スタートアップに重要な「ピッチ」とは?メリットや必要な準備を紹介

スタートアップの際には、「ピッチ」に関する準備を行うことが求められます。

しかし、正しい準備の方法がわからなかったり、「そもそもピッチとはどんなもの?」といった疑問を感じたりすることもあるでしょう。

ピッチはスタートアップにおける重要な転換点になるため、正しく理解を深めることが初動の滑り出しにつながっていきます。

逆にピッチについての準備が不十分だと、スタートアップの計画に支障が出るかもしれません。

こちらではスタートアップのピッチについて解説し、メリットや準備などの基本を確認していきます。

これからスタートアップを行うのなら、この機会にピッチに関する情報をチェックしておきましょう。

スタートアップのピッチとは?

スタートアップのピッチについて知ることは、具体的な事業展開を進めるきっかけになります。

まずは、スタートアップのピッチという言葉の意味を正確に確認しましょう。

  • 投資家にアピールするためのプレゼンのこと
  • 資金調達や顧客獲得など多数のメリットがある
  • スタートアップを対象にしたピッチイベントは多数開催されている

投資家や企業にアピールするためのプレゼンのこと

スタートアップのピッチとは、投資家や企業などに対して行われるプレゼンテーションのことです。

一般的に通常のプレゼンよりも短時間で行われ、自社のアイデアや着想を提案するような形で実施されます。

社外を相手に話すことになるため、わかりやすさや明確な「自信の理由」を提示できるかがかぎとなります。

自社が進めるスタートアップをアピールする手法のひとつでもあり、最初期に行う重要な宣伝業務です。

近年は多くのスタートアップ計画が立ち上げられているため、外部に向けた特別なアピールを行わないと埋もれてしまう可能性もあります。

そのためスタートアップ時には、ピッチに力を入れることも戦略に組み込まれるでしょう。

資金調達や顧客獲得など多数のメリットがある

スタートアップのピッチを行うことには、以下のようなメリットがあります。

・資金調達が行える
・新しい顧客の獲得につながる
・スタートアップの成長につながるパートナーシップを結べる
・スタートアップを対象としたメディアに取り上げられる可能性も

これらのメリットはスタートアップにおいて、大きな成功のチャンスになります。

そのためスタートアップを実施する際には、ピッチを活用して積極的にこれらのメリットを享受するべきだと考えられるのです。

スタートアップを対象にしたピッチイベントは多数開催されている

スタートアップのピッチは、基本的に「ピッチイベント」と呼ばれる場所で行われます。

ピッチイベントはその名の通り、スタートアップ企業が自社のピッチを行えるイベントのことです。

ピッチを行いたいスタートアップ企業と、投資先や提携先を探している人たちを結びつける場所として、ピッチイベントは広く浸透しています。

ピッチイベントは多数開催されているので、スタートアップの際には積極的に参加することが推奨されるでしょう。

複数のスタートアップ企業が集まって自社の強みをアピールするピッチイベントの形式上、参加することで他のスタートアップ企業とつながるきっかけが生まれます。

情報交換はもちろん、場合によってはビジネス上の提携を結べる可能性もあるのです。

また、スタートアップ企業同士でピッチの内容を競う「ピッチコンテスト」というスタイルのイベントもあります。

ピッチコンテストでは入賞することで報奨金が得られるので、資金調達と事業のアピールを同時に実施することも可能です。

このようにピッチイベントには、参加を検討するだけの多くのメリットが備わっています。

スタートアップの際にはこれらのメリットを求めて、複数のピッチイベントに参加することも考えられるでしょう。

スタートアップのピッチではプレゼン資料が重要!

