【プロが薦める】デジタルマーケティングの勉強に役立つ本50冊を紹介!

デジタルマーケティングをスムーズに実施するには、確かな知識とスキルが欠かせません。

しかし、情報が氾濫している現代では、デジタルマーケティングに関連する知識とスキルをピンポイントで集めることは難しいです。

ときには余計な時間がかかってしまったり、根拠のない情報源に踊らされてしまったりすることもあるかもしれません。

そこでおすすめしたいのが、デジタルマーケティングに関連する本のチェックです。

実際にデジタルマーケティングを経験した専門家や事業家によって書かれた本からは、有益な情報を勉強することができます。

この記事では、デジタルマーケティングを勉強する際におすすめの本をまとめましたので、これから学び始めるときには気になる本がないかチェックしてみてください。

デジタルマーケティングの勉強に役立つおすすめ本50選

デジタルマーケティングに関連する本には、デジタル化に関するもの、SNSマーケティングやWebマーケティングなど範囲を絞ったものなど、さまざまなジャンルがそろっています。

以下ではデジタルマーケティングを学ぶ際に役立つ可能性を持った関連本を、50冊紹介します。

全てを読むことは難しいかもしれませんが、まずは概要に目を通して読む気をそそるような本がないか確認してみてください。

マーケティングのデジタル化5つの本質

「マーケティングのデジタル化」に焦点を当てた書籍であり、「マーケティングのデジタル化=デジタル広告施策」という認識を変え、企業におけるマーケティングの構造を変化させることを目的とした本です。

デジタルトランスフォーメーションへの対応が上手くできない、事業の結果にまで結びつかない。
そんな課題を抱えている人におすすめのデジタルマーケティング本です。

 

マーケティングプロフェッショナルの視点

顧客視点のマーケティングが行える人材「プロマーケター(マーケティングのプロフェッショナル)」の「共通言語」について書かれた書籍です。
資生堂やP&Gといった有名企業のマーケティング部門を指揮した実績を持つ著者の知識が、企業のマーケティング力向上に貢献するかもしれません。
デジタルマーケティングにとどまらず、マーケティング全体に関わる知識を学びたい人におすすめできます。

 

デジタルマーケティングで売上の壁を超える方法

デジタルマーケティングで欠かせない顧客との「デジタルコミュニケーション」にスポットを当て、その基本を伝える本です。
マーケティングにおける顧客と売上を新規とリピートで分析する方法や、実践的ノウハウを学べます。
デジタルマーケティングを進めるときに、顧客とのコミュニケーションに悩む人にとっては参考になる書籍でしょう。

世界基準で学べる エッセンシャル・デジタルマーケティング

デジタルマーケティングの基本的要素が詰め込まれている本で、読むことで関連する知識を全体的に捉えることができます。
これから初めてデジタルマーケティングを始める企業や、マーケティング担当者として働き始めたばかりの人におすすめの本です。

 

デジタルマーケティングの教科書―5つの進化とフレームワーク

デジタルマーケティングの基本的な情報や、今後に役立つ新しいフレームワークを紹介する教科書として機能する本です。
マーケティングの近未来を予測しつつ、その進化とフレームワークについて書かれているのが特徴。
「デジタルマーケティングについてほとんど何も知らない」という人にも、おすすめができる本です。

デジタルマーケティングの実務ガイド

デジタルマーケティングの理論的な部分よりも、実際の業務に関することに寄り添った本になります。
具体的な業務設計などを指南し、現場にデジタルマーケティングのメリットを導入することを助けます。
デジタルマーケティングについてある程度の知識はあるけど、それを実際にどう活かせばいいのかわからない人におすすめの本です。

データ・ドリブン・マーケティング―――最低限知っておくべき15の指標

データ・ドリブン・マーケティング(データ解析に基づいたマーケティング)に関して書かれた本で、著者が教える15の指標による意思決定からマーケティングについて学べる一冊です。
マーケティングに欠かせないさまざまなデータの有効活用を目指す人に、おすすめができる本になります。

 

