ソーシャルリクルーティングとは?SNS採用のメリット・デメリットを解説!

これまでに行われてきた一般的な採用活動は、現代のインターネットメディアを中心とした生活を送る人たちに対して、正しいアプローチであるとは言えなくなってきています。

ときには従来の広告を掲載しているだけでは、優秀な人材と出会うチャンスを逃してしまうことにもなりかねません。

そこでおすすめされるのが、「ソーシャルリクルーティング」という採用方法です。

SNSを主軸とした採用スタイルでは、これまでにないパターンで採用対象者と出会える可能性があります。

こちらでソーシャルリクルーティングのメリットや事例を確認して、採用方法を見直してみてはいかがでしょうか。

ソーシャルリクルーティングとは?

ソーシャルリクルーティングとは、SNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)を利用した採用方法です。
SNSを経由して新卒者や転職者にアピールできることから、よりスピーディで直接的な採用を行うことができるでしょう。

従来の広告を利用した求人方法は、ある意味で「受動的」な手段でした。
広告を出してから実際にリアクションが得られるまでに時間がかかる点などは、企業側にとって大きな悩みだったでしょう。
一方でソーシャルリクルーティングは、積極性を重視した「能動的」な採用手段となっています。
SNSという広大なフィールドを自由に利用できるため、リアルな反応を見ながら採用工程を進めていくことが可能です。

ソーシャルリクルーティングのメリット

ソーシャルリクルーティングは現代にマッチした採用システムであるため、以下のようなさまざまなメリットを得ることができます。

  • 積極的なアプローチが行える
  • 相手の人となりを確認できる
  • 採用にかかる全体的なコストを削減できる

ソーシャルリクルーティングを利用するにあたって、メリットが明確になっていれば、それを目当てに導入することができます。
なぜソーシャルリクルーティングに注目が集まっているのかもわかるので、まずはそのメリットをいくつかチェックしてみましょう。

積極的なアプローチが行える

ソーシャルリクルーティングでの採用は、転職を希望する求職者に対して積極的なアプローチが行えます。
さまざまな手段で手軽に求人募集の要項を披露することができるため、見てほしい相手にきちんと自社の魅力を伝えることができるのです。
今現在転職を考えていない潜在的な人材にもアピールできるので、将来的な投資にもなるかもしれません。

相手の人となりを確認できる

SNSでは私生活を含めたさまざま情報が発信されているので、ソーシャルリクルーティングでは相手の人となりを判断してから採用に進むこともできます。
面接で見抜けない部分を把握したり、その人を知るための時間を短縮したりできるので、SNSというコミュニティから得られる情報は有効活用してくことがおすすめです。

採用にかかる全体的なコストを削減できる

SNSという媒体を使った採用活動は、その他の手段と比べても広告費などがかからないので、全体のコストを抑えることができます。
それでいて拡散力は非常に高いため、企業にとっての有益な成果を獲得することが可能です。
長期的な採用活動を予定している場合や、社内で採用にかかるコストが問題視されているのなら、ソーシャルリクルーティングが最適な活動方法となり得るでしょう。

ソーシャルリクルーティングのデメリット

非常に魅力的なメリットを持つソーシャルリクルーティングですが、以下のようなデメリットもいくつか考えられるでしょう。

  • ネットリテラシーが求められる
  • 普段とは違うコミュニケーションが必要
  • 長期的に続けることが大事

デメリットを理解した上で利用することが、ソーシャルリクルーティングのポイントになるでしょう。

ネットリテラシーが求められる

基本的なネットリテラシーを持つことが、ソーシャルリクルーティングの採用担当者には求められます。
SNSに書かれている内容を正しく読み取り、採用者を理解する能力がなければ、魅力的な人材を見つけることが難しくなるでしょう。

普段とは違うコミュニケーションが必要

基本的にSNSでの接触は、生身のコミュニケーションとは違ったスタイルが必要となります。
タイミングやレスポンスの頻度などをある程度相手に合わせて、ネット上でのコミュニケーションを尊重するようにしましょう。

長期的に続けることが大事

ソーシャルリクルーティングはすぐに結果が出ない場合もあるので、基本的に長期的な利用を検討しておくことが求められます。
その際には有益な情報の定期的な発信や、自社をアピールする工夫などの仕事が必要となるので、どういった形で採用を続けていくのか会社で話し合う必要があるでしょう。

