マッチングサービスの市場規模はどのくらい?なぜ流行しているかも一挙解説!

マッチングサービスの市場規模は現在どんどん拡大していますが「具体的にどのくらい拡大しているの?」と疑問に思っている人は多いではないでしょうか?

また、マッチングサービスの中でもどんな種類のサービスが成長中なのかご存知ない人は多いと思われます。

マッチングサービスについて知っておくと、これからマッチングサービスを運営するときや、そうでなくても新しいビジネスアイデアを思いついたりするときに役立ちます。

そこで本記事ではマッチングサービスの市場規模について解説します。

また、現在成長中のマッチングサービスの種類や、「そもそもなぜマッチングサービスが流行っているの?」という所にも突っ込んでいきますね。

本記事を読むことで、マッチングサービスの市場規模がわかるようになりますよ。

本記事でマッチングサービスを理解する上で助けになったら幸いです。

マッチングサービスの市場規模

マッチングサービスの市場規模は、2兆6300億円と言われています。

「そんなに?」と思うかもしれませんが、マッチングサービスには様々な種類があり、それらを総合すると、これぐらいの規模になるのです。

たとえば、マッチングサービスには婚活系のものを始め、

  • ビジネスパートナーを探すためのアプリ
  • 求人サイト
  • 空いているスペースを借りる/貸すためのアプリ
  • 宅配サービス

などなど様々な種類が存在します。

あらゆる場面にマッチングサービスが活躍しているため、総合するかなりと市場規模になるということです。

そして、マッチングサービスは今後も更に流行すると言われています。

このようにマッチングサービスの市場規模はかなり上がっているのです。

現在成長中のマッチングサービスの種類

それではマッチングサービスの中でも、具体的にどんなサービスが注目されているのでしょうか?

