コンテンツマーケティングに役立つツール10選と選定基準を解説

本記事では、コンテンツマーケティングをする上で活用できるツールについてまとめています。

前提として、コンテンツマーケティングではツール以上に戦略が大切です。

コンテンツマーケティングの戦略の重要性については「プロが教えるコンテンツマーケティング戦略とは?成功事例を元に取り入れよう」の記事で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

コンテンツマーケティングにおけるツールの役割

コンテンツマーケティングにおいて、専用ツールには大きな役割があります。

この役割を事前に理解しておくことは、その後のコンテンツマーケティングを成功させるポイントです。

以下を参考にコンテンツマーケティングのツールの役割を確認し、有効利用の準備をしておきましょう。

  • 分析と解析による事業の最適化
  • 潜在的なユーザーの選定とアプローチ

分析と解析による事業の最適化

コンテンツマーケティングツールには、分析と解析機能によって事業を最適化するという役割が考えられます。

詳細なデータを獲得して、そこから現在の事業に足りないものや必要な行動を見出すことが、コンテンツマーケティングのツールを利用する事で可能となります。

分析と解析は、自社のコンテンツのことを客観的に知るきっかけになるでしょう。

それは今後の目標を定めたり、具体的な改善策を考えることにつながるため、事業のあらゆる面を最適化するのです。

コンテンツマーケティングのツールを導入する際には、こういった分析と解析機能による最適化の役割に期待できるでしょう。

潜在的なユーザーの選定とアプローチ

コンテンツマーケティングのツールは、まだ自社の商品やサービスを知らない潜在顧客へのアプローチを行う手助けをする役割も担います。

専用ツールは、既にある程度の情報が把握できている見込み顧客だけでなく、表面化していない潜在的なユーザーをデータ化してあぶり出します。

事業のさらなる展開を目指す場合などには、ツールを使った潜在顧客への効率的な選定とアプローチが有益な役割となるでしょう。

コンテンツマーケティングのツール導入を検討する前に

自社にコンテンツマーケティングツールの導入を検討する際には、事前に以下のポイントを確認しておくことがおすすめされます。

ツールの特徴を活かせるような準備ができていなければ、求める効果を追求することは難しいでしょう。

まずは導入前のチェックポイントを確認し、コンテンツマーケティングツールを活用するための準備を進めてみてください。

  • 自社のマーケティング課題を洗い出せているか
  • コンテンツマーケティングへの最低限の知識はあるか

自社のマーケティング課題を洗い出せているか

コンテンツマーケティングツールを導入する際には、まず自社のマーケティングにおける課題を洗い出せているのかを確認する必要があります。

「〇〇を改善したい」「〇〇をもっと効率化したい」という課題がわかっていなければ、どのようなマーケティングツールを導入するべきなのか判断ができません。

課題が洗い出せない状態でツールを利用しても、その次につなげることができないため、コストが無駄になる可能性があるのです。

コンテンツマーケティングのツールを導入するときは、自社のマーケティングの課題を洗い出してリストアップし、社内で共有することを先決と考えましょう。

コンテンツマーケティングへの最低限の知識はあるか

コンテンツマーケティングのツールを使いこなすには、最低限「コンテンツマーケティング」に関する知識が必要となります。

コンテンツマーケティングとは何か、どのようなメリット・デメリットがあるのか、今後事業においてどのような役割に期待されるのか。

そういった知識を獲得できて初めて、コンテンツマーケティングのツールを活用することができるのです。

個人が学ぶことはもちろん、事業に取り組むチームでコンテンツマーケティングについての情報を共有し、最低限の知識を身に付けることを意識してみるといいでしょう。

コンテンツマーケティングをサポートするツール10選

  • 効率化やパフォーマンスアップが課題のときに使いたいツール
  • 分析が課題のときに使いたいツール
  • SEOが課題のときに使いたいツール

効率化やパフォーマンスアップが課題のときに使いたいツール

ADEBiS

「ADEBiS」とは、デジタルマーケティングのデータ計測や分析を行う効果測定ツールです。

コンテンツマーケティング施策の総合管理が可能なのが特徴で、サイト利用者の傾向分析やマーケティング施策の関係性の計測、流入施策の評価とサイト内行動の把握などが実行できます。