ピッチで有効なアピールを行うには、プレゼン資料作りが重要となります。

ピッチで使う資料、いわゆる「ピッチ資料」の完成度が、スタートアップの魅力を伝えられるかどうかを決めるのです。

以下ではそんな重要なピッチ資料の基本と、おすすめの構成を解説します。

  • 心をつかむピッチ資料がスタートアップを変える
  • 話す順番を意識する

心をつかむピッチ資料がスタートアップを変える

スタートアップを快調に進めるためには、聞き手の心をつかむようなピッチ資料が必要となります。

心をつかむようなピッチ資料とは、以下のような条件を含むものだと考えられます。

・数分でスタートアップの特徴や概要が伝わる明確さ
・スタートアップの欠点や課題を理解できる客観的な視点
・対象となる市場や客層を把握する調査力の提示

これらの要素を意識してピッチ資料に盛り込むことができれば、興味を持ってもらいやすくなるでしょう。

具体的には「ひとことで伝えられるキャッチフレーズの作成」「課題を解決するための具体的な方法の紹介」「グラフや画像を用いた視覚的な情報の提示」などが、魅力的なピッチ資料の作成につながります。

ピッチは通常のプレゼンテーションとは違って、初めて会う人や自社に興味を持っていない人など不特定多数を相手にするものです。

その点を重々考慮した上で、ピッチ資料を作りこむことがおすすめされます。

話す順番を意識する

スタートアップのピッチ資料では、話す順番を意識して構成を考えるのがコツです。

たとえば以下のような順番で話すことが、ピッチ資料をより魅力的な内容に押し上げます。

①スタートアップが解決したい課題
②課題の解決につながる具体的なサービスや商品の内容
③ターゲットとなる市場や顧客の解説
④スタートアップに取り組むチームの紹介
⑤今後の計画について

これらを数分のなかに配分したピッチは、求心力の高い内容となりやすいです。

話したいことだけでなく、話す順番にも注意を向けることが、スタートアップのピッチを素晴らしいものに変えるでしょう。

スタートアップのピッチに必要な具体的な準備とは?

最後にスタートアップのピッチに必要とされる準備を、以下で紹介します。

スタートアップのピッチを成功に導くためのコツになるので、それぞれの詳細を確認してみてください。

  • 課題と解決策の正しい組み合わせを考える
  • 市場やユーザーの調査
  • 人材の確保とメンバー紹介の方法

課題と解決策の正しい組み合わせを考える

スタートアップのピッチでは、課題と解決策を正しく組み合わせることが重要です。

「○○という課題がある」→「だから私たちの商品やサービスが解決策となる」

そういった形で紹介することが、スタートアップのピッチにおける基本であり最重要ポイントです。

課題と解決策は何度も話し合って、最適なものを設定するように心掛けましょう。

この組み合わせが間違っていたり、説得力の弱いものであったりすると、聞き手にスタートアップの魅力を伝えきることが難しくなります。

それはピッチ全体の完成度を下げることにもつながりかねません。

だからこそピッチで紹介する課題と解決策の組み合わせは、多くの時間をかけて考えていくことがおすすめです。

市場やユーザーの調査

市場やユーザーの調査を行うことも、ピッチに必要な準備になります。

スタートアップが計画的に行われていることをアピールするためにも、積極的な調査の実施がおすすめです。

市場やユーザーを把握することは、ピッチの方向性を明確にすることにもつながります。

何のためにそのプロジェクトが必要なのかを、調査から確認するようにしましょう。

そもそもターゲットとなる市場やユーザーの調査は、スタートアップに欠かせないものです。

だからこそピッチのために改めてその内容を精査することは、スタートアップそのものに良い影響を与えることになります。

人材の確保とメンバー紹介の方法

スタートアップに必要な人材の確保も、ピッチに向けた準備の一環です。

計画に求められるスキルを持った人材をピックアップし、有能なメンバーを充実させることはスタートアップの成功率を高めます。

つまりは、そのままピッチの説得力を高めることにもつながるのです。

どのような人材が必要になるのかは、早めに考えておく必要があるでしょう。

また、そろえたメンバーを上手にピッチで紹介することも、大切な準備に含まれます。

聞き手がそのスタートアップに可能性を感じてもらえるように、メンバーの魅力をピッチの中で的確にプレゼンできるようにしておきましょう。

まとめ:スタートアップの際にはピッチの有効利用がおすすめ!

スタートアップのピッチは、より充実した計画進行のきっかけになる手段です。

ピッチイベントの参加を意識することで、スタートアップに足りないものに気づけたり、魅力の伝え方を学べたりといったメリットがあります。

プロジェクトが成功を収める確率を高められるように、この機会にピッチについての情報を改めて確認しておきましょう。