう!

PMFを考えることで、事業のスタートアップをスムーズに進められます。

根拠のない楽観的な認識や勢いだけの見切り発車を避けるためにも、これから新しいことにチャレンジする企業はPMFについての理解を深めておきましょう。

「PMFとは何か?」といった基本的なことを知ることが、最初の一歩になります。

そこから具体的なポイントや事例を確認して、PMFの本格的な導入を進めていきましょう。