さらに外部サービスとの連携も行えるので、複数のツールやサービスをコンテンツマーケティングに利用している場合におすすめです。

コンテンツマーケティングにかかっている工数の削減や簡略化が課題になっている場合には、総合的に管理できるADEBiSが使えます。

>>ADEBiSはこちら

cloud cmo

コンテンツマーケティングに特化した運用ツール「cloud cmo」も、サポートとして役立つ機能を多く有しています。

サイトへの流入経路や滞在時間などを解析したマーケティングレポート、コンバージョンへの貢献などを記録したコンテンツレポート、その他フォーム作成やステップメールなどあらゆる機能から支援を行ってくれます。

より高度なコンテンツマーケティングに取り組むことが目標、負担となっているコンテンツマーケティング業務を軽減することが課題、そんなときにおすすめのツールです。

>>cloud cmoはこちら

caravas

「caravas」は、特にコンテンツマーケティングの集客後に使えるレコメンドツールです。

ユーザーのコンバージョンを目的とし、サイトへの集客後にコンテンツマーケティングの結果を導くサポートを行ってくれます。

管理画面のタグを埋めるだけの簡単レコメンド実装や、Webサイトに合わせた自由なデザインの採用、コンテンツごとにコンバージョンへの貢献を評価するレポートなどの機能が特徴です。

顧客の流入数に対して収益が少ないことが課題になっているサイトなどは、caravasの導入によって改善が見込めるかもしれません。
>>caravasはこちら

分析が課題のときに使いたいツール

keywordmap

世界最大量の日本語データを保有している「keywordmap」は、その情報量を活かしてコンテンツマーケティングの分析や解析をサポートするツールです。

詳細なデータに基づいた現在の課題の明確化や、市場・競合調査の作業時間の削減などによって、事業の負担を軽減します。

調査対象サイトの数に制限はなく、抽出したデータをレポートに落とす機能も利用可能です。

インストールが不要ですぐに使える点も特徴で、コンテンツマーケティングツールに慣れていない場合にもスムーズに導入ができます。

キーワードのトレンド分析等ができない場合や、調査やレポート作成に多くの時間がかかっていることが課題となっている企業には、keywordmapの機能が役立つでしょう。

>>keywordmapはこちら

KOBIT

「KOBIT」は、Googleアナリティクスやsearch consoleのデータを使ってアクセス情報を解析するコンテンツマーケティングツールです。

分析結果と改善の提案を記載したレポートが自動生成されるため、それを参考に今後のコンテンツマーケティングの計画を立てていくことができます。

Googleアナリティクスだけではわかりづらい点を図表にしたり、search consoleのデータを使ってキーワードの評価を行ったりできるので、集めたデータの有効利用が可能です。

Googleアナリティクスやsearch consoleを使っているけど、それを具体的に活用する手段が思いつかないときにおすすめのツールになります。

>>KOBITはこちら

SimilarWeb

市場と競合他社の分析機能を持つ「SimilarWeb」は、コンテンツマーケティングにおける具体的な施策を生み出すサポートをしてくれます。

URLからの簡単分析によって、競合サイトのトラフィックや検索キーワードといった情報をスムーズに分析できるのが特徴。

無料版によるお試しができるので、気軽にツールの使い心地をチェックできるのも魅力です。

ライバルサイトの分析が課題になっている場合には、SimilarWebの機能が使えるでしょう。

>>SimilarWebはこちら

SEOが課題のときに使いたいツール

MIERUCA

「MIERUCA」は、クラウド型のコンテンツマーケティング改善ツールです。

1,500社以上が導入している実績があり、事業のコンテンツマーケティングやSEO対策を最適化するシステムが特徴になっています。

たとえば売上につながるキーワードの予測機能、インサイト(ユーザーの興味)の可視化、検索エンジン最適化の課題と解決策の提案などが、MIERUCAの利用によって獲得できるメリットです。