コトラーのリテール4.0 デジタルトランスフォーメーション時代の10の法則

経営学者フィリップ・コトラーが、デジタルトランスフォーメーション時代を読み解く解説本です。
デジタル化していくマーケティングの世界を有効に活かすための、10の法則が掲載されています。
デジタルマーケティングそのものだけでなく、それを押し進めている社会的な背景に興味がある人にもおすすめです。

 

コトラーのマーケティング・コンセプト

上記の本などでフィリップ・コトラーに興味を持てたなら、こちらの本でその理論をさらに深くまで追求してみるのもおすすめです。
マーケティングのコンセプトが80も詰め込まれているため、自社のマーケティングに新しい発想を取り入れたい人に読んでもらいたい本になります。

 

デジタルマーケティング2.0 AI×5G時代の新・顧客戦略

デジタルマーケティングを、AIや5Gといった最新技術から考える本です。
新しい顧客戦略モデルを解説し、15のキーワードと50のソリューションを軸にした次世代のマーケティングモデルが紹介されています。
現在のデジタルマーケティングはもちろん、より未来のデジタルマーケティングに目を向けたい人におすすめの本です。

 

イラスト&図解でわかるDX(デジタルトランスフォーメーション);デジタル技術で爆発的に成長する産業、破壊される産業

これから本格化するデジタルトランスフォーメーションを、わかりやすいイラストを用いて解説した本です。
その基本を視覚的に理解すると同時に、どのような企業が後押しされ、逆に追い込まれていくのかを考えることができます。
デジタルマーケティングに関係する知識を「なるべくわかりやすく把握したい」人や、複数人で関連知識を共有したい人におすすめの本です。

デジタルマーケティングの定石 なぜマーケターは「成果の出ない施策」を繰り返すのか?

デジタルマーケティングの定石を確認して、効率的な成果獲得を指南する本です。
無駄なデジタル資源を削減し、コストパフォーマンスを高める方法を考えることができます。
デジタルツールや新しいテクノロジーを上手く使えないときなどは、こちらの本を読んでみることがおすすめです。

 

1からのデジタル・マーケティング

日本マーケティング本大賞2019の大賞を獲得した本であり、有名企業を軸にしてデジタルマーケティングについて解説するスタイルが特徴。
身近な企業とデジタルマーケティングのつながり方を考えられるので、デジタルマーケティングをより具体的に知りたい人におすすめの本です。

 

ワークマンは 商品を変えずに売り方を変えただけで なぜ2倍売れたのか

近年話題となっているワークマンの成長を書いた本で、その裏側からマーケティングのヒントを得られます。
実際にワークマンで行われたデータ経営や広報戦略などを、参考にすることができるでしょう。
デジタルマーケティングを含めたマーケティング全般を学んでいるが、具体的な情報が少ないことが課題となっている人におすすめできます。

 

はじめてでもよくわかる! デジタルマーケティング集中講義

デジタルマーケティングについて、比較的柔らかく初心者向けに書かれた本です。
基本的な学習はもちろん、そこからの深堀りも行われるので、デジタルマーケティングを広く知ることにつながります。
デジタルマーケティングの上級者向け本につまづいてしまった人も、初心者に優しいこちらの本を試してみましょう。

 

マーケティングリサーチとデータ分析の基本

デジタルマーケティングにおける、リサーチとデータ分析をメインに取り扱った本です。
シンプルに身近なデータを使うスキルが学べるので、マーケティング中に獲得したデータの見方や活用方法がわからない人におすすめができます。

 

デジタル時代の基礎知識『マーケティング』 「顧客ファースト」の時代を生き抜く新しいルール

デジタル化した現代におけるマーケティングの重要性を説き、マーケティング的な思考を考える本になっています。
マーケティングをかじっている人だけでなく、非マーケターでも読みやすい入門書であることから、マーケティングを一から学びたい人にもおすすめです。

 

世界最先端のマーケティング 顧客とつながる企業のチャネルシフト戦略

デジタルマーケティングでも重要なポイントになるチャネルについて解説した本で、ネットとリアルの融合などについても書かれています。
「チャネルシフト戦略」と呼ばれる手法を軸に、関連する3つのフレームワークが学べます。
デジタルマーケティングの中でも、特にチャネルについての知識に課題を感じている人におすすめです。

 

