スタートアップの資金調達方法について解説!注意点やメリットを確認しよう!

新規事業の設立や起業などのスタートアップを行う際に、必ず考えなければならないのが「資金」についての問題です。

どのようにして事業に必要な資金調達を行うかで、事業の成否は大きく変わることになります。

しかし、「そもそも資金調達にはどんな方法があるのか?」という疑問を持つ人も多いでしょう。

そこでこちらでは、スタートアップに大切な資金調達の方法やポイントについて解説します。

スタートアップの資金調達でつまづかないように、この機会に基本を確認してみてください。

スタートアップ時に考えられる資金調達の種類

スタートアップの資金調達方法は、主に以下の3つに分けることができます。

資金調達の種類が分かっていれば、自社の状況に合わせて適切なものを選択可能です。

まずはそれぞれの特徴を確認し、資金調達のパターンを把握しましょう。

  • アセットファイナンス
  • デッドファイナンス
  • エクティファイナンス

アセットファイナンス

アセットファイナンスとは、企業が所有している資産を売却して資金調達を行う方法です。

有形・無形問わず将来キャッシュになり得るものであれば、スタートアップの資産としてアセットファイナンスすることができます。

たとえば建物や土地などの不動産、商品の特許や在庫などが、アセットファイナンスの対象になるでしょう。

しかし、スタートアップの場合には資産を持たないケースも多いので、アセットファイナンスを活用することは少ないです。

そのためアセットファイナンスは、すでに事業が成功し、ある程度の資産を確保できている企業が検討する資金調達方法になるでしょう。

デッドファイナンス

デッドファイナンスは、銀行からの借入や債権発行を行って資金調達をする方法のことです。

いわゆる借金でスタートアップを進める手法であり、一般的な資金調達のひとつになります。

銀行、公的金融機関、自治体といった相手が、デッドファイナンスを考える際の借入先になるでしょう。

また、自分の家族や友人から個人的に借金を行う場合もデッドファイナンスにあたります。

株式を発行しないため意思決定権を維持することができたり、利息を損金として取り扱ったりできるのがメリットです。

一方で、スタートアップの場合は信用を得るのが難しく、場合によっては融資の額に満足がいかなかったり、金利が高く設定されたりすることもあり得ます。

長期的なプランを事前に立てて、明確なビジョンの上で資金調達を行うのがデッドファイナンスのコツです。

エクティファイナンス

株式の発行によって資金調達する手法を、エクティファイナンスと呼びます。

スタートアップに期待する投資家などから、出資を受けるのが一般的な方法です。

資金調達によって得た資金は返済義務がないため、自己資本として扱えるのがメリットになります。

もちろん出資を受けるためには、株式の買い手となる人たちの目に止まらなければなりません。

そのため計画通りにスタートアップを行うには、事業の価値や将来性を積極的にアピールしていく必要があります。

出資者の支援を中心に新規事業を進めるのが、エクティファイナンスという資金調達の特徴です。

スタートアップにおすすめされる具体的な資金調達方法

資金調達方法には上記のような種類がありますが、スタートアップの際には「スタートアップに向いている」方法を選択するのがポイントです。

スタートアップにおすすめの具体的な方法を、以下で紹介します。

  • 日本政策金融公庫からの融資
  • ベンチャーキャピタルからの出資

日本政策金融公庫からの融資

日本政策金融公庫から支援を受ける方法は、スタートアップの際に有効な資金調達手段となります。

日本政策金融公庫とは、国が出資する政府の金融機関です。

たとえばスタートアップ企業が対象になる「新規開業資金」では、新たに事業を始める人や事業開始後おおむね7年以内の人を対象に7,200万円(運転資金は4,800万円)まで融資を受けることができます。