特にコンテンツのSEO部分に課題を感じている企業は、MIERUCAが使いやすいツールになるでしょう。

>>MIERUCAはこちら

Market Engine

SEOのパフォーマンス向上とタスクの進捗管理をまとめて行える「Market Engine」も、コンテンツマーケティングに役立つツールです。

GoogleアナリティクスとSearch Consoleの連携、SEOの進捗管理に使いやすいタスク機能、キーワードグループでの測定レポートの作成など、多くの機能が備わっています。

自社サイトのSEO運用管理を簡易的かつ直感的なものにすることが課題の場合には、Market Engineがツールとして役立てられるでしょう。

>>Market Engineはこちら

Demand Metrics

「Demand Metrics」は、SEOに必要なデータの集約と可視化を可能とした分析ツールです。

大量のキーワードをモニタリングし、直感的に把握しやすいチャートの作成が行えます。

SEOの診断と修正方法の提案、効率化されたレポーティングシステムなど、業務をスムーズにする機能が多いです。

コンテンツマーケティングにおけるSEOに課題があり、かつわかりやすい形へのデータの可視化を求める場合におすすめできます。

>>Demand Metricsはこちら

Pascal

コンテンツマーケティングにおける業務の効率化を目指すのなら、「Pascal」が役立つツールとなります。

上位ページの統計的な分析及び診断を機械化できるため、作業にかかる負担を大きく軽減することが可能です。

SEOに効果的なコンテンツ作成の分析だけでなく、競合サイトの分析も可能で、分析内容のレポートも抽出できます。

コンテンツマーケティングが非効率になっていることが課題であるのなら、Pascalの導入にメリットがあるでしょう。

>>Pascalはこちら

どんな基準でコンテンツマーケティングのツールを選ぶべきか

上記のようなコンテンツマーケティングツールを把握したのなら、どのようにして選ぶべきなのかも合わせて確認しておきましょう。

選び方が理解できていれば、スムーズに導入まで進めることができます。

特に重要な以下のポイントは、事前にチェックしておいてください。

  • 課題とマッチしたツールを選ぶ
  • 導入時のコストから選ぶ

課題とマッチしたツールを選ぶ

自社のコンテンツマーケティングが抱えている課題を解決に導ける機能を持ったツールを選択することが、基本的な選び方です。

そのツールが提供する効果と自社の課題がマッチしていなければ、コンテンツマーケティングの改善は難しいです。

逆にツールによって新しい作業が増えることで、元の問題が複雑化することもあるでしょう。

コンテンツマーケティングのツールを選ぶときには、まず自社の課題を明確にし、それを解決できる機能が何なのかを考えていくことがポイントです。

導入時のコストから選ぶ

コンテンツマーケティングツールにかかるコストを参考にして、導入するものを選ぶことも考えられます。

初期費用やランニングコストは、ツールを使い続ける上で欠かせないものです。

そのためいかに魅力的なツールであっても、事業でかけられるコストに見合わないのであれば、導入を見送る必要があるでしょう。

コストが理由でツールの利用を中止することになれば、それまでかけていた時間や労力が無駄になることもあります。

だからこそ、最初の段階でコストを軸にした選び方を実践して、長期的に自社のコンテンツマーケティングで使えるツールを選別していくことがおすすめです。

まとめ:コンテンツマーケティングのツールを使って事業の改革を進めよう

コンテンツマーケティングを成功させるには、便利な専用ツールの活用が重要なポイントになります。

自社の現状に改善点や問題点が浮上しているのなら、この機会にコンテンツマーケティングツールを導入して改革を進めてみてはいかがでしょうか。

コンテンツマーケティングは現代の事業においてポピュラーな立場に位置しているため、多くの便利ツールが展開されています。

まずどのようなツールがあるのかを確認し、その上で自社で使えるものがないかをチェックしてみてください。

©︎2020 Hajimari inc.