中途社員が使えない!?採用前と採用後の対策とは?

時間と費用を掛けて採用した中途社員が使えない!

こんな経験をお持ちの企業も多いのでは無いでしょうか?

多くの場合、中途社員の採用は面接により行われますが、短い面接の時間で本当に企業にとって価値のある社員なのかを判断するのは難しいのも事実です。

しかし採用前により具体的な能力を確認することで事前に使えない社員を判別したり、採用してしまった後でも企業がしっかりとサポートすることで能力を発揮する社員に成長させることは可能です。

本記事では、中途社員の採用を検討している企業の人事担当者や中途社員をサポートする立場の方向けに、自社で活躍できる中途社員の見分け方とサポート方法をご紹介していきたいと思います。

自社が必要としている中途社員をきちんと選別することはもちろん大事ですが、採用後のサポートにより能力を開花することも少なく無いため、本記事の内容を参考に優秀な中途社員の採用に取り組んでみてください。

中途社員が使えない…。採用前に見抜くことはできないのか?

企業としては使えない中途社員はなるべく取りたくないですよね?

しかし残念ながら面接で完璧に見抜くことはできないと言わざるを得ません。

一方で、しっかりと対策を行うことで、企業に貢献してくれる中途社員を判別することは可能です。

  • 経歴だけに捉われず企業が必要とするスキルを保持しているのか実務に沿った質問を面談に取り入れる
  • 企業理念や方向性と中途社員が目指す方向性がマッチしているかを確認する

経歴だけに捉われず企業が必要とするスキルを保持しているのか実務に沿った質問を面談に取り入れる

実力が伴わない中途社員を採用してしまったと悩んでいる企業の多くは、面談時に候補者の経歴だけを重視して採用した結果、スキルがマッチしていないと後悔している傾向にあります。

対策としては、面談時に現場のメンバーを面接官として起用し、実務に沿った質問を面談中に行うことで、候補者が本当に企業に取って必要なスキルを保持した人材なのかを判断することが可能となります。

企業理念や方向性と中途社員が目指す方向性がマッチしているかを確認する

必要なスキルを保持した候補者でも、企業理念や方向性と候補者が目指す方向性がマッチしていない場合には、企業に取ってプラスとならない場合もあります。

いくら候補者のスキルが高くても企業では組織として仕事を進めていく必要があり、自分勝手な考えで仕事を進められては、企業としての活動ペースを乱されてしまう可能性も考えられます。

面談の段階で、企業理念や方向性と候補者が考える方向性が一致しているか、また仕事への取り組み方や考え方が企業に取ってプラスとなる人材であるかをしっかりと確認しておきましょう。

その中途社員は本当に使えないの?使えないと感じる原因を突き止めよう

実際に中途社員を雇った後に使えないのでは?と感じる原因として「採用前に企業側で判断するべきケース」と「採用後に企業側の待遇で改善するケース」の2パターンが挙げられます。

順に例を挙げてみていきましょう。

  • スキル不足が疑われるケース
  • 積極性が疑われるケース
  • コミュニケーション力不足が疑われるケース

スキル不足が疑われるケース

スキル不足が疑われる場合には、まず採用段階でより業務に則した質問を候補者に投げかけることで、スキル不足の中途社員を採用しないように企業側として対策することが可能です。

上述したように、経歴だけを見ていては本当に中途社員候補者に必要なスキルが備わっているのか分からないため、より具体的な質問を行うように意識しましょう。

一方で採用後にスキル不足が疑われる場合、企業が任せている仕事内容が中途社員のスキルと一致していないケースも十分に考えられます。

中途社員の特性を理解して、うまく能力が引き出せる仕事を任せることで、使えないと感じる中途社員から脱却出来る可能性もあるため、企業としても仕事の配分や配置転換などを検討してみてください。

積極性が疑われるケース

積極性が疑われるケースでは、まず採用面談の段階で仕事に対するマインドセットをよく確認しておくことが大事です。

面談の短い時間で、仕事に対する積極性を明確に確認することは難しいのが事実ではありますが、いくつか事前に質問を用意しておき、企業での仕事に対して積極的に取り組んでくれる意思があるのかを確認しておきましょう。

