ソフトウェア開発で人気の手法3選!メリット・デメリットとは?

ソフトウェア開発では、一連の流れとして主に「ウォーターフォール開発」と呼ばれる手法が一般的です。

しかし、全てのソフトウェア開発にとって、必ずしもウォーターフォール開発が優れているとは限りません。

それぞれのソフトウェア開発手法のメリット・デメリットを把握することで、各プロジェクトに適した手法を導入することが可能となります。

本記事では、ソフトウェア開発を検討している企業の担当者向けに、ソフトウェア開発で人気の手法3選とそれぞれのメリット・デメリットをご紹介していきたいと思います。

加えて昨今注目を集めている開発手法についてもご紹介しますので、ぜひご確認ください。

 

ソフトウェア開発手法1: ウォーターフォール開発

ソフトウェア開発手法として、最も浸透しているのが「ウォーターフォール開発」です。

上流工程(要件定義・設計)から下流工程(実装・テスト)に向かって、上から下に流れるように開発を進めていくのでウォーターフォール開発と呼ばれています。

ウォーターフォール開発では、通常1つ1つの工程を確実に完了させて、次の工程へと進むため、一度完了した工程に手戻りすることはありません。

ウォーターフォール開発のメリット

ウォーターフォール開発の最大のメリットは、スケジュールが立てやすいことです。

工程の完了期日さえ決めてしまえば、上流工程に再度戻ることはないため、スケジュール管理がしやすいのが特徴です。

大規模開発では、多くのプロジェクトがウォーターフォール開発を採用しており、工程毎に必要な人員を確保しやすいことも、メリットの1つとして考えられます。

ウォーターフォール開発のデメリット

ウォーターフォール開発では、もし何かしらの問題が後工程で見つかった場合の対応に関して、非常に面倒な点がデメリットとなり得ます。

スケジュールでは、各工程の完了時期が既に決定しており、後工程で見つかった問題への対応期間はほとんど確保されないのが一般的です。

ある程度のバッファは確保しますが、いつ・どんな問題が起きるのか分からないため、多くの日数を確保することは難しく、依頼元企業からの了承を取ることも難しいことが要因です。

また、ウォーターフォール開発では、各工程毎に成果物を作成していることが多いため、作り直しによる工数も無視できないレベルで必要となります。

ソフトウェア開発手法2: アジャイル開発

アジャイル開発は、中小企業やスタートアップ企業を中心に積極的に取り入れられている開発手法です。

プロジェクト全体で開発工程を区切るのではなく、画面単位や機能単位などで開発を繰り返し、ソフトウェアを完成へと導いていきます。

ウォーターフォールなど従来の開発手法に比べて、開発期間を短縮することが出来ると言われています。

アジャイル開発のメリット

アジャイル開発では、画面単位や機能単位で開発し、完了した時点でユーザーに確認してもらうことが出来るため、手戻りを少なくして改善出来る点が大きなメリットです。

また、アジャイル開発では各工程毎の成果物を要求されることが少なく、ソフトウェアを実際に動かして承認を得るプロジェクトが多くなっています。

従来のソフトウェア開発のようなドキュメントによる成果物が不要となる分、開発に割ける時間が多くなるのもメリットの1つです。

アジャイル開発のデメリット

アジャイル開発のデメリットとしては、ユーザーの要望に随時対応することで、納期遅れや当初の設計から大きく外れてしまう可能性が高いことです。

アジャイル開発の特性上、画面や機能が完成した段階でユーザーが実際にソフトウェアに触れることになるため、改善要望や追加要望が都度出てきます。

全てに対応していると、当初の納期から遅れることはもちろん、当初の設計内容から大きく仕様変更が必要になることにも繋がるため、落としどころを決めるのが難しいというデメリットもあります。

ソフトウェア開発手法3: スパイラル開発

スパイラル開発は、アジャイル開発と同じ反復型の開発手法で、画面や機能単位でユーザーに触れてもらいながら開発・改良を進めていく開発スタイルです。

アジャイル開発と何が違うのかというと、ユーザーがプロジェクトの途中でソフトウェアに触れる際の品質を担保しないのがスパイラル開発の特徴となります。

プロジェクトのスケジュールを予め決めておき、一定の間隔でユーザーに品質を保証しない状態のソフトウェアに触れてもらい、フィードバックを得ることが可能です。

スパイラル開発のメリット

スパイラル開発のメリットは、ウォーターフォール開発とアジャイル開発の良いところ取りを出来る点にあります。

まず、全体のスケジュールを明確化しているため、納期の遅れなどが出ないようにスケジュール管理を徹底出来ます。

一方で、品質を担保せずユーザーが直接ソフトウェアに触れてもらうことで、認識のズレを確認し、大きな出戻りを防ぐことが可能となります。

スパイラル開発のデメリット

スパイラル開発では、アジャイル開発同様、機能単位でユーザーからのフィードバックを受けることになります。

その都度改善が行えるため、出戻りを防ぐ意味では効果的ですが、コストが大きく膨らんでしまうことにも繋がりかねません。

ユーザーの要望を最大限に考慮した上で、スケジュール調整も含めた交渉力が必要になるでしょう。

注目のソフトウェア開発手法3選!

人気の開発手法3つ以外に、昨今の開発現場で積極的に取り入れられている開発手法についても触れておきたいと思います。

上記でご紹介した内容はプロジェクト全体の開発手法だったのに対し、ここからご紹介する3つの開発手法はチーム内で用いられる方針のような役割を果たします。

  • 継続的インテグレーション
  • テスト駆動開発
  • ドメイン駆動設計

継続的インテグレーション

継続的インテグレーションは、開発・改修時のコード変更を頻繁にコミットすることを心掛け、ビルドやテストを定期的かつ自動的に行う開発手法です。

コミットを頻繁に行うことで、チーム内での作業内容の競合をいち早く発見することが可能となります。

また、ビルドやテストコードを自動的に実行するように設定しておくことで、予期せぬ不具合の混入にも定期チェックにより、早期発見することが可能となります。

テスト駆動開発

テスト駆動開発は、テストファーストの開発手法とも呼ばれます。

テスト駆動開発では、まずテスト用のコードを記述して、テストを全てパス出来る実装を行う方法です。

テストコードを先に記述するため、テストの実施漏れを防ぐことが可能となります。

一方で、テスト駆動開発の経験者がまだまだ少なく、テスト自体に漏れがないことを確認する対策が重要です。

ドメイン駆動設計

ドメイン駆動設計は、業務で使用している用語をそのまま開発でも利用しようという開発手法です。

従来の開発方法では、業務に精通する人からプログラムに精通する人に伝言ゲームのような形で意識共有が必要だったため、コミュニケーションが無駄に必要となっていました。

しかし、ドメイン駆動設計では業務知識をそのままドメインとしてプログラム設計に落とし込むため、発注者と開発者の間で用語の相違が起こりにくく、意識共有をスムーズに行うことが可能となります。

一方で、業務知識をドメインとしてプログラムに落とし込むには経験やスキルも必要となるため、簡単な開発手法でないことも事実です。

まとめ:プロジェクトに適したソフトウェア開発手法をうまく取り入れよう

本記事では、ソフトウェア開発手法について、各手法の概要とメリット・デメリットをご紹介してきました。

ソフトウェア開発を行う際、何も考えずにウォーターフォール開発を採用しているケースも少なくありませんが、メリット・デメリットをしっかりと理解した上で別の開発手法を取り入れることで、開発効率が高まる可能性も十分にあり得ます。

企業として取り組むソフトウェア開発に適した開発手法を十分に検討し、開発効率の向上を目指しましょう。