ダイレクトソーシングとは?メリット・デメリットを徹底調査!

今回の記事では、「ダイレクトソーシング」について解説します。

求人広告や人材紹介を使った採用とはまったく違うアプローチを行うダイレクトソーシングのメリットをチェックして、有力な人材をスムーズに見つけるための地盤を作っていきましょう。

ダイレクトソーシングとは?

ダイレクトソーシングとは、企業側が積極的に採用したい人材を探し出し、直接アプローチを行う採用方法のことを指します。

転職を考えている人に向けてこちらから条件を提示するスタイルは、職場にマッチした人材を確保しやすいです。

離職者が多い職場や、なるべく即戦力になるような人材を求める企業は、このダイレクトソーシングの採用方法がおすすめとなるでしょう。

SNSなどによって個人の情報発信が容易くなった現代だからこそ、ダイレクトソーシングのシステムは注目されています。

直接的に個人を選び取るダイレクトソーシングは、今後の企業を支える手段のひとつとして求められると予想されるでしょう。

ダイレクトソーシングと求人広告・人材紹介の違い

求人広告とダイレクトソーシングの違い

求人広告サービスを利用して採用を行うのと違い、ダイレクトソーシングは「能動的」に転職者に向けてアプローチを取ることができます。

「広告を見て連絡してもらう」という従来の不確実性を無くすことができるため、気になる人材に対して確実なコンタクトが取れるでしょう。

求める人物像に事細かな指示がある場合には、ダイレクトソーシングの方が条件に合った人材を見つけやすいです。
あらかじめ採用相手のスキルや実績が把握できていれば、面接も短縮して行える点も魅力。

時間的コストを重視して求人を行う際には、求人広告よりもダイレクトソーシングが優先されるでしょう。

人材紹介とダイレクトソーシングの違い

人材紹介を通しての求人では「今現在転職を希望している人」だけがターゲットとなりますが、ダイレクトソーシングの場合は「転職を検討していない人」も採用の対象とすることができます。

より広い範囲から人材を探すことができるので、職場にぴったりのスキルを持つ人と出会いやすくなるでしょう。

いわゆるヘッドハンティングの形になるため、転職者のモチベーションを高く維持しやすいのもポイント。

転職エージェントを介さないことでコスト面も抑えられるので、ダイレクトソーシングなら効率良くやる気のある働き手を確保できます。

ダイレクトソーシングのメリット

ダイレクトソーシングには、そのシステムが持つ固有のメリットがあります。

例えば以下のようなポイントが、特筆すべきメリットとなるでしょう。

  • 納得のいく人材を見つけられる
  • 採用コストの節約
  • 自社に合った独自の採用フローの確立

これからの時代にダイレクトソーシングが必要なことを理解するためにも、まずはメリットを把握していきましょう。

納得のいく人材を見つけられる

ダイレクトソーシングは、企業の採用担当者が自ら転職者を探す方法であるため、納得のいくまで採用活動を続けることができます。

「求人を見て応募してきた人の中から選ばなければならない」「転職エージェントが紹介した人を対象に選ばなければならない」といった制約はないので、理想の人材を追求することが可能です。

採用コストの節約

求人広告サイトへの掲載や転職エージェントの利用と比べて、ダイレクトソーシングは採用に必要なコストを大幅に削減することができます。

特に長期的な視点で見た場合そこに発生する費用の差は大きくなり、会社にかかる負担の軽減につなげることができるでしょう。

自社に合った独自の採用フローの確立

ダイレクトソーシングの活用は、自社の環境や職場の状況に合わせた「独自の採用フロー」を確立させることにもつながります。

これまでに求人広告や人材紹介のサービスを使って満足のいく効果を得られなかった場合、ダイレクトソーシングを行うことで採用にかかる不満や負担を減らせるかもしれません。