たった一人の分析から事業は成長する 実践 顧客起点マーケティング

一人の顧客を分析するN1分析を起点とした、顧客マーケティングについて解説した本です。
未購買顧客の顧客化やロイヤル顧客化に課題があるときに役立つでしょう。

 

巣ごもり消費マーケティング ~「家から出ない人」に買ってもらう100の販促ワザ

コロナ禍によって外出の機会が減った今だからこそ考えたい、外に出れない人に向けてのマーケティングについて書いた本です。
デジタルマーケティングにおいて、「巣ごもり消費」への課題を抱えている企業におすすめできます。

 

Googleアナリティクス プロフェッショナル ~分析・施策のアイデアを生む最強リファレンス

デジタルマーケティングでもお馴染みのツールである「Googleアナリティクス」のポテンシャルを、限界まで引き出すことを目指す本となっています。
Googleアナリティクスが有効に使えないことや、マーケティングにおける分析の重要性の理解が課題になっている場合におすすめされます。

 

不変のマーケティング

デジタルマーケティングの渦中にも、アナログのマーケティングに価値があることなどを解説する本です。
2014年のためやや古い書籍ですが、マーケティングにおけるひとつの参考として役立てることはできます。
デジタルマーケティングと同時に、従来通りのアナログなマーケティングの利点を知りたい人にぴったりでしょう。

 

デジタル時代の実践スキル Web分析&改善 マーケティングの成功率を高める戦略と戦術

デジタルマーケティングの中でも、特にWebに関するビジネスモデルやフレームワークを理解できる本です。
マーケティングの視点から、Web分析と改善の基礎的なスキルが学べます。
Web情報の分析力に課題がある、マーケティングにおけるWeb戦略がうまくいっていないという人におすすめできます。

いまこそ知りたいAIビジネス

デジタルマーケティングに近しい位置にあるAIビジネスについて、基本的なポイントをまとめたのが特徴となっています。
AIビジネスの基本を知らないことが課題になっている場合や、AIによって変化するこれからのビジネス事情をチェックしたいときに読んでもらいたい書籍です。

 

良いウェブサービスを支える 「利用規約」の作り方

デジタルマーケティングでWebサービスの提供を行う際に必要な、利用規約やプライバシーポリシーなどに焦点を当てた面白い本です。
利用規約からサービスの質を高めることを考える本書との出会いは、マーケティングの新しい一面を見つけることにつながるかもしれません。
Webサービスをより良い形にすることが直近の課題となっている場合には、役立つ知識が得られるでしょう。

 

Q&Aで学ぶGDPRのリスクと対応策

2018年から話題となっているGDPR(一般データ保護規則)問題について、Q&A方式で詳しく解説した本です。
将来的な課題となり得るGDPRについて学ぶことができるため、より多角的にデジタルマーケティングを学ぶことを課題としている人におすすめできます。

 

デジタル時代の基礎知識 『リサーチ』 多彩なデータから顧客の「すべて」を知る新しいルール

デジタルマーケティングなどで役立つリサーチ力を養う本として、マーケティング担当者におすすめされています。
テクノロジーを用いた新しいリサーチ方法や、従来の手法から効果的なスキルを学べます。
より実践的なリサーチ方法を知ることがマーケティングの課題になっているときには、役立つ書籍になるでしょう。

 

「数字指向」のマーケティング データに踊らされないための数字の読み方・使い方

デジタルマーケティングの現場における、しっかりとした数字の読み方と使い方を学べる本として話題になっています。
数字を使った具体的な目標設定や効果測定を知ることができるため、デジタルマーケティングの進め方を見直すことが可能です。
最近デジタルマーケティングの成果が出なくなったので、新しい指標を取り入れることを課題にしている場合などにもおすすめできます。

カスタマーサクセス――サブスクリプション時代に求められる「顧客の成功」10の原則

近年普及しているサブスクリプションサービスに目を向けて、そこから積極的に顧客を支援するカスタマーサクセスの重要性を解説した本です。
サブスクリプションの展開に課題を感じている企業や、もっと顧客にサービスを長期利用してもらいたい企業は読み応えがあるでしょう。

 