ソーシャルリクルーティングを成功させるポイント

ソーシャルリクルーティングはすぐにでも始められる採用方法ですが、事前に把握しておくことでよりその成功を近づけられるポイントがあります。
例えば以下のような点を熟知しておくことで、ソーシャルリクルーティングはやりやすくなるでしょう。

  • ソーシャルリクルーティングを行うSNSを絞る
  • テーマを決めて一貫性を持たせる
  • 定期的な更新を意識した運用体制を作る

これから企業でソーシャルリクルーティングに挑戦する予定なら、これらのポイントをひとつひとつチェックして、実際の運用時に利用してみることがおすすめです。

ソーシャルリクルーティングを行うSNSを絞る

ソーシャルリクルーティングを行う場合には、まず利用先となるSNSを決めます。
効率良く採用まで進めるためにも、最初はまずひとつのSNSに絞ってアカウントを作成することがおすすめです。

LINE、ツイッター、インスタグラム、フェイスブックなど、ソーシャルリクルーティングに利用できるSNSは国内でも充実しています。
求める人材の年代やスキルを想定してSNSを選ぶことができれば、よりスマートに採用活動を続けられるでしょう。

ある程度ソーシャルリクルーティング活動に慣れてきてからは、登録するSNSの数を増やすことも検討されます。
その際にはこれまでのノウハウと作成したアカウントを紐づけて、企業として広くSNSで求人を行なっていることをアピールしていきましょう。

テーマを決めて一貫性を持たせる

ソーシャルリクルーティングを行う際には、企業としてテーマを決めて運用に一貫性を持たせることがポイントです。
どのようなスタンスで他ユーザーと接するのか、普段はどういった内容を投稿していくのか、他者からどんな企業として見られたいのかなどをあらかじめ決めて、全体の意思を統一するようにしましょう。

長期的にソーシャルリクルーティングを行なっていると、テーマやスタンスがブレてしまうことがあります。
それは転職者に不信感を与える可能性につながるため、企業としてはしっかりとした一貫性を示し続けることが必要です。

定期的な更新を意識した運用体制を作る

企業としての存在感をアピールするためにも、ソーシャルリクルーティング中はさまざまな内容を定期的に発信していける運用体制を作る必要があります。
発信する内容を考える人、実際にSNSを使って投稿などをする人、企画の見直しやトラブルの処理などを行う人といった形で、明確な役割分担ができていることが望ましいです。

思いついたときだけに更新を行うような形では、自社SNSのファンを増やすことはできません。
業務に無理のない範囲でしっかりと運用を続けられるように、最初のうちからきちんとした体制を作っておくことがおすすめです。

企業のソーシャルリクルーティング活用事例

ソーシャルリクルーティングは既に多くの企業が採用していて、いくつもの事例を見つけることができます。
以下を参考にどういった企業がソーシャルリクルーティングを行なっているのか、そしてどのような結果を得ているのか確認しましょう。

ニトリホールディングス

家具の販売を行なっているニトリホールディングスは、フェイスブックに新卒採用専用のページを作ってソーシャルリクルーティングを行なっています。
採用担当者の顔がわかるようなスタイルから、学生たちとの距離が縮まりやすくなっているのでしょう。

講談社

講談社の採用担当者は、ツイッターを利用して情報の発信を行なっています。
担当者の個人的な見解が含まれてはいますが、アドバイスなどを積極的に伝えていく姿勢から、コミュニケーションの取りやすさが実感されるでしょう。

アダストリア

東京でカジュアル衣料や雑貨を取り扱うアダストリアは、インスタグラムを用いた採用活動を行なっています。
セミナーの情報や実際の現場の写真などを積極的に発信しているので、求職者は職場のイメージを明確にできるでしょう。

まとめ:ソーシャルリクルーティングは採用に欠かせないシステムになる!

ライフスタイルとして確立されたSNSを上手に利用することは、これからの採用活動におけるひとつのポイントになります。
採用担当者はこの機会にソーシャルリクルーティングの利用を検討し、より広範囲のユーザーを対象としたアピールを始めてみてはいかがでしょうか。

ソーシャルリクルーティングは時代のニーズに合わせた採用手段であるため、積極的に実施することが企業の存在感を高めることにつながります。
会社全体の認知度をアップさせるためにも、SNSを主体とした活動を本格的に始めていくことがおすすめです。