ダイレクトソーシングのデメリット

ダイレクトソーシングは魅力的な採用スタイルですが、以下のようなデメリットも考えられます。

  • 作業工数の増加
  • 担当者の負担が大きくなる
  • 採用フローの確立が難しいことも

あらかじめ対策を練ることができるように、デメリットも一緒に確認しておきましょう。

作業工数の増加

これまで求人広告会社や人材紹介会社に任せていた分を自社で行う必要があるため、作業工数が増加する点がデメリットになります。

慣れるまでは作業効率が上がらずに時間がかかる可能性があることも、しっかりと把握しておきましょう。

担当者の負担が大きくなる

自社で採用を行うというダイレクトソーシングの性質上、どうしても採用担当者の負担が大きくなります。

作業を均等に割り振ったりその他の業務を減らしたりといった、フォローが必要となる場合もあるでしょう。

採用フローの確立が難しいことも

初めてダイレクトソーシングを行う場合、採用までのフローを確立させることが難しくなります。

「どのような人材を対象とし、どんな方法でアプローチするのか」といった採用フローのテンプレートが決められないままだと、スムーズに人材を確保できないこともあるでしょう。

ダイレクトソーシングを成功させるポイント

ダイレクトソーシングの成功を近づけるには、以下のようなポイントを重点的に意識していくことがおすすめです。

  • 経験者の参加
  • 職場の環境づくり
  • ノウハウを探し出す

成果を確実に職場にもたらすためにも、これらのポイントを事前に把握しておきましょう。

経験者の参加

できるだけダイレクトソーシングに詳しい人を採用担当者とすることが、有益な求人活動を行うコツとなります。

特に経験者の知識は重要なものとなるので、社内でダイレクトソーシングに関するアンケートを取ってみるのもおすすめです。

ダイレクトソーシングの経験者がいない場合には、他社や専門のサービスからアドバイスをもらうことも検討しましょう。

職場の環境づくり

ダイレクトソーシングに理解のある職場を作ることも、的確な採用を導くきっかけになります。

「ダイレクトソーシングとは何か?」「どういったメリットがあるのか」といった点を共有して、職場全体が協力して採用活動を行えるようにしておきましょう。

ノウハウを探し出す

ダイレクトソーシングにはノウハウが必要となるため、採用活動の中でその後の役に立つような知識や経験を蓄えることもポイントです。

より効果のあるスカウトメールの作成方法や、面接までの日程調整のコツなどをノウハウとして共有することができれば、ダイレクトソーシングがやりやすくなるでしょう。

ダイレクトソーシングにおすすめのサービス

ダイレクトソーシングを行う際には、特化したサービスを利用することもおすすめされます。

まずは以下のようなサービスをチェックして、ダイレクトソーシングを始める準備を進めてみてはいかがでしょうか。

MIIDAS

シンプルかつ数千以上の検索項目を利用できる「MIIDSAS」は、企業のダイレクトソーシングを適切な形でサポートしてくれます。

新規ユーザーに対して自動でオファーを送ったり、無制限に求人を掲載できたりといった点が魅力なので、多くの人材をダイレクトソーシングで獲得したい場合におすすめです。

参考:https://corp.miidas.jp/

LinkedIn

Yahoo !や楽天なども利用している「LinkedIn」なら、欲しい人材をピンポイントで見つけ出すことが可能です。

世界最大規模を誇るビジネスネットワークが売りで、広範囲に求人情報を発信し、積極的なスカウトを行うことができます。

1週間あたりに2,200万回以上掲載されている求人票が開かれているとのことなので、多くのユーザーと接触する機会を持てるでしょう。

参考:https://directsourcing-lab.com/linkedin/

duda Recruiters

国内最大級の規模を持つ「duda Recruiters」も、ダイレクトソーシングを行うのなら要チェックのサービスとなります。

168万人ものデータベースにアプローチが行えるため、自社が求める理想的な人材に出会う確立が高まるでしょう。

最短2日で面接を設定できる点も魅力で、スピーディな採用を目指す際にも利用が推奨されます。

参考:https://www.saiyo-doda.jp/service/recruiters?_ga=2.49899622.1705514886.1567926154-944926768.1567926154

まとめ:ダイレクトソーシングは人材との出会い方を変える!

ダイレクトソーシングを行うことで、転職者と出会う機会を増やすことができます。

これまでの方法では接触できなかった貴重な人材との出会いにも期待できるため、ダイレクトソーシングが社内に新しい可能性を見出してくれることもあるでしょう。

一度ダイレクトソーシングの体制を整えてしまえば、後は自社のペースに合わせて自由な採用活動ができます。

この機会にダイレクトソーシングの魅力を確認して、必要な準備を進めてみてはいかがでしょうか。