理想的なプレゼン資料の表紙とは?魅力のあるデザインの作り方を解説!

魅力的なプレゼン資料を作る際には、表紙がひとつのポイントです。

表紙に力を入れないと、聞き手の興味を掻き立てることが難しくなります。

それは結果的にプレゼンそのものへの関心を失わせ、せっかく準備した内容をきちんと伝えられないという事態にもなりかねません。

そこでこちらでは、理想的なプレゼン資料の表紙がどのようなものなのかを考えていきます。

おすすめなデザインやポイント、作成時のコツなどをチェックして、プレゼン資料の表紙を今一度見直してみてください。

プレゼン資料の表紙におすすめのデザイン

プレゼン資料の表紙におすすめとなるのが、以下のような要素を含んだデザインです。

それぞれの特徴をチェックして、実際のプレゼン資料作りの参考にしてみてください。

  • シンプルな見た目を意識する
  • かっこいい&おしゃれな画像を導入する
  • タイトルと日付がしっかりとわかるように

シンプルな見た目を意識する

可能な限りシンプルな状態に落とし込むことが、プレゼン資料の表紙をデザインする際にはおすすめです。

ごちゃごちゃと文字をつづったり、派手な色を多用したりすることは、見辛い表紙を作る原因となります。

見辛いと第一印象が悪くなり、聞き手のプレゼンへの期待感を薄めてしまうでしょう。

表紙のデザインは色やフォントを軸にシンプルさを追求して、見やすくなるように工夫するのがポイントです。

プレゼン資料作りの表紙に迷ったときは、シンプルな見た目を意識することを思い出しましょう。

かっこいい&おしゃれな画像を導入する

プレゼン資料の表紙にインパクトを加えるためにも、かっこいい&おしゃれな画像を導入することもおすすめされます。

表紙に画像があると、自然とプレゼン資料に目を向けてもらえます。

そのままページをめくって中を見てもらうことにつながるので、プレゼン資料の価値を高められるでしょう。

導入する画像はただかっこいい・おしゃれなだけでなく、なるべくプレゼン内容に合わせたものを選ぶのがポイント。

フリー素材サイトなどをチェックして、プレゼンにぴったりと合う画像を調達してみましょう。

タイトルと日付がしっかりとわかるように

プレゼン資料にはタイトルと日付が欠かせないので、しっかりとわかりやすい位置に明記しましょう。

ひと目見ればプレゼン内容が把握できるタイトルがあり、かつ後から見返しやすい日付があるプレゼン資料は便利です。

タイトルは資料の内容を要約したもの、日付はプレゼン当日を記載します。

プレゼンの始まる前と終わった後の両方を意識した表紙を作るためにも、タイトルと日付を載せたデザインを作るのがおすすめです。

プレゼン資料の表紙をデザインするポイント

魅力的なプレゼン資料の表紙をデザインするには、いくつかのポイントをチェックすることがコツです。

普段はデザインをしない人も、以下を参考に表紙の色や文字などにこだわってみましょう。

  • 使う色は最低限に抑える
  • 文字数も少なめを意識
  • 参考にできるデザインを見つける

使う色は最低限に抑える

プレゼン資料の表紙に使う色は、最低限の数に抑えるのがコツとなります。

無闇に色を増やすと目移りしてしまい、派手なだけでセンスのないデザインになりがちです。

白・黒といった色を基本とし、表紙のメインにする色とそれに合わせたサブの色の3〜4種類がおすすめ。

強調する色とそうでない色を明確にすると、はっきりと見やすい表紙が近づきます。

表紙のデザインを行う際にはまず必要な色を選定して、最低限の数に抑えることから始めてみましょう。

文字数も少なめを意識

プレゼン資料を際立たせる表紙をデザインする際には、文字数も少なめを意識します。

文字数が多すぎる表紙は情報量が増えてしまい、聞き手に伝えるべきことが埋もれてしまいがちです。

それは表紙の段階から、聞き手を遠ざけることにもつながってしまうでしょう。

サブタイトルやプレゼンに関する簡単な説明などを付け加える際には、特に文字数が多くなりすぎないように注意が必要です。

表紙の完成前に文字数を精査して、可能な限り少なめに調整するのがおすすめされます。

参考にできるデザインを見つける

プレゼン資料の表紙を考える際には、参考にできるデザインを見つけておくこともポイントです。

お手本になるデザインがあれば、完成後の表紙をイメージしやすくなります。

自分のお気に入りのデザインを見つけて、色合いや文字などを参考にしてみましょう。

特に普段はあまりデザインに興味がない人ほど、参考となる対象を見つけておくのがおすすめ。

まずはネットや雑誌などをチェックして、参考元となるデザインを探してみてください。

プレゼン資料の表紙が持つ役割とは?

