リーダーがコミュニケーション能力を高めるコツとは?

組織のリーダーとして十分な活躍を目指すのなら、コミュニケーションを磨いてく必要があります。

コミュニケーションを蔑ろにして、仕事の効率や成果ばかりに注目してしまうと、リーダーとして必要な行動を取れなくなる可能性があります。

最悪の場合コミュニケーション不全を理由に、リーダーの立場を追われることになるかもしれません。

そこでこちらでは、リーダーだからこそ把握しておきたいコミュニケーションの重要性と、身につけるためのコツやおすすめの習慣をご紹介していきます。

リーダーになってからのコミュニケーションに悩んでいる人は、この機会に基本的なスキルやポイントをチェックしておきましょう。

参考記事:リーダーの資質は3つある!適した人材を抜擢し教育する方法

なぜリーダーにはコミュニケーション能力が重要?

そもそも、「本当にリーダーにはコミュニケーション能力が必要なの?」と疑問に思われる方もいるでしょう。

実際にリーダーとして動く場面では、コミュニケーションを求められる機会が多くなります。

特に以下のようなポイントは、コミュニケーションを身につけることの重要性を示す項目となるので、リーダーになる人は確認しておきましょう。

  • 人間関係の「ハブ」になる重要性
  • リーダーが他の人のコミュニケーションを賄うこともある
  • 職場のモチベーションアップにも

人間関係の「ハブ」になる重要性

職場で働くそれぞれの人たちを結びつける車輪の「ハブ」のようになれるのは、全体を見通す位置にいるリーダーです。

しかし、コミュニケーションが取れないリーダーではハブとして機能できず、チームのメンバーを結びつけることができません。

結果、個々で仕事をすることになり、チームとしてまとまらなくなります。

まとまりがないチームはプロジェクトのスムーズな進展を妨げるため、全体の成果が満足のいかないものになる可能性もあるでしょう。

リーダーの役割のひとつであるハブ的な要素を担うためにも、コミュニケーションは重要となるのです。

リーダーが他の人のコミュニケーションを賄うこともある

リーダーは職場の他の人たちの代わりに、コミュニケーションを賄うこともあります。

職場にいる人たち全員が、良好なコミュニケーションを取れるわけではありません。

だからこそ代わりにリーダーがコミュニケーションを取って、それぞれのメンバーの意思疎通をサポートすることが重要になるのです。

あまり仲が良くないメンバー同士を無理やり連携させるよりも、間にリーダーが入ってコミュニケーションを取った方が話が円滑に進むことはよくあります。

チームメンバーがそれぞれの役割に集中できるように、コミュニケーション部分を賄うことも、リーダーの仕事になる可能性があると把握しておきましょう。

職場のモチベーションアップにも

リーダーによってスムーズなコミュニケーションが取れている職場は、自然と仕事のモチベーションが高まります。

リーダーが積極的にコミュニケーションを取っていくことで、メンバーのモチベーションの課題にいち早く気づけるようになれるとベストですね。

リーダーに求められるコミュニケーション能力の基本

それでは実際に、どのようなコミュニケーションスキルがリーダーには求められるのでしょうか?

コミュニケーション能力の基本となる以下の要素をチェックして、リーダーとして理想的な行動が取れるように準備しましょう。

  • リーダー必要なコミュニケーション能力①:聴き上手であること
  • リーダー必要なコミュニケーション能力②:自然に相手を褒められること
  • リーダー必要なコミュニケーション能力③:包み隠さず気持ちを披露すること