一方、採用後に積極性が見られないケースでは、企業側が中途社員を放置し過ぎている可能性も考えられます。

中途社員は経験がある分、放置していても大丈夫だろうと放任主義になってしまっている企業が多いのも事実です。

中途社員の性格などにもよりますが、積極的に仕事に取り組めない環境を企業側が作り出してしまっている可能性もあるため、企業側から中途社員に積極的に歩み寄る姿勢も大事です。

コミュニケーション力不足が疑われるケース

コミュニケーション力不足が疑われるケースでは、採用面談での会話や挙動から企業側で見抜くことが出来なかったのか再考する必要があります。

短い面談の時間とはいえ、中途社員候補者とのコミュニケーションで相手の性格やスキルを図るのが企業側の採用担当者の役割とも言えます。

採用時点でのコミュニケーション力に問題がなかった場合、入社後の企業の雰囲気やチーム内の雰囲気に問題があることを考慮してみましょう。

中途社員側が企業に馴染もうと努力していても、チーム内の内輪だけで仲良くやり取りして、中途社員が加わりにくい雰囲気を作っていることも少なくありません。

企業側としても、所属する部署やチームが中途社員の加わり難い雰囲気となっていないか、確認することも必要です。

採用後でもサポート次第で使えないと感じる中途社員は変われる?!

企業としても中途社員が使えないと嘆くのではなく、企業側にも問題がないのかを考えることは必須となります。

企業側の環境作りを改善し、しっかりとサポートすることで、中途社員が活躍出来る環境を提供することは十分に可能です。

  • 企業独自のルールや仕組みに慣れていない
  • 企業側が放置し過ぎにより実力を十分に発揮出来ていない
  • コミュニケーション不足によりチーム内での連携が取れていない

企業独自のルールや仕組みに慣れていない

中途社員は入ってきたばかりの頃は、企業独自のルールや仕組みに慣れていないため、自身が持つスキルを十分に発揮出来ていないことも考えられます。

こういったケースでは、企業側から情報を提供しサポートしていかないと、中途社員が自発的に身に付けられる性質のものではありません。

企業としてのサポートに不足がないか、特に独自のルールが多い企業では意識して指導することが中途社員に活躍してもらうためには重要となります。

企業側が放置し過ぎにより実力を十分に発揮出来ていない

経験豊富な中途社員が使えないと感じるケースでは、企業側が放置し過ぎることが原因となり、中途社員が本来の実力を発揮出来ていないことも考える必要があります。

同じ業界で活躍してきた経歴を持つ中途社員といっても、企業が変わってしまえば取り組み方や方針は変わるのが普通です。

中途社員側としても前職と同じように進めれば良いだろうと、経験があるからこそ独断で作業を進めてしまう傾向にもあります。

特に入社したての段階では企業側の方針と中途社員の作業方針をすり合わせるために、なるべく企業側からも中途社員の作業内容を確認して意識合わせを行うことで、中途社員が持つ本来の実力を引き出すことが出来るかもしれません。

コミュニケーション不足によりチーム内での連携が取れていない

コミュニケーション不足により、チーム内での連携が取れていないことが中途社員が使えないと感じる要因であるケースも少なくありません。

チームで作業を行う以上、チーム独自のルールやチームの雰囲気に馴染んでもらうことは必要になります。

新入社員のように必要以上に面倒をみなければならないとは言いませんが、ある程度既存の社員からもコミュニケーションを取らずに「中途社員が使えない」と決め付けるのは企業側にも責任があると言えます。

中途社員が使えないと決め付ける前に、企業側からの歩み寄りは十分か、チームとしての雰囲気作りに問題はないかなど、企業内部に問題がないかを確認することも重要です。

まとめ:中途社員を使えないと決めつける前に企業としての対策が必要

本記事では、「中途社員が使えない」感じる企業に採用前と採用後に改善するべき点や対策すべき事項についてご紹介してきました。

「中途社員が使えない」と感じる場合、企業側で対策出来ることがなかったのか、本当に使えない中途社員なのかといった企業側の問題点を調査することも大切です。

「中途社員が使えない」と嘆いていても現状は何も変わりません。

企業として採用時点で候補者を如何に判断するか、採用してから中途社員が実力を発揮出来る環境作りを如何に進めるか、対策や改善をこれまで以上に意識するようにしましょう。