アフターデジタル オフラインのない時代に生き残る

世界のデジタル化の意味を改めて探る書籍で、「オフラインは存在しなくなる」という考え方からその後のアフターデジタルの世界を想像します。
デジタルマーケティングを考えるときのヒントになり得るので、マーケティング戦略の立案に新しいアイデアが求められるときなどには注目の本になります。

 

アフターデジタル2 UXと自由

上記のアフターデジタルに続く本で、デジタルトランスフォーメーション戦略を考えることに使えます。
アフターデジタルの先進国に注目したこちらの書籍からは、具体的な情報を読み取ることもできるでしょう。
デジタルマーケティングのこれからを考えることが企業全体としての課題になっているときなどに、おすすめできる本です。

GAFAに克つデジタルシフト 経営者のためのデジタル人材革命

今や世界経済の中心として機能しているGAFAによる影響に焦点を当て、これからの企業のデジタルシフトについて書いた本です。
デジタルマーケティングを進めていく上で事例を知ることが課題になっている場合、本書の内容がリアルな参考例として使えるかもしれません。

 

「デジ単」デジタルマーケティングの単語帳 イメージでつかむ重要ワード365

デジタルマーケティングに関する頻出単語を、まとめて解説した本です。
イラストがついているため視覚的に理解しやすく、単語の意味の違いや正しい使い方を学ぶことができます。
デジタルマーケティングで遭遇する言葉の意味がわからないときなどには、チェックしておきたい書籍です。

 

マーケティングオートメーション 最強の導入手法

デジタルマーケティングに欠かせないオートメーションの手順を解説した本です。
マーケティングオートメーションツールとCRMをテーマにした実践的な知識を学べるので、マーケティングオートメーション化が課題となっている企業におすすめされます。

 

会社のSNS担当になったらはじめに読む本

デジタルマーケティングの一部ともされるSNSマーケティングについて、基礎的な部分を言及した本になっています。
タイトルの通り、初めて会社のSNSを担当することになった人や、これからSNSマーケティングを始める企業に役立つ情報があるでしょう。

 

デジタル時代のマーケティング・エクササイズ

デジタル化が進んだ時代だからこそ、本書はマーケティング戦略の基本的な考え方が重要だとしています。
ITやAIが発展した今ならではのデジタルマーケティング戦術と合わせて、かつての理論やフレームワークをこれからの時代で活かす方法を学べるでしょう。
すでに学んでいるマーケティング理論などをこれからのデジタル時代でも活用していきたいと考えるのなら、本書の内容が参考になるかもしれません。

 

DtoC After2020 日本ブランドの未来

新たなビジネスモデルとして注目されているDtoCに関する本で、今後どういったビジネスチャンスが生まれるのかを考える本です。
今より直接顧客とつながるDtoCに興味があるのなら、デジタルマーケティングと合わせて本書をチェックすることもおすすめできます。

 

統合デジタルマーケティングの実践―戦略立案からオペレーションまで

デジタルマーケティングに関するより実務的な知識を得たいときに、頼りになる本となります。
これまでのマーケティングの手法も振り返りつつ、近年の技術を用いてデジタル時代に合わせた戦略も考えていくので、実践的なマーケティングスキルの獲得につながるでしょう。
デジタルマーケティングに関する知識全般を学ぶことが課題となっている人で、かつ実践的な要素に興味がある場合にはおすすめの本です。

 

THE MODEL

変化を促されている企業のマーケティング状況について、新たなレベニューモデルを提案する本として話題になっています。
数字を用いた詳細な分析や、SFA・MAツールの運用方法など、さまざまな知識に触れています。
マーケティング、インサイドセールス、営業、カスタマーサクセスなどの連携力を高めることが課題になるときなどは役立つかもしれません。

 

最高の顧客体験を提供する「実感型」デジタルマーケティング

一人の顧客を実感することを意識させ、デジタルマーケティングを実践するときにありがちな落とし穴や壁を解説した本です。
わかりやすくデジタルマーケティングを学びたいときや、より顧客に寄り添うことが課題になっていると考えられるときにおすすめできます。

 

新世代デジタルマーケティング ネットと全チャネルをつなぐ統合型データ活用のすすめ

デジタルマーケティングをさまざまなチャネルから考える書籍で、マーケティングのデジタルシフトを手助けします。
やや古い本ですが、チャネルのデジタル化に課題を感じている人などには参考にできる部分もあるでしょう。