さらに中小企業向けの「新事業育成資金」では、新規性や成長性が見込める事業を始めて5年以内の人を対象に、融資限度額6億円の支援を行っているのです。

その他にもセーフティ貸付、企業活力強化貸付、環境・エネルギー対策貸付など、複数の融資制度が整っています。

事業を展開していく上で、日本政策金融公庫の存在は役立つシーンが多いでしょう。

融資はスピーディに行われるため、素早い資金調達が求められるスタートアップ時には日本政策金融公庫が候補に上がります。

ベンチャーキャピタルからの出資

スタートアップに出資を行うベンチャーキャピタルの利用も、事業に必要な資金調達を行う際におすすめの方法です。

ベンチャーキャピタルとは、企業などから集めた資金を使って、スタートアップに投資を行うサービスのことを指します。

近年はこのベンチャーキャピタルから資金調達を行って、スタートアップを進めるケースも増えているのです。

また、ベンチャーキャピタルでは資金調達だけでなく、情報提供などのアドバイスやサポートを受けることもできます。

豊富な経験から経営ノウハウを伝授してくれたり、今の事業に必要な行動を一緒に考えてくれたりと、多方面からの支援にも期待できるのです。

資金調達を行うスタートアップ企業に寄り添ってサポートする「ハンズオン」のスタイルは、ベンチャーキャピタルの一般的なサービスになりつつあります。

資金調達に加えてスタートアップ の経営に役立つサポートを得たいのなら、ベンチャーキャピタルの利用は検討されるでしょう。

資金調達の際には投資ラウンドを理解する

スタートアップの資金調達は、一度だけで終わるわけではありません。

その後の計画を考慮した「投資ラウンド」を理解して、資金調達の流れを把握することが重要になります。

投資ラウンドとは、アメリカのシリコンバレーで生まれた資金調達の指標のことです。

投資やベンチャーキャピタルは、この投資ラウンドの考え方を元に、スタートアップ企業へ支援を行っています。

以下を参考に投資ラウンドを知って、資金調達の流れをチェックしていきましょう。

  • シード
  • シリーズA
  • シリーズB
  • シリーズC

シード

起業前や事業のスタート前の段階を、投資ラウンドでは「シード」と呼びます。

具体的なアイデアの実現や、システムの完成に必要な資金調達が行われるのが一般的です。

研究開発費や人件費の資金も必要となり、スタートアップ企業としての基盤を作ることが求められます。

その名の通りスタートアップの「種」を植える時期であり、資金調達が必須のタイミングです。

シリーズA

「シリーズA」とは、スタートアップの事業展開が進んで顧客の確保が行われていく段階を指します。

設備投資なども検討されるため、コストを回収するまでのさらなる資金調達が必要となることも多いです。

ベンチャーキャピタルを利用する場合には、この時期のアドバイスには耳を傾け、経営に必要な準備を計画していくことが考えられます。

シリーズB

経営が軌道に乗ってさらなる発展が行われる時期は、投資ラウンドにおいて「シリーズB」とされます。

マーケティング業務へのさらなる資金投入や、新規事業への挑戦などによって、資金調達が行われやすいです。

会社全体を大きくするために、スタートアップ初期よりも多くの資金が必要とされることも珍しくありません。

シリーズC

スタートアップの段階から行ってきた資金を回収するエグジットを考える時期が、「シリーズC」です。

これまでの資金調達以上の利益を得ながら、それを継続するための計画を立てることが求められるでしょう。

この先は全国への展開や海外を視野に入れる事業も考えられるため、資金調達の額もさらに大きくなり、数十億という規模にもなり得ます。

まとめ:スタートアップには資金調達のための知識が重要!

スタートアップの際には、計画通りに事業を進めるための資金調達が欠かせません。

こちらで資金調達の種類やおすすめの手法を確認し、その基本を把握することから初めてみてはいかがでしょうか。

資金調達はスタートアップの計画を、長期的な事業に成長させる基盤になります。

スタートアップと資金調達の関係性を、ぜひこの機会に知っておいてください。