リーダー必要なコミュニケーション能力①:聴き上手であること

リーダーとしてコミュニケーションを取っていく際には、聴き上手であることが重要なポイントです。

「この人に話をしたい」「悩みを聞いてほしい」と思ってもらうことが、リーダーという立場におけるコミュニケーションの基本となるでしょう。

聴き上手になるためには、相手の目を見ながら「あなたの話に興味がある」という気持ちをアクションで伝えます。

大きく頷いたり、適度にあいづちを入れたりして、相手が話しやすくなるように誘導するのがコツです。

コミュニケーションが上手くいかないと思える際には、聴き役に徹してみることをオススメします。

リーダー必要なコミュニケーション能力②:自然に相手を褒められる

コミュニケーションの最中に自然に相手を褒められるようになると、円滑な人間関係を形成しやすくなります。

リーダーという立場だからこそ、相手の褒められる点を積極的に見つけて、上手に伝えることを意識してみましょう。

逆に相手の欠点を無遠慮に指摘したり、否定したりすることは、リーダーとして避けるべき行為になります。

また、容姿や服装を不用意に褒めるとセクハラなどの問題に発展する可能性もあるので、節度を守ることは忘れないようにしましょう。

リーダー必要なコミュニケーション能力③:包み隠さず気持ちを披露する

リーダーとしてコミュニケーションを取るのなら、自分の気持ちを包み隠さず披露するのが基本となります。

本音や自分の意見を隠したままでは、相手と本当にわかり合うことは難しいでしょう。

自分の失敗談や苦手なことをあえて話すなど、心をオープンにすることがコツになります。

もちろんリーダーという立場と、職場であることを重々承知した上で、適切な部分を披露することがポイントです。

リーダーがコミュニケーション能力を高めるコツ

リーダーのコミュニケーション能力は、いくつかの手法を試してみることで高められます。

自分のコミュニケーション能力に自信がないときは、以下を参考に向上させるための方法をチェックしてみましょう。

  • リーダーがコミュニケーション能力を高めるコツ①:周囲を観察する
  • リーダーがコミュニケーション能力を高めるコツ②:参考にできるコミュニケーションのお手本を見つける

リーダーがコミュニケーション能力を高めるコツ①:周囲を観察する

周囲を観察して自分の立ち位置を改めて明確にすることが、コミュニケーション能力アップにつながります。

リーダーである自分に求められている話し方や内容を理解した上でコミュニケーションが取ることができるようになれば、スムーズに職場の人間関係を作れるでしょう。

周囲を観察することで、「あの人は〇〇の話が好きなんだ」といった発見をすることもあります。

それは相手に合わせてコミュニケーションを変えるきっかけになるため、よりピッタリとハマった会話を成立させられるでしょう。

リーダーがコミュニケーション能力を高めるコツ②:参考にできるコミュニケーションのお手本を見つける

何か自分にとって参考になるようなコミュニケーションのお手本を見つけることも、リーダーのコミュニケーション能力向上につながります。

テレビや本などをチェックして、憧れるようなコミュニケーションを探してみることがおすすめです。
プレゼンや演技の技術も、コミュニケーションに応用することができます。

さまざまなシーンを取り入れて、自身のコミュニケーション能力に深みを与えることを考えてみましょう。

リーダーがコミュニケーションに慣れるためのおすすめの習慣

リーダーがコミュニケーションを自然な形で行うには、その感覚に慣れる必要があります。

普段からリーダーとしてのコミュニケーションを実践していけるように、以下のような習慣を試してみることもおすすめです。

習慣化できれば、特に意識することなく職場でのコミュニケーションが取れるようになるでしょう。

  • 声を出すことが基本
  • 仕事中の自分を客観視する

声を出すことが基本

コミュニケーションの基本は声を出すことにあるため、職場では意識して発声するタイミングを習慣化することが大切です。

例えば「毎日出社したときは必ず挨拶をする」「廊下ですれ違うときは目礼ではなく声を使う」といったルールを決めて、声を出すシーンを増やすといいでしょう。

特にリーダーとなった人が積極的に声を出すと、職場全体が活性化することがあります。

自分以外の人たちもコミュニケーションに慣れさせることができるので、将来的にはさらに大きな効果を見込むことができるかもしれません。

仕事中の自分を客観視する

自分を客観視する習慣を身につければ、仕事中にしっかりとコミュニケーションを取れているかどうかを把握しやすくなり、リーダーらしい対応ができるようになります。

「今日は〇〇さんと話していないな」「いつもより雑談が足りていないかも」と気づくことができれば、自然とリーダーに求められる「周囲を意識したコミュニケーション」に慣れることができるでしょう。

仕事が忙しかったり、心身に余裕がなかったりすると、ついコミュニケーションが疎かになってしまいがちです。

そんな状態が続くと、せっかく積み重ねたリーダーとしての信頼を揺らがせることにもなりかねません。

常に自分を客観視して、早くリーダーとしてのコミュニケーションに慣れることを目指していきましょう。

まとめ:リーダーならではのコミュニケーションを重視していくことがポイント!

組織を牽引していくリーダーには、その立場だからこそ重視しておきたいコミュニケーションの基本があります。

コミュニケーションもまたリーダーの仕事のひとつであることを理解して、この機会に必要とされる要素を把握しておきましょう。

通常のコミュニケーションとは違った部分も多いので、既に自信があるという人も、改めて基本を確認することがおすすめとなります。

リーダーとしての職務をまっとうできるように、コミュニケーションという武器はしっかりと磨いておいてください。