新規事業の成功列を5つ解説!成功するパターンとは何かがわかる!

新規事業をどんなに計算立てて行ったとしても「ちゃんと成功するだろうか?」と不安に思うことは多いはず。

新規事業を成功させるためには、いくつかの成功列を分析し自分の事業でも真似できないか検討するのが肝心です。

他の事業の研究なくして新規事業の成功は望めないといって良いでしょう。

そこで本記事では新規事業の成功列についてまとめました。

その事業がいかにして成功したのか、事例について一つ一つ詳しく解説してあります。

本記事を読むことで新規事業がなぜ成功したのか、理由がわかるようになる、自分の事業でも活かすことが可能です。

これから新規事業を始めようと思っている方は、ぜひ本記事を参考にしてくださいね。

新規事業の成功列

新規事業の成功率をここでは5つ挙げます。

  • スープ専門店「スープストックトーキョー」
  • 遺伝子検査サービス「MYCODE」
  • スナック菓子「バリ勝男クン」
  • 小型ビジネスジェット機「ホンダジェット」
  • 動画eラーニング「AirCourse」

どれも現在注目を集めているサービスばかり。

これらの事業が「なぜ成功したのか」について詳しくみていきましょう。

 

スープ専門店「スープストックトーキョー」

スープストックトーキョーはスマイルズが運営するスープの専門店であり、若い女性を中心に人気を集めている飲食店です。

なぜ人気を集めたのかというと、「スープをメインにする」という従来にはなかった形態のため、他の店と差別化をはかることができたから。

このような特徴があるため、「おいしいスープを飲むならここ!」というユーザーにうえつけ、スープが好きな人から支持させることに成功したのです。

また、店側も期待に応えるべく、無添加素材にこだわったり、様々な種類のスープを販売したりしました。

さらにスープストックトーキョーは、女性の人気を集めることに成功した、というのも成功の要因となっています。

たとえば、店内の内装はおしゃれで清潔感のある感じにし、女性が1人でも心地よくすごせる空間であることを大事にしているのです。

このような工夫を施しているため、スープストックトーキョーは1つの事業として成功しました。

 

遺伝子検査サービス「MYCODE」

MYCODEはDeNAと東京大学が共同で開始した唾液から遺伝子を解析するサービスあり、利用することで、病気や体質に関わる遺伝的な傾向がわかるようになっています。

MYCODEを実際に理由した人からは、高評価を受けているサービスです。

なぜ高評価なのかというと、自分の健康に関する情報を得られたり、健康について新しい発見をすることができるから。

たとえばMYCODEでは、日々の食事をどのようにすれば良いか、などのアドバイスも受けることができます。

健康に気を配りたい人向けのサービスは他にもありますが、MYCODEはより信憑性の高い情報を提供することが可能です。

このようにMYCODEは、健康管理に気をつけたい人々から人気を集めているサービスであり、今後さらに広がっていくと思われます。

 

スナック菓子「バリ勝男クン」

バリ勝男クンは、シーラックが開発したスナック菓子であり、鰹節を乾燥させて生姜醤油で味付けしたものです。

お年寄りから子供まで幅広い世代に受け入れられているお菓子であり、鰹節メーカーとしての強みをアピールすることにも成功しました。

なぜバリ勝男クンが人気になったのか。単においしいからというのもありますが、宣伝の仕方が上手かったというのも大きかったのではないかと思われます。

静岡県内でバリ勝男クンに関するキャッチーで面白いCMを流すことで、視聴者にインパクトを与えることに成功しました。

手足が生えているカツオが踊っているというおかしなCMは、かなり異彩を放っていたのです。

バリ勝男クンのように、宣言の仕方がよくて新規事業の成功に例もあることを知っておきましょう。

 

小型ビジネスジェット機「ホンダジェット」

ホンダジェットは、「ホンダ エアクラフト カンパニ」が開発した小型ビジネスジェット機であり、2017年から3年連続出荷数1位を達成しました。

なぜホンダジェットが小型ジェット機の中でも人気かというと、消費者のニーズをうまくキャッチした商品であったためです。

たとえばホンダジェットは、従来の小型ジェット機とは異なり、客室内の騒音や振動が軽減され乗り心地が大幅に改善されています。

このような改善は、ホンダ エアクラフト カンパニの技術力あってのものであり、他の会社には真似ができません。

ホンダジェットはこのように、技術力の高さと消費者ニーズの分析によって成功したと言えますね。

 

動画eラーニング「AirCourse」

AirCourseはKIYOラーニング株式会社が開発した社員教育クラウドサービスであり、数多くの会社で導入がされています。

AirCourseが成功した理由は、「スマートフォンでどこでも受講可能」という便利な特性があったためであると思われます。

たとえば、営業マンの場合移動時間が長く、時間を持て余してしまっている社員も多いです。

しかしAirCourseの動画で勉強することで、電車に乗っている時間などを有効に活用することができます。

このようにAirCourseは、手軽に勉強ができる社会人向けeラーニングサービスとして、注目を集めているのです。

新規事業の成功例からわかる、成功のためのポイント

ここまでいくつかの成功事例を挙げてきました。

ここからは新規事業の成功列から、「新規事業を成功させるポイント」を抽出していきます。

新規事業を始める場合は、これらのポイントを考えながらやっていくと良いです。

 

ユーザーが何を求めているのかを見極める

ユーザーがどんなものを求めているのか、まずは冷静に分析することが何よりも重要です。

新規事業を始めるときに、ユーザーのニーズよりも「自分達が作りたいもの」を優先してしまうことがありますが、それだと成功する確率が低くなってしまいます。

たとえば、「ホンダジェット」は、消費者のニーズを分析し、客室内の騒音や振動が軽減され乗り心地を改善していきました。

ほかにも「AirCourse」は忙しいサラリーマンが空いた時間を有効に活用できないか、ということで開発されました。

このように、ユーザーが求めているものは何か、というのを軸にして考えることは重要であり、成功の秘訣と言えますね。

 

ターゲットを明確化する

新規事業をはじめる場合は、「どんなユーザーの心をつかめるようにするか」ターゲットを明確化することも重要です。

ユーザーが何を求めているかを考えるのは重要ですが、もちろんすべてのユーザーが満足する商品を作ることはできません。

また、あまりたくさんのユーザーをターゲットにして事業を開始すると、ライバルに勝てずに終わってしまう恐れもあります。

たとえば、「スープストックトーキョー」は、「スープが好きな女性のみ」をターゲットにした事業を展開しました。

もし「すべての女性」をターゲットにしてしまうと、大手の飲食店に勝てず、注目を集めることもできなくなってしまいます。

「スープが好きな女性のみ」にターゲットを絞ることで、ユーザーにとって「このサービスを使う理由」ができますので、知名度がなくても使ってくれるというわけです。

このような理由から、ターゲットを明確化することも重要と言えますね。

まとめ

本記事では新規事業の成功列について解説しました。

新規事業を成功するコツは、成功列を分析し、自社でも導入できないか検討してみることです。

本記事では、新規事業の成功列を一部紹介させて頂きました。

色々な事業の成功列を分析していくと、より事業成功の確率が高まるのではないかと思われます。

本記事が新規事業を考えるにあたって、参考になったら幸いです。

©︎2020 Hajimari inc.