マッチングサービス全てが売り上げを伸ばしている訳ではなく、中には流行に沿っていなくて伸び悩んでいるものもあります。

現在特に成長中のマッチングサービスは以下のものです。

  • 使っていないスペースや車を貸すサービス
  • アウトソーシング系のサービス
  • 宅配サービス
  • 求人サイト

これらのサービスを詳しくみていきましょう。

使っていないスペースを貸すサービス

使っていない会議室や、ビルの空き部屋などを他人に貸すサービスが現在人気です。

1時間1000円などでスペースを借りることができて、打ち合わせやパーティーで使用することができます。

なぜ人気かというと、スペースを借りるときは通常ですとお金が高くかかってしまうからです。

かといってカフェなどオープンな場所だと、機密事項などを話し合うことができないという問題があります。

また、スペースを貸す側にとっても、ビルの使っていない場所などを有効活用でき、更に収益も得られ嬉しいことづくめです。

たとえば、「SPACEMARKET」というサービスが有名です。

SPACEMARKETでは会議室やパーティー会場を格安で手軽に借りることができます。

しかも、実際にスペースを使った人のレビューも掲載されているので、スペースが汚かったり、スタッフの対応が悪かったりする場所を選ばなくて済みます。

このような理由で、空き部屋を他人に貸すサービスは今後も伸びていくと思われます。

アウトソーシング系のサービス

フリーランスや副業ワーカーに仕事を依頼できる、アウトソーシング系のサービスも注目されています。

特にwebデザインやライティングなどクリエイティブな仕事を外注する場合によく使われています。

なぜアウトソーシング系サービスが人気かというと、働き方改革によって副業をする人が増えてきているからです。

また、会社側も残業時間を減らすために作業をアウトソーシングする必要が出てきています。

たとえば、アウトソーシング系のサービスで「クラウドワークス」というものが有名です。

クラウドワークスには企業側が掲載した数多くの案件が掲載されており、ワーカーは自由に応募することができます。

そして、ワーカーと企業側で合意が取れれば仕事をすることが可能です。

また、ワーカーの品質に対して評価する機能もあり、評価を見てより良いワーカーに仕事を依頼することができます。

このような理由から、クラウドワークスのようなアウトソーシング系のサービスもこれからもっと増えると言えますね。

宅配サービス

食品や家具などの配達するサービスも現在売り上げを伸ばしています。

なぜなら、コロナの影響で外出を自粛する人が多く、宅配サービスを利用する人が増えているからです。

また、お店側も店頭に訪れる人が少なくなり売り上げが減少しているため、宅配サービスを利用してなんとか経営をつなげていこうとしています。

たとえば、「UberEats」というサービスが特に有名ですね。

UberEatsには数多くのレストランが掲載されており、ユーザーはサイト内で操作するだけで簡単に料理を注目することができます。

また、UberEatsの大きな特徴は、配達員はUberEatsと契約している個人事業主であるため、お店側で配達員を雇う必要がないという点です。

このため、お店側は新しく人を雇う手間を省くことができます。

このように、宅配サービスも今後更に注目される分野と言えるでしょう。

求人サイト

リクナビやマイナビなどの求人サイトもマッチングサービスの1つと言えますね。

いつの時代でも転職しようとする人はいるため、転職市場は安定しているのが特徴です。

ただ、リクナビのような総合的な求人サイトを今更運営しても、大手求人サイトには勝てず、売り上げを伸ばせないのが実情です。

現在注目されているのは「副業向け求人サイト」や「特定職種の求人サイト」です。

たとえば、「コデアル」とう副業ワーカー用の求人サイトがあります。

コデアルには週◯日だけ働ける案件やリモートワークで働ける案件が数多くあり、多くの副業ワーカーが利用しているのです。

しかも、副業案件は報酬額が低いことが多いですが、コデアルに掲載されている案件は報酬額が高く、週末のみの労働で月10万稼げるケースもあります。

また、「driverjob」というドライバーに特化した求人サイトも面白いです。

総合型求人サイトで数が少ないドライバーに関する求人を多く取り扱っており、有資格者の方が利用しています。

このように、何かに特化した求人サイトが現在注目を集めているのです。

マッチングサービスが流行している理由

マッチングサービスが流行している理由は何なのでしょうか?

ここではいくつかの理由を挙げていきます。

  • インターネット・スマホの普及
  • 働き方改革により副業をする人が増えた
  • 消費意欲の低下

インターネット・スマホ

まず挙げられる理由がインターネット・スマホの普及です。

スマホが普及する前は皆ガラケーの携帯を使っており、インターネットにアクセスすることは少なかったです。

それが今ではスマホを使って、空いている時間多くの方はインターネットを通してSNSやネットサーフィンを楽しんでいますよね。

よって、スマホの普及がマッチングサービス利用者増加に繋がっているのは火を見るより明らかでしょう。

特に、マッチングサービスの場合ネット上で知らない人と金銭のやり取りをする訳ですから、インターネットを使い慣れていないユーザーは抵抗を持ってしまいます。

つまり、毎日ネットを使う時代だからこそ、マッチングサービスも皆抵抗なく使うようになっているということです。

このように、インターネット・スマホの普及はマッチングサービスの市場規模拡大と密接に関わっています。

働き方改革により副業をする人が増えた

近年働き方改革が叫ばれ残業時間を削減したりリモートワークを導入したりする企業が増えてきており、それもマッチングサービスが普及する要因となっています。

なぜなら、働き方改革の結果空いた時間で副業をする人が増え、クラウドワークスやUberEatsといったマッチングサービスを使うようになるからです。

マッチングサービスなら手軽に副業を行うことができるので、これまで副業をやってなかった人や、自分で事業を立ち上げることが難しい人が次々と参入しています。

このように、働き方改革が進むことによって、マッチングサービスも普及していくことが言えます。

消費意欲の低下

近年の日本人は消費意欲が低下していると言われており、それもマッチングサービス普及に影響を及ぼしています。

なぜなら、消費意欲が低下すれば新しく物を買うよりも、物やサービスも誰かとシェアした方が効率的だと考えるからです。

つまり、購入よりもレンタルの時代になってきているということ。

結果、SPACEMARKETなどの空いているスペースを他人に貸せるサービスが普及し始めたという訳です。

このようなことも、マッチングサービスが普及する要因となっていますね。

マッチングサービス 市場規模 まとめ

本記事ではマッチングサービスの市場規模について解説しました。

マッチングサービスがなぜここまで普及しているのが、理由がおわかり頂けたでしょうか?

マッチングサービスは時流に合ったサービスであるため、今後も市場規模が拡大していくと推測されます。

もし、本記事を読んでマッチングサービスの運営に興味を持ったなら、ぜひ開発を検討してみてくださいね。

マッチングサービスはまだまだ新しいサービスが生まれる可能性を秘めている分野です。

本記事がマッチングサービスの理解の役に立ったのなら幸いです。