 

新規顧客が勝手にあつまる販促の設計図 「営業スタッフを使わない」「下請けもやらない」中小企業が売上を伸ばすための法則

販促の設計図を元にして、マーケティングの効率化及び売上を高める方法を考える本です。
デジタルだけでなくアナログの部分にも触れているので、幅広く知識を吸収できます。
営業活動の効果アップや新規顧客の獲得を課題としている企業におすすめです。

 

シングル&シンプルマーケティング ~個客に深く長く寄り添い、利益を伸ばす

シングル&シンプルマーケティングという考え方を提唱する書籍で、これまでの大量生産・大量消費を軸にしたマーケティングからの脱却を考えるきっかけを与えてくれます。
デジタルだからこそできる「個客」に深く寄り添って信頼関係を築く手法を紹介し、利益を伸ばすマーケティングを考えます。
個人の顧客とのつながりに課題を感じているときには、読むことがおすすめされる本です。

 

すべての企業はサービス業になる 今起きている変化に適応しブランドをアップデートする10の視点

デジタル化によって変わり始めた現代を解説し、すべての企業がサービス業になるという視点から事業形態にアップデートを促す本になっています。
デジタル化によって何がどう変わるのかが書かれているため、デジタルマーケティングと合わせて企業全体の構造を見直す際に参考になるでしょう。

 

Work in Progress デジタルマーケティングで大切なこと

デジタルマーケティングの世界で意識すべき考え方や感覚を紹介している本です。
データから得られる情報を正しく使うきっかけになり、デジタルマーケティングへの理解を深められるでしょう。
「そもそもデジタルマーケティングでは何が大切なのか」といった基本を知ることが課題であるときこそ、読み応えのある本になるでしょう。

 

必携 インターネット広告 プロが押さえておきたい新常識

デジタルマーケティングと深い関わりを持つインターネット広告について解説した本です。
技術的なアドバイスやトレンドよりも、インターネット広告の歴史やマーケティングにおける位置付けなど、その本質を見るような本になっています。
インターネット広告を活用することが課題になるときに、参考にできる書籍でしょう。

 

カスタマーサクセスとは何か――日本企業にこそ必要な「これからの顧客との付き合い方」

サブスクリプションなどで重要なカスタマーサクセスについての基本をまとめた本です。
売り切りモデルからの変化や、その必然性や本質をさまざまな企業例から確認できます。
サブスクリプションの導入に課題がある場合はもちろん、デジタルマーケティングに役立つ要素を多角的に知りたいケースなどにも役立つ本です。

 

マーケティングオートメーション スペシャリストになるための教科書

マーケティングオートメーションの導入や運用といった、基本を学ぶことができる本です。
デジタルマーケティングの効率化などを進めるMAの利用が課題のときには、本書の解説が参考になるでしょう。

 

お客様の心をつかむ心理ロイヤルティマーケティング 「心の満足」と「頭の満足」を測り、科学的にロイヤルティを高める手法

心理ロイヤリティに注目した本書からは、収益アップを進めるための考え方やフレームワークなどを学ぶことができます。
デジタル時代だからこそ役立つようなマーケティング要素も見つけられるため、顧客のロイヤリティをどう高めたらいいのかわからないときに読みたい本です。

 

挑戦者たちに学ぶデジタルマーケティング-ブランディング・地域活性から新市場開拓まで「洞察とアイデア」で課題解決した32の事例

デジタルマーケティングの基礎知識に加えて、さまざまな事例を取り挙げてそこからの発見が行える魅力的な本です。
実際にどのような企業がどういったデジタルマーケティングを行ってきたのかを知りたいときや、事例をチェックしてマーケティングに関連するデータを増やすことが課題になるときにはこちらの本をチェックしてみましょう。

まとめ:デジタルマーケティングは本からも勉強できる

いかがでしたでしょうか?
今回は、デジタルマーケティングの勉強に役立つ本を50冊ほどご紹介致しました。

デジタルマーケティングに関する知識やスキルは、本からでも多くを学ぶことができます。

この機会に上記の本を参考にして、いくつか気になる本を手にとってみてはいかがでしょうか。

©︎2020 Hajimari inc.