プレゼン資料の表紙が持つ役割を理解できると、作成が捗ります。

なぜプレゼン資料の表紙が重要なのかを、以下の役割からチェックしてみましょう。

  • プレゼンの概要を伝える
  • 聞き手の記憶に印象付ける
  • 見やすい表紙で聞きたくなるプレゼンを演出する

プレゼンの概要を伝える

プレゼンの概要を最初に伝えることは、表紙の持つ大切な役割です。

どういった内容を取り扱い、どんな雰囲気で行われるのか。

そんな点をスムーズに伝えられる表紙が、プレゼン資料においては最適なものとなるでしょう。

プレゼンの概要を伝えるには、先に紹介した通りシンプルな状態をキープしつつ、テーマに沿った画像を使うのがおすすめです。

表紙の作成に迷ったときは、プレゼン内容を伝えるという役割に立ち返って考えてみましょう。

聞き手の記憶に印象付ける

表紙はプレゼンの内容を聞き手に印象付けるための役割も担います。

インパクトのある表紙やプレゼンテーマに合った表紙であれば、それをきっかけに内容を記憶してもらいやすくなるでしょう。

「あの表紙=あのプレゼン」と結びつけてもらえることが、理想的な表紙のあり方です。

記憶に残るようなデザインを意識した上で、表紙作成に取り掛かるのがコツになります。

見やすい表紙で聞きたくなるプレゼンを演出する

見やすい表紙を使った資料は、聞きたくなるようなプレゼンを演出してくれます。

プレゼン資料によって聞き手の第一印象を良くできれば、内容にも興味を持ってくれやすいです。

表紙に魅力があるほど期待値は高まるので、プレゼンの内容を目立たせるためにも見た目から作り込むことがおすすめされます。

プレゼンの演出の一部にもなり得る表紙は、なるべく作り込んでいくように心がけましょう。

プレゼン資料の表紙を作成しやすくするための方法

プレゼン資料の作成に慣れていない人は、事前に作りやすくするための方法をチェックしておくことがおすすめです。

表紙をスムーズに作成できるように、以下を参考にして考え方や環境を整えてみましょう。

  • スライドなどと雰囲気を合わせてみる
  • 表紙のフォーマットを定型化する
  • 意見を聞いて改善を重ねる

スライドなどと雰囲気を合わせる

プレゼン資料の表紙は、一緒に利用するスライドなどと雰囲気を合わせることで作成がしやすくなります。

文字のフォント、色合いなどのイメージが自分の中で出来上がっていれば、あとはその形に合わせるだけでOKです。

どんな表紙をデザインすればいいのかわからないときには、スライドや資料の中身と雰囲気を統一することを考えてみましょう。

全体に統一感があると、聞き手はプレゼンの内容に入り込みやすくなります。

逆にスライド、表紙、プレゼン内容がバラバラだと聞き手を引き込むのが難しくなるので、なるべく雰囲気を合わせていくのがポイントです。

表紙のフォーマットを定型化する

一度作った表紙のフォーマットは、保存して定型化してしまうのがおすすめです。

簡単に表紙を取り出せるようにしておけば、その後再びプレゼン資料を作る機会があってもスムーズに対応できるでしょう。

表紙のフォーマットがあれば、その後気づいたことや修正したい点が見つかったときにも、反映させやすいです。

より良いプレゼン資料を作成することにつながるので、一度作った表紙は消去せずに保存しておきましょう。

意見を聞いて改善を重ねる

プレゼン資料の表紙を作成したなら、客観的な意見を聞いて改善を重ねていくことも肝心です。

実際に表紙を見て感じたことを率直に受け取ることが、より良い表紙を作成するきっかけになるでしょう。

文字の大きさや色の選択、どの部分が印象に残ったかといった点を聞くのがポイント。

具体的な部分を指摘してもらえれば、より改善は進めやすくなるでしょう。

その後の作成につなげていけるように、プレゼン資料の表紙を作ったら積極的に意見を聞いていくことがおすすめです。

まとめ:プレゼン資料は表紙が肝心!素敵なデザインを作成しよう!

プレゼン資料は中身だけでなく、その外装を飾る表紙もまた重要なポイントになります。

仕事でプレゼン資料を作成する際には、表紙にもこだわって素敵なデザインを考えてみましょう。

表紙がきちんと完成されていれば、プレゼン内容にもしっかりと力を入れていると評価してもらえます。

プレゼン全体の印象を変えることもあるので、内容にふさわしい表紙を作成してみてください。